さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレにマスクを流したけどつまりは起こらない?症状の診断方法と対…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
トイレにマスクを流したけどつまりは起こらない?症状の診断方法と対処法とは

説明 トイレにマスクを流してしまって「つまるかもしれない」と不安になっていませんか?マスクは水に溶けないため、流してしまうと便器の奥や排水管でつまる危険性がありますが、つまらない場合もあるので対応に悩んでしまうと思います。そこで今回は、マスクによるつまりを調べる方法や対処法を紹介します。

トイレにマスクを流してしまい、「つまりが起こるかもしれない」と心配していませんか?

マスクはトイレットペーパーと違って溶けないため、流してしまうと便器の奥や排水管でつまる危険性があります。

ただ、マスクの場合はトイレに流れてしまってもつまらないこともあるので、「そのまま放置しててもいいのかな?」と対応に悩むこともあると思います。

そこで今回は、マスクがつまっているか調べる方法とつまっていた時の対処法についてご紹介します。



トイレにマスクを流したときにつまっているか調べる方法

マスクは流せば必ずつまるわけではなく、排水桝や下水に流れていくことがあります。

しかし、トイレットペーパーと違って水に濡れても細かくならないため、便器の奥や排水管でつまる危険性があります。

また、徐々に流れが悪くなって忘れた頃に突然つまるケースもあるため、油断は禁物です。

いずれにせよ、つまる危険性があると安心してトイレを使えません。そこでここでは、流したマスクがつまっているか調べる方法を紹介いたします。


トイレにマスクを流した後に『何度も水を流す』のは厳禁

マスクがトイレにつまっているか調べる方法を紹介する前に、一つ注意点を紹介いたします。

トイレにマスクなどの「異物」を流してしまうと、つまらないように「何度も水を流す」という行為をやりがちですが、できるだけやらないことをおすすめします。

というのも、万が一マスクが便器内に留まっていた場合、「便器の奥」や「排水管」などへ移動させて、つまりを悪化させる危険性があるからです。

トイレつまりは「つまりの原因」が手前にあるほど改善しやすいので、状況が判断できるまでは流さないことをおすすめします。

 

トイレにマスクが残っていないかまずは目と手で探ってみる

最初にやっておきたいのは「目と手で探る」方法です。簡単な作業で力や特殊な道具も不要なため、力のない女性や高齢者なども関係なく誰でも実践することができます。

必要な道具と手順は以下の通りです。


  • 【必要な道具】
  • ・バケツなどの便器内の汚水を入れる容器
  • ・灯油ポンプや柄杓などの汚水を汲み出す道具
  • ・ゴム手袋やビニール手袋

  • 【手順】
  • 1.止水栓を閉める
  • 2.便器内の水をバケツへ汲み出して調べやすくする
  • 3.便器を覗いてマスクがないか目で確認する
  • 4.見える位置にマスクがあったらゴム手袋を着用した手で取り出す
  • 5.見えない場合は便器内を手で探る
  • 6.届く範囲でマスクが見つけられたら取り出す
  • 7.異物の処分や便器の水を戻すなどの後片付けをして完了

マスクのつまっている場所が手前であれば、この方法でつまりの状況確認だけでなく解決もできます。

ただし、取り出す際にひっかかる感覚があるときは無理に取り出さないようにしましょう。便器内の部品の故障や壊れた部品によるつまりなどを招く危険性があります。


トイレにマスクがつまっていないか通水テストで調べる

目と手でつまりが確認できなかった場合は排水テストでの確認がおすすめです。

つまっているか流れ切っているかが判断できるので、安心してトイレが使えるようになります。

ただし、通水テストでは排水桝の確認も行うため、作業は2人でやる必要があります。

また、マンションやアパートなどの排水桝を確認できない住宅の場合は排水テストが難しいので、専門業者に相談して調査をしてもらいましょう。


  • 【通水テストのやり方】
  • 1.異物が流れてしまわないように排水桝の排水管をふさぐ
  • 2.ピンポン玉大に丸めたトイレットペーパーを6~7個作る
  • 3.2で作ったトイレットペーパーを便器に入れて流す
  • 4.排水桝を点検する
  • 5.排水桝の点検後、つまりがなかった時は2~3回ほど通水テストを行って最終確認する
  • 6.無事に流れればマスクがつまっていないと判断できます

