さらに条件を追加する
LIBRARY

ウォシュレットから温水が出ないときの対処法とは?分解修理が厳禁な…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
ウォシュレットから温水が出ないときの対処法とは?分解修理が厳禁な理由とは

説明 ウォシュレットから温水が出なくて困っていませんか?温水が出ない原因によって対処法も変わるので、どうすればいいか分からないという方は多いと思います。そこで今回はウォシュレットから温水が出ないときの対処法を紹介いたします。

目次

ウォシュレットから温水が出なくて困っていませんか?

一口に「温水が出ない」といっても、水そのものがでない場合や冷水の状態で出る場合があり、症状は様々だと思います。

しかし、どんな症状が出ているかによって原因や対処法も変わるので、どうすればいいか分からなくなってしまいます。

そこで今回はウォシュレットから温水が出ないときの対処法を紹介いたします。


ウォシュレットから温水がでない原因箇所の調べ方

ウォシュレットから温水がでなくなったときは、配管側の原因なのか、ウォシュレット側の原因なのか見極める必要があります。

一つ一つ調べていくことで、ウォシュレットから温水が出ない原因を特定できるので、下記の点をチェックしてみましょう。


  • 【原因を見極めるためのチェックポイント】
  • ・冷水の状態で出るかどうか
  • ・ウォシュレットの温度設定
  • ・ウォシュレットの電源
  • ・ウォシュレットの取付ができているか
  • ・連続や長時間で使っていないか(※貯湯式の場合)

ウォシュレットから温水が出ないときは本体のタイプも重要

ウォシュレットには貯湯式と瞬間式(連続出湯式)の2タイプがあり、それぞれ温水を作る仕組みが違います。

貯湯式はウォシュレットに内蔵されているタンクに水を貯めて加熱・保温するタイプで、瞬間式(連続出湯式)は水を電気で瞬時に温めて温水を出すタイプです。

温水が出ないというトラブルが起きた際に、ウォシュレットのタイプによって原因が違う場合もあるので、使っているウォシュレットがどちらのタイプか確認しておきましょう。

ウォシュレットのタイプの見分け方として、貯湯式はタンクによって厚みがあり、瞬間式(連続出湯式)は薄型のデザインが多いです。

※外観で分からない場合は説明書を見たり、型番をネットで検索してタイプを確認してみましょう。

ウォシュレットから温水が出ないのは『給湯器のせい?』

キッチンや洗面所など、多くの水回りで使われる温水は「給湯器」で作られているので、給湯器が故障すれば冷水しか出なくなります。

ウォシュレットも水回りで使うもののため、ウォシュレットから温水が出ないのは「給湯器のせい?」と考える方も多いと思います。

しかし、ウォシュレットから出る温水は給湯器で沸かしているのではなく、ウォシュレット本体でお湯にしています。

そのため、温水が出ないときは給湯器ではなく、ウォシュレット本体やウォシュレットに繋がっている配管回りを調べましょう。


ウォシュレットから温水も冷水も出ないときのチェックポイントと対処法

ウォシュレットを作動させた際に、水そのものが出ない時は配管側に問題がある場合とウォシュレット側に問題がある場合の2パターンあるため、一つずつ確認して原因を絞り込みます。


  • 【ウォシュレットから水が出なくなる原因】
  • ・止水栓が開いていない
  • ・給水フィルターのつまり
  • ・ノズルのつまり
  • ・ウォシュレットやリモコンの電源
  • ・ウォシュレットの取付
  • ・着座センサーの汚れ

上記を確認・対処しても水が出ないときは業者に点検してもらうことをおすすめします。

また、対処した結果、冷水のみが出るようになったときは、続いて下記も確認・対処してみましょう。

>>>ウォシュレットから温水が出ずに冷水が出るときの対処法

ウォシュレットから温水・冷水が出ないときは止水栓を調整する

温水どころか水そのもの出ないという時はウォシュレット用の止水栓が閉まっていて、必要な水が供給されていない可能性があります。

ウォシュレットの止水栓を調整して、水が出るようにならないか確認してみましょう。

止水栓の調整方法は、一旦右に回して止水栓を完全に閉めてから、ゆっくりと左に回して徐々に開きます。

ウォシュレットの止水栓は、便器用の止水栓に分岐金具を使って接続されている形が多いです。

※止水栓がないタイプのウォシュレットもあります。

給水フィルターに発生したつまりで水が出ない場合もあります

ウォシュレットには水道水に含まれる細かい汚れを取り除くためのフィルターがついていますが、これは定期的に掃除しないと汚れでつまります。

このつまりによってウォシュレットの水の出が悪くなることがあるので、止水栓のチェックと合わせて、給水フィルターの掃除もやってみましょう。


  • 【給水フィルターの掃除手順】
  • 1.止水栓を閉める
  • 2.給水フィルターを外す(※トイレやウォシュレットによって取り外し方や位置が違うので取扱説明書を確認しましょう)
  • 3.給水フィルターを水洗いして汚れを取り除く
  • 4.給水フィルターを取り付け直し、止水栓を調整したら完了

