さらに条件を追加する
LIBRARY

屋根裏の蜂の巣はどう駆除する?難易度が高い理由とは

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
屋根裏の蜂の巣はどう駆除する?難易度が高い理由とは

説明 屋根裏に蜂が出入りするのを見かけたら、屋根裏に蜂の巣が作られているかもしれません。屋根裏の蜂の巣は自分で駆除するのが難しいので、どう駆除すればいいのかと困っている方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は屋根裏にできた蜂の巣の対処法を紹介いたします。

屋根裏に蜂が出入りするのを見かけたら、屋根裏に蜂の巣が作られているかもしれません。

ただでさえ危険を伴う蜂の巣駆除ですが、屋根裏での作業となるとどうやって駆除すればいいのか分からずに困っている方もいらっしゃるかと思います。

実際、屋根裏にできた蜂の巣を個人で駆除するのは大変難しいです。

そこで今回は屋根裏にできた蜂の巣の対処法を紹介いたします。


屋根裏にできた蜂の巣駆除を個人がやるのは難しい

屋根裏に蜂の巣ができると、家の中にまで蜂が侵入する可能性があり、大変危険です。

自分で駆除をやってみたいという人もいるかもしれませんが、「屋根裏にできた蜂の巣の駆除」は蜂の巣駆除の中でも難易度の高い作業です。


  • 【屋根裏の蜂の巣駆除が難しい理由】
  • ・スズメバチの巣の可能性が高い
  • ・屋外と違い巣の状態を確認しにくい
  • ・屋根裏の構造上駆除作業に危険を伴う

ここでは屋根裏の蜂の巣駆除が難しい理由について詳しく紹介いたします。

理由その1:スズメバチの巣の可能性が高い

蜂が巣を作る場所は蜂の種類によって様々ですが、屋根裏に巣を作る蜂は主にスズメバチとミツバチの2種類です。

そして、その内の一つであるスズメバチは、蜂の中でも攻撃性が高く、些細な刺激を与えるだけでも攻撃してくる種類で、駆除作業には大きな危険を伴います。

屋根裏に作られた蜂の巣は、この危険なスズメバチが作ったものである可能性が大きいので、業者に駆除してもらう方が安心というわけです。

理由その2:屋外と違い巣の状態を確認しにくい

蜂の巣駆除では巣の大きさや蜂の数などをしっかり確認し、徹底的な準備が必要になります。

適切な準備ができていないと、途中で駆除剤が足りないなどのトラブルで駆除に手間取る危険性があるためです。

そして、離れた位置からも巣を調べられる屋外と違って、暗く閉鎖的な屋根裏では、そもそも蜂の巣の状態が確認しにくいです。

そのため、軒下や木の下など、開放的な場所にできた巣の駆除よりも難航する可能性があります。

理由その3:屋根裏の構造上駆除作業に危険を伴う

蜂の巣の駆除には駆除剤が必須です。巣を確実に撤去するためにも、巣の周辺にいる蜂や巣の内部にいる蜂にしっかり吹きかけて駆除し、安全を確保する必要があります。

しかし、閉鎖的な屋根裏は屋外と違って駆除剤が充満しやすく、駆除作業中に吸い込んでしまう恐れがあります。

また、スズメバチなどの駆除剤が効きにくい蜂の駆除で、大量に駆除剤を撒いた場合はより危険が高まります。

屋外での駆除作業に比べると、屋根裏の蜂の巣駆除は危険の大きい作業でしょう。

スズメバチでも初期の巣なら安全に駆除できるのは本当?

働き蜂がおらず女王蜂一匹のみという初期の巣であれば、スズメバチといえども攻撃性が低い時期なので自力でも駆除できる場合もあります。

しかし、あくまで明るく開けた場所に作られた「状態を簡単に確認できる巣」に限ります。

上記のように屋根裏は暗く閉鎖的な空間であり、巣の状態が分かりにくいです。そのため、想定よりも大きい巣や働き蜂の多い巣に遭遇する可能性があります。

数匹でも働き蜂がいれば、巣や幼虫、女王バチなどを守るために攻撃してくる場合があるのでやはり危険です。確実な判断が難しいので、小さいと巣でも屋根裏という場所である以上は業者に頼むことをおすすめします。


屋根裏に蜂の巣が作られないように予防することが重要

屋根裏にできた蜂の巣は自力で駆除するのは大変ですが、今後巣が作られることがないように予防することは可能です。

ここでは、まだ巣が作られていない、あるいは駆除が終わった方に向けて、蜂の巣を予防する方法を紹介いたします。

蜂の巣を作られないようにするには、蜂を寄せ付けない環境づくりが大切です。


  • 【例えば】
  • ・蜂が巣を作るポイントに殺虫剤を撒いておく(ハッカ油や木酢液も有効)
  • ・通気口や壁にできた隙間などの「蜂の侵入口」をふさぐ
  • ・ダミーの巣を設置して蜂の巣作りを未然に防ぐ
  • ・果物やジュースなど蜂が誘われる甘い香りのするものを放置しない

上記のように蜂を誘き寄せてしまう要素をなくしていくと、蜂の巣作りも予防することができます。

なぜ屋根裏に蜂の巣が作られるのか?