通水テストの後、便器内にトイレットペーパーが戻ってきたり、排水桝にトイレットペーパーが流れてこない時は、便器の奥や排水管で「つまりが起きている」と判断できます。

自力で取り出すか、業者に依頼して取り除いてもらうことをおすすめします。

また、通水テストの際にトイレットペーパーと一緒にマスクが流れてきたり、排水桝の点検時にマスクを見つけたりすることがあります。

排水桝にマスクが残っていたときはそれを取り出せば問題解決です。下水に流れていかないうちに処分しておきましょう。

トイレにマスクを流した後の症状からつまっているか確認する

トイレにマスクを流した後の症状を観察するのも、マスクがつまっていないか判断する目安になります。


  • 【例えば】
  • ・便器の水位が違う
  • ・流れるきるまでに時間がかかる
  • ・流したときに異音がする

上記の症状が出るときは、便器や排水管などの「水の通り道」に異物がつまっている可能性があります。

完全につまっていなくても、マスクが通り道を狭めているので「流れるけどいつもと違う」という状況になります。

しばらく観察してみてつまりがないか確認してみましょう。


トイレにマスクを流してつまったときの対処法

調べた結果、トイレに流したマスクがつまっていることが分かったら、マスクを取り除く作業が必要です。

しかし、溶けない異物であるマスクには、薬剤を使ったり、ラバーカップで圧力をかけて流したりといった方法が使えません。

知っている方法が通用しないとなると、困ってしまう方は多いと思います。

そこでここからは、マスクによるつまりが起こったときの対処法を紹介します。

トイレにマスクを流したときの対処法の基本は「取り出す」こと

トイレにマスクを流してつまったときは「取り出す」ことが重要です。

マスクは水に溶けない「異物」なので、強引に流すと簡単には取り除けない位置でつまる恐れがあります。

そのため、お湯やラバーカップなどを使った押し流す方法は厳禁です。

マスクを流してしまったときは下記の方法で取り出せないか試してみましょう。


  • 【トイレにつまったマスクを取り出す方法】
  • ・手で取り出す
  • ・ワイヤーブラシに引っかけて取り出す

ただし、ワイヤーブラシは、失敗するとマスクを更に奥へ押し込んでしまう危険性があるので注意しましょう。

生活救急車でトイレの異物除去したときの料金事例

トイレにマスクを流してしまって自力で取り出せないときは、業者に依頼して取り除いてもらうことをおすすめします。

そして、業者に依頼するとなると気がかりなのが、トイレつまりを修理する費用がどれくらいかかるのかということでしょう。

そこでここからは、費用をイメージしやすくする参考材料として、生活救急車で実際に対応した事例を紹介いたします。

※作業当時の料金のため、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


トイレの異物つまりを便器脱着で修理

  • 項目内容 料金(税込)
  • 便器取外し 20,520円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 24,840円

>>>この事例の詳細を見る

トイレの異物つまり除去

  • 項目内容 料金(税込)
  • トイレ詰まり除去作業 27,000円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 31,320円

>>>この事例の詳細を見る

トイレの異物つまりを便器脱着で修理

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,320円
  • 便器脱着 32,400円
  • 異物除去 8,280円
  • 合計 45,000円

>>>この事例の詳細を見る


トイレにマスクを流したときの対処法まとめ

今回はトイレにマスクを流してしまったときの診断方法と対処法を紹介いたしました。

マスクはトイレットペーパーと違って溶けないため、トイレに流してしまうとつまる危険性があります。まずは「流さないこと」が重要です。

もし、気づかないうちに流してしまったという時は、ラバーカップなどで押し流すことはせずに「取り出す」ようにしましょう。自力で取り出すことが難しい場合は、業者に依頼して取ってもらうのがおすすめです。

生活救急車では異物によるトイレつまりの修理などのご依頼を承っております。お困りの際はお気軽にご相談ください。


ユーザー評価:  4.0 (1件)