ウォシュレットのノズルのつまりで温水・冷水が出ない

ウォシュレットのノズルには水垢や尿石などの汚れが付着するため、放置してこびりつかせてしまうと、ノズルが詰まってしまいます。

このつまりによってウォシュレットから水が出にくくなるので、ノズルの掃除をしてみましょう。

ノズル洗浄機能があるタイプの場合はそれでノズルを出し、ない場合は手動でノズルを引き出して、トイレ用中性洗剤と柔らかい布やティッシュで拭き掃除します。

ウォシュレットから温水がでないときは本体の取付や電源を確認

ウォシュレットが適切に取付られていない、あるいは電源が入っていないなどが要因で、ウォシュレットから水が出なくなることがあります。

ウォシュレットを揺らした際にガタツキがある場合は、ウォシュレットを一度外して正しく設置し直しましょう。

電源に関しては、コンセントからプラグが抜けていないか、ウォシュレットのスイッチがオンになっているかを確認します。

また、ウォシュレットの操作パネルが壁付けの場合は、電池切れによって操作ができず水を出せないことがあります。ウォシュレットの電源と合わせて操作パネルの電池も確認しましょう。

ウォシュレットの着座センサーの汚れが原因で温水が出ない

ウォシュレットには「着座センサー」があり、人が座っているかいないかを判定するようになっています。

そして、人が座っていないと認識すると、ウォシュレットは作動せず水もでません。

そのため、汚れによって着座センサーが正常に働かなくなると、実際には座っていても、誤った判定をされてウォシュレットから水が出なくなる可能性があります。

着座センサーを掃除してみて水が出るようにならないか調べてみましょう。


ウォシュレットから温水が出ずに冷水が出るときの対処法

ウォシュレットから冷水が出て温水は出ないという場合は、配管側の問題であるケースは少なく、ウォシュレット側に原因がある場合がほとんどです。


  • 下記を参考に原因の特定とそれに応じた対処をしてみましょう。
  • ・ウォシュレットの温度設定や節電モードのオンオフ
  • ・ウォシュレットの電源を入れ直す
  • ・ウォシュレットの使い方を見直す(※貯湯式の場合)
  • ・ウォシュレットの部品の故障

内部の部品の故障の場合は、メーカー修理や本体交換が必要になります。詳しい対処法や理由については下記で紹介しております。

>>>部品故障でウォシュレットからお湯が出ないときも『分解厳禁』

ウォシュレットの温水がでないときは『本体の設定を見直す』

ウォシュレットの設定によって冷水になる場合があります。

例えば、貯湯式のウォシュレットには節電モードという使用していない時間にはタンク内の水の加熱や保温を止めるモードがあります。それがオンになっているとウォシュレットの電源が入っていても温水が出ません。

また、ウォシュレットは出る水の温度設定ができるので、それが低めに設定されていれば温水は出なくなります。

節電モードのオンオフや温度設定など、温水が出なくなる要素がないか見直してみましょう。

ウォシュレットの温水がでないときは『電源を入れ直す』

ウォシュレットは作動するけど温水が出ないという場合は、ウォシュレットの電源を入れ直してリセットすると直ることがあります。

一度コンセントからプラグを抜き、再度差し直してみましょう。

ウォシュレットの電源ランプが点灯しているのが確認できたら、ウォシュレットを作動させて問題なく温水が出れば故障ではありません。

貯湯式のウォシュレットで温水が出ないときはしばらく待ってみる

貯湯式のウォシュレットはタンク内で水を加熱・保温する仕組みのため、使い方によっては一時的に温水が出なくなることがあります。

例えば、連続や長時間でウォシュレットを使って「規定量のお湯を使い切る」ことがあると、タンク内の温水がなくなったり、温水の温度が下がったりするので温水がでなくなります。

この場合はしばらくウォシュレットを使わずにいることで、タンク内の水の加熱と保温が終わって温水が出るようになります。

貯湯式のウォシュレットで冷水しか出ないという時は、すぐに故障と思わずに5分~10分程度待ってみましょう。

瞬間式なら連続・長時間の使用も可能

ウォシュレットを連続や長時間で使用しても温水が出るようにしたい場合、瞬間式のウォシュレットに交換するのがおすすめです。

瞬間式のウォシュレットは「洗浄」の際に瞬時に水を温めるため、連続・長時間で使用しても冷水になりません。

また、貯湯式のウォシュレットよりも本体価格は高めですが、保温に電力を消費しない分、電気代が安くなるメリットもあります。


部品故障でウォシュレットからお湯が出ないときも『分解厳禁』

水道に問題がなく、ウォシュレットの電源や設定などを確認しても改善しない場合は、ウォシュレットが温水を出せるようにする部品に異常がある可能性があります。


  • 【例えば】
  • ・電熱線ー電気を通すと熱を発生させる部品、断線すれば電気が通らなくなって水を温められなくなる
  • ・サーモスタットー温度を調整する部品で、故障すれば温度調節が不安定になり冷水が出やすくなります。

