さらに条件を追加する
LIBRARY

浴室の折れ戸が閉まらない・開かないときの対処法を解説

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
浴室の折れ戸が閉まらない・開かないときの対処法を解説

説明 浴室の折れ戸が開閉できなくて困っていませんか?浴室は気密性が高いことから扉の操作が重く感じる場合があります。これは自分で調節や設置し直しを行うことで改善される場合があるため、業者に依頼する前に挑戦してみるのもおすすめです。そこで今回は浴室の折れ戸が閉まらない・開かない時の対処法をご紹介します。

浴室の折れ戸が開閉できなくて困っていませんか?

浴室は気密性が高いことから扉の操作が重く感じる場合があります。また部品がきちんと取り付けられていないと閉まらない・開かないなどの症状が起こります。

これらは自分で調節や設置し直しを行うことで改善される場合があるため、業者に依頼する前に挑戦してみるのもおすすめです。

そこで今回は浴室の折れ戸が閉まらない・開かない時の対処法をご紹介します。


浴室の折れ戸の寿命と劣化の原因とは

浴室の折れ戸の寿命と劣化する原因をご紹介します。



折れ戸の耐用年数はどのくらい?

浴室のドアでよく使われているのが「折れ戸」です。この折れ戸はドアが真ん中で2つに折れて開くことで、多くの場所を取らないというメリットがあります。このため余分なスペースが必要なく、狭い浴室でも設置が可能です。また、設置価格が安いという点も特徴です。

折れ戸などの浴室ドアの耐用年数は、15~25年前後といわれています。使用頻度や状況によってはさらに早く故障してしまう場合もあるため、定期的な点検を行っておくといいでしょう。

特に水場は水分やせっけん、人のアカなどの汚れが付きやすいためきちんと掃除を行わないと劣化し、ドアの開閉が行いにくくなってしまいます。

できるだけ長く使い続けるためにも、浴室を使い終えたら軽く掃除を行う習慣をつけておくことがおすすめです。


折れ戸が閉まらない原因

この折れ戸は気密性を高めているため、ドアの開き始めと閉じ終わりが重く感じる場合があります。このような場合は、折れ戸の固定ネジを調節することで改善されます。

調節してもドアが閉まらない・開かないなどの症状が改善されない場合は、ドア下方の下枠カバーがきちんと取り付けられていない可能性も考えられます。

調節やカバー取り付け直しは自分でも行うことができるため、下記で紹介している手順に沿って行ってみてください。


>>>浴室の折れ戸が閉まらない・開かないときの対処法

これらを試しても直らないときは、メーカーや業者に修理を依頼することをおすすめします。



折れ戸が開かない原因

ドアが全く開かないときは、施錠されている場合があります。折れ戸の鍵は浴室の外からでもかけられる場合がほとんどのため、誰も使っていなくても鍵がかかっている可能性が考えられます。一度鍵がかかっていないか確認し、かかっている場合は解錠しましょう。

鍵も開いているのに開かないという場合は業者に依頼して修理やドアの交換を行ってもらう必要があります。

万が一どうしても扉を開けなければならない場合は、扉を外して対応しましょう。扉の外し方・取り付け方を下記の項目でご紹介しています。よろしければ参考にしてみてください。


>>>折れ戸が開かなくなってしまったときの対処法

浴室の折れ戸が閉まらない・開かないときの対処法

浴室の折れ戸が閉まらない・開かない時の対処法をご紹介します。


折れ戸のネジを調節する方法

気密性が高い浴槽の場合はドアの操作が重く、開閉がしにくいと感じることがあります。この場合はドアについているネジを調節することでドアの操作を行いやすくすることができます。


※ここで紹介する方法はあくまで一例となります。作業を行う際は、必ず付属の取扱説明書やメーカーのホームページを確認してから行いましょう。


  • 【準備するもの】
  • ・プラスドライバー

  • 【調整の手順】
  • 1.折れ戸を閉めた状態から始める
  • 2.折れ戸の中央下部についている、ネジ隠しのキャップを開く。
  • 3.中のラッチ固定ネジが確認出来たら、プラスドライバーを使ってネジが上下に動く程度まで緩める。
  • 4.ドアを閉めたまま少しずつネジを上にあげて、ラッチの位置(ラッチのかかり具合)を調節します。
  • 5.位置が決まったら、プラスドライバーでしっかりネジを固定する。
  • 6.浴室の窓、折れ戸を閉めた状態で換気扇や乾燥機をオンにし、勝手にドアが開かないか確認する。開いてしまう場合はラッチのかかり具合が弱すぎるため、上記の手順でもう一度調節する。


参考サイト:TOTOお客様サポート 浴室ドアの動きをよくしたい


下枠カバーを取り付け直す

上記の手順で改善できないときは、こちらの方法も試してみてください。この方法も折れ戸の種類やメーカーによっ、て外し方・取り付け方が異なります。

無理やり行うと故障してしまう可能性があるため、必ず専用の取扱説明書やメーカーのホームページを見ながら作業を行ってください。


  • 【下枠カバーを取り付け直す手順】
  • 1.折れ戸を閉めた状態で浴室内から作業を行う。
  • 2.下枠カバーの両端についているロックを内側にずらす。
  • 3.下枠カバーを引き上げて外す。
  • 4.もう一度設置し直し、ロックを外側にずらす。


折れ戸が開かなくなってしまったときの対処法

鍵がかかっていないのに折れ戸が開かないときは、下記の手順で扉自体を外すことができます。「どうしても今すぐ開けたい」というような非常の際は、この方法を使いましょう。


※あくまで一例の手順となります。作業を行うときは、専用の取扱説明書やメーカーホームページを確認するようにしてください。

作業に不安がある場合は、業者や工務店に問い合わせをすることをおすすめします。


  • 【折れ戸を取り外す方法】
  • 1.ロックがかかっている場合は浴室外側から解錠し、扉を少し開く。
  • 2.外側から扉の中ざんを押さえ、扉の上部に2箇所ついている脱着ツマミを片方ずつ下げて浴室側に押す。
  • ※両方同時にツマミを外すと扉が倒れることがあり危険なため、必ず片方ずつ行う。
  • 3.『2』の動作を行い、戸車と上部ピボットを外す。
  • 4.吊元側からフィンが引っかからないように注意し、扉を折りたたみながら外す。
  • 5.扉を折りたたんで上へ持ち上げて下戸車、下ピボットを取り外す。


  • 【外した折れ戸を元に戻す方法】
  • 1.扉を浴室内に運びこむ。
  • 2.扉を傾けながら下部についているピボットに差し込み、下戸車をレールに設置する。
  • ※向きに注意。設置するときは、下戸車の長辺側を吊元側に向けるようにする。
  • 3.扉上部についている吊元側の着脱ツマミを下げながら扉を起こして、軸を軸受け穴にはめ込み、着脱ツマミを上げる。
  • 4.扉上部戸先側の着脱ツマミを下げながら扉を起こして上戸車をレールに設置する。
  • ※向きに注意。設置するときは、下戸車の長辺側を吊元側に向けるようにする。


浴室の折れ戸が閉まらない・開かないときの対処法まとめ

今回は、折れ戸が閉まらない・開かないときの対処法をご紹介しました。

浴室は気密性が高められている場合が多いため、どうしてもドアの操作が重く感じることがありますが、ラッチの調節を自分で行うことで改善できる場合があります。

しかし、今回紹介した方法を試してみても直らない場合は、メーカーや業者に依頼して修理を行ってもらいましょう。