さらに条件を追加する
LIBRARY

キッチンのシンク下が臭い原因とは?ドブやカビの臭いがするときの対…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
キッチンのシンク下が臭い原因とは?ドブやカビの臭いがするときの対処法

説明 キッチンのシンク下が臭いときの対処法を探していませんか?シンク下の悪臭は原因がいくつかあるため、適した対処法を行わないと解決することができません。そこで今回は、キッチンのシンク下が臭い原因と対処法をご紹介します。

キッチンのシンク下が臭いときの対処法を探していませんか?

シンク下の棚から消臭剤も効かない悪臭がしていて、不快な思いをしている方もいらっしゃると思います。

シンク下の悪臭は原因がいくつかあるため、適した対処法を行わないと解決することができません。

そこで今回は、キッチンのシンク下が臭い原因と対処法をご紹介します。


キッチンのシンク下が臭い原因

キッチンのシンク下の臭いに困っている方は多いと思います。どれだけ掃除しても取れない!という場合は、実は棚ではなく他の場所に原因がある場合があります。

ここでは、キッチンのシンク下が臭い原因をご紹介します。


キッチンのシンク下が臭い原因一覧

キッチンのシンク下が臭い原因は主に3つです。



シンクの下は棚になっていることが多く、この棚に原因があると思われがちですが排水管本体や設置方法に問題があることも考えられます。

下記の項目で詳しくご紹介しているので、自宅の状況と照らし合わせて原因を特定してみてください。


キッチンのシンク下が臭い原因1.カビの発生

キッチンのシンク下は通気性が悪く湿気が溜まりやすいためカビや雑菌が繁殖し、いわゆる『カビ臭い』状態になります。

湿った調理器具をそのまま片付けているとカビが発生しやすくなるので、収納の際にはきちんと乾かすことが大切です。

また、冬場はお湯を使う頻度が高くなり排水管に暖かい水が流れますが、逆に収納棚は温度が低いため、結露が生じることがあります。

シンク下の棚がカビ臭い場合は、下記の方法で除菌を行いましょう。


>>>カビが原因の対処法はこちら

キッチンのシンク下が臭い原因2.排水管の汚れ

シンク下に通っている排水管に汚れがつまると、そこから悪臭が発生することがあります。

キッチンの排水管は、食べ残しの食品カスや油による汚れがこびりつきやすく、放置するとぬめりとなり悪臭が発生します。

排水管の汚れが蓄積すると水の流れが悪くなるうえに、完全に詰まってしまうと自分で修理をするのが難しくなってしまうため、早めの対処が必要です。

排水管の汚れが溜まっているようなら、下記でご紹介している方法で掃除を行いましょう。


>>>排水管の汚れが原因の対処法はこちら

排水管の構造に問題がある場合

シンク下の排水管はホースと排水口などいくつかのつなぎ目があります。使い続けているとこのつなぎ目が緩んで、そこから水漏れが起こると臭いの原因になります。

また、シンク下の排水管がホースの場合は劣化すると穴が開き、そこから水が漏れて臭いを発している可能性も考えられます。

排水ホースが劣化しているときはホースの交換が必要です。交換作業は自分でも行うことは可能ですが、きちんと取り付けできないとそこから臭いが発生することがあります。

作業に不安があるときは、業者に依頼することも検討してみてください。


キッチンのシンク下が臭い原因3.配管に隙間が開いている

シンク下からドブのような臭いがする場合は、配管トラブルが起こっている可能性が考えられます。

通常はシンク下にある排水ホースと床下の塩ビ管の間は塞がれていますが、ここに隙間ができていると下水臭が上がってくることがあります。

フタの下には防臭キャップが一般的に取り付けられていますが、初めから付いていなかったり経年劣化でボロボロになって機能していないと、下水から上がってきたにおいがシンク下に溜まります。

この場合、隙間パテを使って埋めるか防臭キャップを取り付けることで臭いを防ぐことができます。


>>>配管の隙間が原因の対処法はこちら

賃貸の場合は勝手に隙間を埋めても大丈夫?