このようにどちらかの部品に異常があれば、ウォシュレットから温水がでなくなるため修理が必要です。

しかし、ウォシュレットの部品の分解修理は厳禁です。とはいえ、修理ができないままでは困ります。

そこでここでは、ウォシュレットの分解修理が厳禁な理由と、電熱線やサーモスタットが故障したときの対処法を紹介いたします。

ウォシュレットから温水が出ないときに分解厳禁な理由とは

ウォシュレットは電気製品のため、修理ミスで火災や感電などの事故を招く恐れがあり危険です。



例えば、電熱線などに水がかかると漏電し、感電する危険性があります。そのため、部品を取り寄せて自力で分解修理するのは、大変危険な作業になるので厳禁です。

また、メーカーでも安全を確保するために、分解修理の方法は公開されておらず、部品も販売されていません。

ウォシュレット内部の部品交換となると自力での修理は難しいので、後述するメーカー修理や本体交換をおすすめします。

故障が原因でウォシュレットから温水が出ないときの対処法は2つ

サーモスタットや電熱線が故障したときの対処法は以下の2つです。


  • ・メーカーに修理を依頼する
  • ・ウォシュレット本体を交換する

どちらが良いかは、ウォシュレットの使用期間や要望によって変わります。


  • 【例えば】
  • ・設置したばかりで製品保証がある→メーカーの保証窓口に連絡
  • ・10年以上使っている→経年劣化なので交換がおすすめ
  • ・早めに温水を使えるようにしたい→対応の早い業者で交換
  • ・とにかく安価に済ませたい→自分で購入~取り付けまでやる

また、使用中のウォシュレットの保守部品は製造終了後6年くらいでメーカーのサポートが終わるので、使っているウォシュレットによっては修理したくてもできないということもあります。

※補修用性能部品保有年数は、メーカーによって製造修理期間は異なります。詳しくは、お使いのウォシュレットメーカーにお問合せください。


ウォシュレットから温水が出なくて交換を業者に依頼した場合

メーカーが外部委託している業者でも、修理ができなくて本体交換を案内されることはあります。

メーカー窓口で修理を頼んだ場合は、そのメーカーの製品を案内されるので選択肢が限られてしまいます。

業者によって対応は異なりますが、「ネットショップでウォシュレット便座を自分で購入して、取り付けだけを業者に依頼する」という方法もあります。

どのような場合でも、交換する際は最低3社から見積りを取って、料金や対応を確認してから依頼するのがおすすめです。

生活救急車でウォシュレットの交換に対応した料金事例

ウォシュレットの交換費用は、業者によって料金体系が異なるので、3社くらいから見積りを取って料金を比較してから決めるのがおすすめです。

ただ、大体の目安がわかっていた方がスムーズに準備を進められると思います。

そこでここでは生活救急車で実際に対応した事例を参考に、ウォシュレットの交換にかかる費用を紹介いたします。

※作業当時の料金のため、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。

部品ありのウォシュレット取り付け

  • 項目内容 料金(税込)
  • ウォシュレット交換 当社以外 7,560円
  • 廃材処分費 3,240円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 15,120円

>>>この事例の詳細を見る

部品ありのウォシュレット交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • トイレ便座交換 温水洗浄便座 12,100円
  • 合計 16,500円

>>>この事例の詳細を見る

引っ越し業者が対応できなかったウォシュレット取り付け

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 温水洗浄便座交換 16,500円
  • テープはずし 軽作業 4,400円
  • 合計 25,300円

>>>この事例の詳細を見る

ウォシュレットの取り付け

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,320円
  • ウォシュレット交換 4,320円
  • 部品代 42,120円
  • 合計 50,760円

>>>この事例の詳細を見る

水漏れによるウォシュレットの交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,320円
  • ウォシュレット交換取付 26,719円
  • 部品代 22,961円
  • 合計 54,000円

>>>この事例の詳細を見る


ウォシュレットから温水が出ないときの対処法まとめ

今回はウォシュレットから温水がでないときの対処法を紹介いたしました。

ウォシュレットから温水が出ない原因は、電熱線やサーモスタットの故障の場合と、電源や設定などの故障以外の場合があります。

修理をしなくても確認と対処で改善する場合もあるので、まずはウォシュレットや給水管周辺を調べてみることをおすすめします。

また、故障が原因で温水が出ないときは分解修理は厳禁です。ウォシュレットは電化製品のため、感電などの危険性があります。メーカーによる修理や業者による本体の交換など、安全な方法で対処しましょう。