さらに条件を追加する
LIBRARY

玄関の鍵を暗証番号式に交換したけど失敗?確認しておきたい種類と利…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
玄関の鍵を暗証番号式に交換したけど失敗?確認しておきたい種類と利便性とは

説明 玄関の鍵を暗証番号錠に交換しようか迷っていませんか?暗証番号錠は鍵の紛失を防いだり防犯性が高いなどのメリットが多く見えますが、デメリットもあります。そこでここでは、玄関の鍵を暗証番号式に交換するときに確認しておきたい種類と利便性についてご紹介します。

玄関の鍵を暗証番号錠に交換しようか迷っていませんか?

暗証番号錠は鍵の紛失を防いだり防犯性が高いなどのメリットが多く見えますが、デメリットもあります。

また、一概に暗証番号錠といっても種類によって機能が異なるため、比較することが大切です。

そこでここでは、玄関の鍵を暗証番号式に交換するときに確認しておきたい種類と利便性についてご紹介します。



玄関の暗証番号錠の種類

玄関の暗証番号錠には、主に電池式・電気式・機械式の3つの種類があります。ここでは、それぞれの特徴をご紹介します。


電子式暗証番号錠

錠前に内蔵された乾電池などの電力を使って、稼働しているタイプの暗証番号錠です。大規模な工事が必要ないため、DIYが得意な方であれば自分で取り付けることも可能です。

ものによっては両面テープで貼り付けて固定するものもあるため、賃貸でも設置することができます。

便利な機能も充実しており、不正開錠を防ぐ警報音やイタズラ防止機能、バックライト搭載で夜間操作がしやすいといったメリットがあります。

ただし、電池切れが起こると解錠できなくなってしまうので、定期的な電池交換を忘れないようにする必要があります。


電気式暗証番号錠

便利な機能が備わった点では電子式と同じですが、電気式の場合は配線工事が必要となります。電気配線から電気を供給しているため、煩わしい電池交換の必要がありません。

しかし、停電が起こると動かなくなってしまうので注意しましょう。

ものによっては蓄電システムを搭載していて一定の時間稼働できるものもあるので、心配な方はこのようなタイプを選ぶとおすすめです。

また電気配線工事は資格を持った専門のリフォーム業者に依頼しなければならないため、電子式と比べて設置費用が高額になる点を頭に入れておきましょう。


機械(メカニカル)式暗証番号錠

上記の2つとは異なり、電力を使わないのが機械式の暗証番号錠です。電池も電気も必要ないので急な電池切れ、停電で開かないといったトラブルが起こりません。

また水気にも強いため、雨がよく当たってしまう玄関にも設置することができます。

電子錠や電気錠に搭載されているバックライトなどの便利な機能はありませんが、こじ開けを防止するドアノブ空転装置などがついています。


玄関の鍵を暗証番号式に変えたときのメリット・デメリット

ここでは、玄関の鍵を暗証番号式に変えたときの、メリット・デメリットをそれぞれご紹介します。


暗証番号錠にしたときのメリット

暗証番号錠に交換したときのメリットをご紹介します。


  • 【暗証番号錠のメリット】
  • ・鍵の紛失を防げる
  • ・防犯性を上げることができる
  • ・番号変更が簡単

暗証番号式の鍵に交換することで鍵を持ち歩く必要がないため、紛失や盗難の心配がありません。また、鍵穴がないのでピッキングなどの不正開錠を防ぐことができ、防犯性も上げることができます。

万が一番号が他人に知られてしまったときも簡単に番号変更が行えるので、いたずらで鍵を開けられるのも防ぐことができます。

ものによってはオートロック機能もあるので、鍵をよく閉め忘れてしまうという方にもおすすめです。


暗証番号錠にしたときのデメリット

暗証番号錠に交換したときのデメリットをご紹介します。


  • 【暗証番号錠にしたときのデメリット】
  • ・暗証番号がリセットされるトラブル
  • ・入力画面・ボタンの劣化で番号予測される可能性がある

暗証番号式の鍵でよくあるトラブルで登録した番号がリセットされてしまうというものがあります。これは電池が切れたまま長時間放置すると起こることが多いので、電池が切れたらできるだけ早く交換するようにしましょう。