賃貸の排水管の隙間を埋めたいときは管理会社に相談して許可をもらってからパテで埋めるようにします。

万が一退去時にパテがきれいに取れなかったときに、トラブルに発展するのを防ぐためです。

また、経年劣化による配管不良が原因だった場合、管理会社に相談すれば何か対応してくれる可能性もあります。

賃貸に住んでいる方はまず、管理会社や大家さんに相談してみるようにしましょう。


キッチンのシンク下が臭いときの対処法

キッチンのシンク下が臭いときは、下記の方法で解消できます。まずは原因を特定して、原因に沿った対処法を行いましょう。


カビが原因でキッチンのシンク下が臭いときの対処法

カビが原因でシンク下が臭い場合は、除菌スプレーを使った方法が効果的です。


  • 【準備するもの】
  • ・アルコール除菌スプレー(塩素系漂白スプレーでも可)
  • ・雑巾 3枚
  • ・ゴム手袋

  • 【カビの除去手順】
  • ※収納している物をすべて出して棚を空にし、窓を開けて換気をしながら掃除する。
  • 1.ゴム手袋を付ける。
  • 2.雑巾にスプレーを吹きかけて、シンク下を満遍なく掃除する。
  • 3.新しい雑巾でスプレーが残らないように水拭きする。
  • 4.乾いた布で水気をふき取り、扉を開けたまましっかり乾燥させる






排水管の汚れが原因でキッチンのシンク下が臭いときの対処法

排水管の汚れが原因でキッチンのシンク下が臭い場合は、重曹とクエン酸で排水管の掃除を行うことで解消することができます。


  • 【準備するもの】
  • ・重曹 100g
  • ・クエン酸 50g
  • ・歯ブラシ

  • 【排水管の掃除方法】
  • 1.排水口のフタ・ごみ受け・ワントラップなどを分解する。
  • 2.排水管に直接重曹を入れ、上からクエン酸をふりかける。
  • 3.コップ1杯のぬるま湯を注いで5分放置する。
  • ※お湯の温度に注意!高温のお湯は排水管を傷める原因になるので使用しない。
  • 4.時間を置いている間に他のパーツに重曹をかけて、歯ブラシでこすり洗いする。
  • 5.重曹とクエン酸を水で洗い流して部品を元に戻す。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。



※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。



配管の隙間が原因でキッチンのシンク下が臭いときの対処法

配管の隙間がから下水の臭いが上がってくるときは、床と排水管の隙間を埋めることで臭いを防ぐことができます。

床と排水管を埋める方法は、市販の防臭キャップを取り付けるかパテを埋め込む方法があります。

防臭キャップを取り付ける場合は、隙間にきっちりはめ込むことができるサイズを選ばないと効果が出にくいので、必ずサイズ(排水口・排水管の直径)を測ってから購入しましょう。


  • 【準備するもの】
  • ・防臭キャップ
  • ・タオル

  • 【防臭キャップの取り付け方法】
  • ※収納しているものをすべて出して、棚を空にしてから行う。
  • 1.排水ホースから水が溢れてくる場合があるので、タオルを敷いておく。
  • 2.プラスチックのフタを上にずらし、排水管に接続されているホースを引き抜く。
  • 3.防臭キャップを取り付け、ホースとプラスチックのフタを元に戻す。




パテで埋める場合のやり方

パテには固まるタイプと固まらないタイプの2種類がありますが、『固まらないパテ』を選ぶのがおすすめです。

固まるタイプのパテで隙間を埋めると、万が一外す必要ができた場合に一緒に床材などがはがれてしまうこともあります。パテが準備できたら、下記の手順で隙間を埋めましょう。


  • 【準備するもの】
  • ・固まらないタイプの隙間パテ
  • ・雑巾

  • 【パテで隙間を埋める方法】
  • ※収納しているものをすべて出して、棚を空にしてから行う。
  • 1.排水管の周りに汚れがついているときは雑巾でふき取り、乾かしておく。
  • 2.隙間にパテを盛って埋めていく。