蜂の巣作りを予防するために、なぜ蜂が屋根裏に巣を作るのか知っておきたい方もいらっしゃるかと思います。

そこでここでは蜂が屋根裏に巣を作る理由について紹介いたします。

蜂の種類によっても変わりますが主に以下の条件に該当する場所に好んで巣を作ります。


  • 【蜂の巣が作られやすい環境とは】
  • ・餌が豊富にとれる
  • ・外敵と遭遇しにくい
  • ・天候の影響を受けにくい

屋根裏は外敵と遭遇しにくく天候の影響も受けない閉鎖空間です。また、ゴキブリなどの害虫がいれば餌も豊富な環境となります。

このように蜂が営巣するのに最適な条件が整っているので、屋根裏に蜂の巣が作られてしまうというわけです。

罠系の駆除は蜂が活動的でない時期に使う

蜂を寄せ付けない環境づくりの他に、女王バチを先に駆除して巣を作られないようにする方法もあります。

それが罠などを使った「蜂を誘き寄せて捕獲する」駆除方法ですが、この方法は実行する時期に注意が必要です。

というのも、これらの製品は蜂を確実に捕まえるために蜂が好む香りや成分を使っているため、蜂の活動が活発な季節に使うと働き蜂が大量にやってきて、逆に危険が増すためです。

4月から5月の女王バチが活動し始める時期に設置して、梅雨入りの前には撤去するなどの使い方をおすすめします。

また、夏や秋は多くの種類の蜂が活動的なので使わないようにしましょう。


屋根裏の蜂の巣駆除を業者に依頼した際の料金について

屋根裏の蜂の巣駆除を自力で行うのは少なからずリスクがあるので、業者に依頼することをおすすめします。

しかし、業者に依頼する前に料金が知りたいという方もいらっしゃるかと思います。

そこでここでは屋根裏の蜂の巣駆除にかかる費用について紹介いたします。

生活救急車で実際に屋根裏の蜂の巣駆除に対応した料金事例

蜂の巣の駆除にかかる料金は、蜂の巣のサイズや巣のある場所、蜂の種類などによって変わるため、具体的な料金が知りたい場合は現地見積もりが最適な方法です。

ただ、見積もりをとる前に大まかな情報だけでも知っておきたいという方はいらっしゃるかと思います。

ここでは屋根裏にできた蜂の巣駆除にかかる費用をイメージしやすくする参考材料として、生活救急車で実際に対応した屋根裏の蜂の巣駆除の料金事例を紹介いたします。

屋根裏にできた蜂の巣の駆除

  • 項目内容 料金(税込)
  • ハチ駆除と巣の撤去 21,600円
  • 合計 21,600円

>>>この事例の詳細を見る

屋根裏にできた蜂の巣の駆除

  • 項目内容 料金(税込)
  • ハチ駆除と巣の撤去 21,600円
  • 合計 21,600円

>>>この事例の詳細を見る

屋根裏のスズメバチと巣の駆除

  • 項目内容 料金(税込)
  • スズメバチ駆除と巣の撤去 30,780円
  • 合計 30,780円

>>>この事例の詳細を見る

屋根裏に出入りするアシナガバチの駆除

  • 項目内容 料金(税込)
  • ハチ駆除 35,640円
  • 合計 35,640円

>>>この事例の詳細を見る

屋根裏にできた蜂の巣の駆除

  • 項目内容 料金(税込)
  • ハチの巣駆除 50,000円
  • 合計 50,000円

>>>この事例の詳細を見る


屋根裏にできた蜂の巣の駆除方法まとめ

今回は屋根裏にできた蜂の巣駆除の方法や難易度が高い理由について紹介しました。

屋根裏にできた蜂の巣を自力で駆除するのは、スズメバチの巣の可能性があることや、屋根裏での駆除作業に危険が伴うなどの理由から非常に難しいです。

蜂の種類や巣の大きさが明確に判断できないときは、業者に駆除を依頼することをおすすめします。

生活救急車では、屋根裏にできた蜂の巣駆除のご依頼を承っております。自力での駆除に不安があるときはお気軽にご相談ください。