さらに条件を追加する
LIBRARY

瓦ずれで雨漏りは起こらない?原因と修繕パターン・費用例を解説

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
瓦ずれで雨漏りは起こらない?原因と修繕パターン・費用例を解説

説明 屋根瓦がずれてしまう「瓦ずれ」でお困りではありませんか?。瓦がずれていたら早めに修理業者を呼んで修繕を行うと安心ですが、はじめて雨漏り修理を依頼する人は、修繕方法や必要な費用などがわからなくて不安に感じるかもしれません。そこで今回は、瓦ずれの原因や修繕方法・費用例などについてご紹介いたします。

屋根瓦がずれてしまう「瓦ずれ」でお困りではありませんか?

瓦ずれが起こると、屋根の美観が損なわれるだけではなく、雨漏りが発生する可能性も出てきます。

瓦がずれていたら早めに修理業者を呼んで修繕を行うと安心ですが、はじめて雨漏り修理を依頼する人は、修繕方法や必要な費用などがわからなくて不安に感じるかもしれません。

そこで今回は、瓦ずれで雨漏りが起こるのかどうかと、原因や修繕パターン・費用例についてご紹介したいと思います。


瓦ずれで雨漏りが起こるケース・起こらないケース

屋根瓦がずれているのを発見したときに、まず「雨漏りが起きるのではないか」と心配する人は多いと思います。

しかし、「瓦ずれしていたので屋内や屋根裏を点検したけれど、雨漏りが確認できなかった」というケースが起こる可能性もあります。

そこでまずは、瓦ずれで雨漏りが起こる仕組みや、雨漏りが起きるケースと起きないケースの違いについてご紹介したいと思います。

瓦ずれが起こる原因とは?

瓦屋根は屋根材の中でも比較的耐用年数(寿命)が長い種類ですが、長期間雨風にさらされることで次第に経年劣化が起こります。

劣化した瓦は耐久力が落ちて割れてしまったり、固定する力が弱まって瓦ずれが起きることがあります。

また、地震や強風など外からの強い衝撃でずれたり破損する可能性もあります。

ルーフィングや下葺き材が劣化・破損すると雨漏りが起こる

ここまで、瓦ずれが起こる原因についてご紹介させていただきました。しかし、瓦がずれたからといって、すぐに雨漏りが発生するとは限らないケースもあります。

その理由は瓦屋根の構造によるものですが、次から詳しくご説明したいと思います。

瓦とルーフィングが雨水を防ぐ

瓦屋根は、瓦の下にルーフィング(または下葺き材)と呼ばれる防水材が設置されていて、さらにその下には野地板という下地が施工されています。

雨漏りが発生する場合、浸入した雨水が瓦・ルーフィング・野地板をすべて通り抜けて屋内に流れ落ちていることになります。

そのため、ルーフィングが雨水を防いでいる場合は、瓦がずれていてもすぐに雨漏りが発生しない可能性があります。

瓦ずれを放置すると雨漏り発生の原因になる

瓦ずれが起きて屋根にすき間ができていると、瓦の下にあるルーフィングが直接天候の影響を受けるようになります。

この状態が続くとルーフィングが劣化しやすくなり、破損につながる可能性が高くなります。防水材であるルーフィングが破れたり穴が開くと、その部分から雨水が浸入して雨漏りの原因になるおそれがあります。

屋根瓦は屋根の下地を保護する大切な役割をしている部分なので、ずれや破損などの不具合を発見したときは早めに修理を行うと安心です。

ルーフィングの寿命は瓦よりも短い

瓦の寿命は数十年と言われているのに対して、ルーフィングの寿命は15年~20年程度と言われています。

瓦が破損していなくても、ルーフィングの寿命がきていると雨漏りが起こる可能性があるため、屋根瓦の施工から15~20年程度経った場合はルーフィングの葺き直しなどを検討してみることをおすすめいたします。