また、何年も使用した液晶画面やボタンが劣化して擦り切れたり汚れがついているとそこから番号を予測される可能性もあります。

メンテナンスを怠るとトラブルが起こりやすくなるので、定期的な電池交換や掃除をしっかり行うようにしましょう。


暗証番号式に交換するときに確認することと機能的な製品

暗証番号式の鍵に交換しようと思ったときにどれにしたらいいのか、何に気を付けたらいいのか分からない人もいらっしゃると思います。

そこでここでは、暗証番号式の鍵に交換する前に確認することと利便性の高い製品をご紹介します。


暗証番号錠に交換する前に確認すること

暗証番号錠に交換するときに、失敗しないために確認することをご紹介します。


  • 【暗証番号錠に交換する前に確認すること】
  • ・種類を確認
  • ・取り付ける環境を確認
  • ・機能を確認

暗証番号錠には種類がありそれぞれ取り付け方法が異なります。電気錠は配線工事が必要になるため、思ったより費用がかかってしまったという失敗も起こりやすいです。コストを抑えたい方は機械式・電子式を選ぶのがおすすめです。

また、玄関に雨が吹き込みやすい場合、電子錠や電気錠を取り付けると雨にい弱いので故障する可能性があります。この場合は機械式の暗証番号錠を設置したほうがいいでしょう。

さらに、すべてにオートロックや不正開錠防止機能などがついているわけではないので自分がほしい機能がついているかの確認をしておくと失敗を防ぐことができます。


長沢製作所 キーレックス 500シリーズ


長沢製作所 キーレックス 500シリーズ ボタン式 暗証番号錠

※自分で部品や道具を購入する際は、サイズや種類間違いにご注意ください。

Amazonで確認する


機械式の暗証番号錠といえば、長沢製作所のキーレックスが有名です。電気を使用しないため、面倒な電池交換や停電の心配がありません。

また水気にも強いため、玄関の屋根が小さくて雨が吹き込んでしまうというご家庭でも安心して設置することができます。

暗証番号の変更も簡単にできるので、防犯性を保つことが可能です。


MIWA ランダムテンキーロック


MIWA ランダムテンキーロック TK4LT33-2 【自動施錠タイプ】

※自分で部品や道具を購入する際は、サイズや種類間違いにご注意ください。

Amazonで確認する


電池式の暗証番号錠です。液晶画面に表示される番号が毎回ランダムで配置が変わるので、番号予測を防ぐことができます。また、バックライト機能搭載で夜間の操作も素早く行うことが可能です。

テンキーだけでなく非常用のシリンダーがついているため、電池切れの際も解錠できるので安心です。


玄関の鍵を暗証番号式に交換する際の料金

玄関の鍵を暗証番号式に交換する際に、どのくらいの費用がかかるのか知りたい方もいらっしゃると思います。

そこでここでは、玄関の鍵を暗証番号式に交換する際の費用相場をご紹介します。業者に依頼する際のご参考になれば幸いです。


生活救急車で暗証番号式の鍵を取り付けた場合の料金事例

ここでは、生活救急車で実際に対応した暗証番号式の鍵への交換費用事例をご紹介します。


※作業当時の料金のため、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


玄関の鍵交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 鍵交換 シリンダー 10,800円
  • KABA社製品 部品代 19,440円
  • 合計 30,240円

>>>事例の詳細はこちら


玄関の鍵交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 建物交換 シリンダー 10,800円
  • 部品代(イージスゲート)
  • 合計 66,960円

>>>事例の詳細はこちら


鍵の新規取付

  • 項目内容 料金(税込)
  • 玄関鍵新規取付 錠前 2箇所(部品支給) 75,600円
  • 合計 75,600円

>>>事例の詳細はこちら


テンキーロックの設置

  • 項目内容 料金(税込)
  • 錠前新規取付 2箇所 86,400円
  • FUKI社製品 部品代×2 49,680円
  • 合計 136,080円

>>>事例の詳細はこちら


玄関の鍵を交換するときに確認しておきたい種類と利便性まとめ

今回は、玄関の鍵を暗証番号錠に交換するときに確認する種類と利便性をご紹介しました。

暗証番号式の鍵は種類によって作動方法が異なり、それぞれメリット・デメリットがあります。特に電気式の暗証番号錠は配線工事が必要となり、他の錠前と比べて費用が高くなるので注意しましょう。

便利な機能がたくさんついているのは電子式・電池式ですがその分電池切れ、停電によって使えなくなる可能性もあります。

暗証番号錠に交換する際はメリットだけでなく、それぞれのデメリットも把握したうえで設置することをおすすめします。