※パテを薄く延ばして埋めるとだんだん破れ、はがれが起こるため、たっぷり盛るように埋めるのがおすすめです。


キッチンのシンク下が臭くならないためにできる予防法

キッチンのシンク下が臭くなってしまうと、棚に収納した物にも臭いが移ってしまうこともあります。そうならないためにも、臭いが発生しないように対策を行っておくことが大切です。

ここでは、キッチンのシンク下が臭くならないためにできる予防法をご紹介します。


キッチンのシンク下を換気する

シンク下は湿気がこもりやすいため、定期的に扉を開けて換気するか市販の除湿剤を置いておくようにします。湿気を防ぐとカビが発生しにくくなるのでおすすめです。

また、ときどき除菌スプレーで拭き掃除を行っておくとより効果的です。拭き掃除を行ったあとは、しっかり乾燥させるのを忘れないようにしましょう。






排水管に油などを極力流さない

排水管に油汚れや食品カスをそのまま流すと、汚れが溜まって臭いが発生する原因になります。悪化するとつまりや水漏れなどのトラブルに繋がってしまいます。

揚げ物に使った油は市販の凝固剤で固めて捨てるか、牛乳パックなどに詰めて可燃で処分しましょう。

また、食べ残しやお皿に残ったタレなどは、できるだけキッチンペーパーでふき取ってからシンクで洗うのがおすすめです。






定期的に液体パイプクリーナーで簡単掃除

普段掃除の時間がなかなか取れないという方は、『液体パイプクリーナー』を使った掃除がおすすめです。

液体パイプクリーナーは、排水管に流しいれて所定の時間放置するだけで簡単にきれいにすることができます。

定期的な掃除なら濃度が1%以上のものを、臭いがきついときや水の流れが悪いなと感じるときなどは濃度2%以上のものを使用しましょう。




キッチンのシンク下に消臭剤を置く

シンク下の棚に臭いが染みついて取れない場合は、消臭剤を置いておくのもおすすめです。

市販の消臭剤を購入してもいいですが、家に重曹がある方は重曹を使うこともできます。200gの重曹をフタの開いた容器に詰めて、そのままシンク下に置いておくだけで消臭効果を得られます。

棚の物をよく出し入れするという方はこぼしてしまうこともあるため、なるべく棚の奥に置いておくようにしましょう。




キッチンのシンク下が臭いときの修理作業費用目安

キッチンの下から悪臭がするけど原因が分からないときや、自分で対処できなかったときは業者に依頼して修理してもらう方法もあります。

ここでは、シンク下が臭いときの修理を業者に依頼した場合の費用目安をご紹介します。


生活救急車でキッチンのシンク下が臭いときの修理作業費用事例

ここでは、生活救急車でキッチンのシンク下が臭いときの修理作業を行った際の費用事例をご紹介します。


※作業当時の料金のため、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


台所シンク下の水漏れ調査

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 台所シンク下水漏れ調査 軽作業 4,400円
  • 合計 8,800円

>>>事例の詳細はこちら

 

台所排水ホース交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 台所排水ホース交換 8,640円
  • 部品代(排水蛇腹ホース、クリーンパッキン) 2,700円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 15,660円

>>>事例の詳細はこちら

 

経年劣化による異臭

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 台所 防臭作業 中作業 17,600円
  • 合計 22,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

台所の水つまり除去

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 台所排水つまり 高圧洗浄 3mまで 16,500円
  • 高圧洗浄 追加5m 11,000円
  • 薬品洗浄 4,400円
  • 合計 36,300円

>>>事例の詳細はこちら

 

台所の修理

  • 項目内容 料金(税込)
  • 台所の修理 39,960円
  • 部品代 1,102円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 45,382円

>>>事例の詳細はこちら

 

キッチンのシンク下が臭い原因とはまとめ

今回は、キッチンのシンク下が臭い原因と対処法をご紹介しました。

キッチンのシンク下から発生している不快なにおいの原因は、カビや排水管の汚れなどさまざまです。原因の特定ができれば、基本的に自分で解決することができます。

ただしホースに問題がある場合や排水管が完全につまっているとき、対処法を行っても臭いが消えないときは業者に依頼して修理するのがおすすめです。

生活救急車でもシンクの配管まわりの修理に対応しております。。お困りの際は、お気軽にご相談ください。