瓦ずれの修繕方法をパターン別に解説

瓦ずれを放置していると、下地の劣化を引き起こして雨漏りが発生するおそれがあります。

瓦ずれを発見したときは、修理業者に連絡して早めに屋根の修繕を行うと安心です。

しかし、はじめて瓦屋根の修理をする場合「屋根瓦の修繕ってどんなことをするの?」と不安になる人もいるかもしれません。

そこでここからは、瓦ずれの修繕方法をパターン別にご紹介したいと思います。

ずれた瓦を取り付け直す

瓦が強風などで外れてしまっただけなら、元の位置に瓦を取り付け直せば元通りにできます。

ただし、瓦がずれた場所のルーフィングが劣化していた場合は、瓦を戻した後に雨漏りが発生するおそれがあるので注意が必要です。

瓦を取り付け直して修繕するときは、事前に業者に相談して雨漏り調査やルーフィングの点検などをされておくと安心です。

瓦を新しく交換する

強風や物がぶつかったり、経年劣化で瓦自体にひびや割れが起こっているようなときは、新しい瓦に交換したほうがいいでしょう。

屋根瓦は、業者によっては1枚からでも交換を受け付けてくれるところがあります。瓦ずれの枚数が少ないときは、瓦の交換で対応することも検討してみましょう。

瓦を交換する際も、瓦を取り付け直すときと同様にルーフィングの点検をあらかじめ行っておきましょう。

瓦を部分補修する

瓦ずれによってルーフィングなどの下地も劣化しているときは、下地も含めた瓦屋根の部分補修を行います。

補修する部分の瓦屋根を剥がし、下にある防水材も撤去して新しいものに交換します。

「雨漏りしている部分だけを補修したい」というときは、部分補修で対応することができる場合もあります。ただし、破損の状態や補修箇所によっては葺き直しや葺き替えになる可能性もある点に注意しましょう。

瓦屋根の葺き直し・葺き替えをする

「瓦ずれが広範囲にわたっている」「ルーフィングや野地板の寿命がきている」といった場合は、一旦屋根瓦をすべて剥がし、瓦屋根の全体的な補修を行うことになる可能性もあります。

このときに行われるのが「葺き直し」または「葺き替え」という修繕方法です。

葺き直しは、剥がした瓦を再利用して施工する方法です。葺き替えをする場合は、瓦を全て新しいものに交換します。


瓦屋根の補修を業者に依頼した場合の費用例を紹介

瓦ずれの本格的な補修を行う場合、専門の知識を持った雨漏り修理業者に相談されることをおすすめしております。

しかし、業者に作業を依頼するときは費用がいくらかかるのかが気になると思います。

そこでここからは、瓦屋根の補修を業者に依頼した場合の費用についてご紹介したいと思います。

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。

生活救急車で瓦の補修を行った場合の料金事例

瓦の補修にかかる費用は、修繕の内容や補修範囲によって異なります。

具体的な料金を確認したいときは、業者に相談して現地での見積もりを依頼することをおすすめいたします。

ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車で瓦の補修を行った場合の料金事例をご紹介いたします。

瓦の調整作業

【料金合計:8,000円】

屋根瓦のずれている箇所を直してほしいとのことでしたので、瓦調整作業でご対応いたしました。

>>>この事例の詳細を見る

戸建ての屋根瓦の修理

【料金合計:95,040円】

自宅2階の屋根瓦が1枚だけ浮いてしまったため、屋根瓦の修理でご対応いたしました。

>>>この事例の詳細を見る

屋根瓦修理工事

【料金合計:480,000円】

会社の瓦屋根から雨漏りしたため、屋根瓦修理工事にてご対応いたしました。

この事例の詳細を見る>>>


瓦ずれで雨漏りは起こらない?原因・費用例まとめ

今回は、瓦ずれによる雨漏りの原因や費用についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

瓦ずれが起こると、瓦の下にあるルーフィングなどの防水下地の劣化を早める原因になる可能性があります。

そのため、瓦ずれを見つけたときは早めに修繕を行うことをおすすめいたします。

生活救急車では瓦屋根の修繕を承っておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。まずは、現地見積もりからご対応させていただきます。