さらに条件を追加する
LIBRARY

U9のシリンダーの交換価格はいくら?料金事例や種類・防犯性も解説

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
U9のシリンダーの交換価格はいくら?料金事例や種類・防犯性も解説

説明 鍵をU9のシリンダーに交換する場合の費用が、いくらになるのかわからなくてお困りではありませんか?鍵を交換するときは、費用や防犯性など知っておきたいことも多いと思います。そこで今回は、U9のシリンダーの交換価格や料金事例、種類、防犯性などについてご紹介したいと思います。

鍵をU9のシリンダーに交換する場合の費用が、いくらになるのかわからなくてお困りではありませんか?

U9は国内の鍵メーカー「MIWA」が製造・販売しており、色々なwebサイトや設置業者が名前を出すので候補として検討されている方も多いと思います。

しかし、鍵を交換するときは、「具体的にいくらくらいかかるのか」「安価なぶん、防犯性はどうなっているのか」など知っておきたいことも多いと思います。

そこで今回は、U9のシリンダーの交換価格や料金事例、種類、防犯性などについてご紹介したいと思います。


U9シリンダーとはどんな鍵?

U9(ユーナイン)シリンダーは、鍵のメーカー「MIWA」が製造・販売しているシリンダーの一種です。

コストパフォーマンスに優れており、一戸建て・マンションなどに限らず、幅広い建物の出入口に採用されています。

まずは、U9シリンダーの特徴についてご紹介したいと思います。

U9シリンダーは「ロータリーディスクシリンダー」

U9シリンダーは、「ロータリーディスクシリンダー」という種類のシリンダーが使われています。

ロータリーディスクシリンダーは、鍵穴内部に円盤状の部品が入っている「ディスクシリンダー」の改良版です。

「ピッキングされやすい」といったディスクシリンダーのデメリットを対策し、耐ピッキング性能などの防犯性を向上させたシリンダーとなっています。

また、ロータリーディスクシリンダーは部品代が比較的安価のため、「ピンシリンダー」などを採用しているほかのシリンダーよりも低コストという特長もあります。

U9シリンダーの耐ピッキング性能は10分以上

シリンダーの防犯性では、「耐ピッキング性能」が基準の1つとなっています。

耐ピッキング性能は、不正開錠の手口の1つであるピッキングにどれだけ耐えられるかを時間(分)であらわしています。

U9シリンダーの耐ピッキング性能は10分以上となっていますが、これはピッキングに10分以上の時間を要することを意味します。

「侵入に5分以上かかると7割以上の侵入盗は侵入を諦める」という統計データも出ていることから、U9のシリンダーはピッキングに強い鍵といえるでしょう。

参考サイト:警察庁・住まいる防犯110番

U9シリンダーの耐鍵穴壊し性能は3種類から選べる

シリンダーの防犯性能の基準は、耐ピッキング性能のほかに「耐鍵穴壊し性能」もあります。

耐鍵穴壊し性能とは、バンピングやドリル破壊などシリンダー自体を破壊して不正開錠する手口への耐性を表したものです。

U9シリンダーの耐鍵穴壊し性能は3段階に分かれていて、G1~G3の3種類があります。G3が最も防犯性が高いので、不正開錠対策を重視するときはG3を選ぶといいでしょう。

U9のシリンダーの種類を紹介

U9はシリンダーの商品名ですが、U9の中にもいくつか種類があります。

初期に製造されたシンプルな種類や、改良が加えられた新しい種類などがあり、それぞれ形状や性能に違いがあります。

ここからは、U9のシリンダーにはどんな種類があるのかをご紹介したいと思います。

初期に製造・販売されたものは防犯性があまり高くない

U9の特徴として、「耐ピッキング性能10分以上」「3段階の耐鍵穴壊し性能」などをご紹介しましたが、これらは比較的最近に製造されたU9シリンダーの性能となります。

初期のU9シリンダーはピッキング対策はされていますが、鍵穴壊しなどへの耐性が低く、防犯性はあまり高くありません。

「設置から20年以上経っているU9シリンダー」の場合、不正開錠への対策が充分ではない種類の可能性があるため、新しいシリンダーに交換することも検討した方がいいでしょう。

>>>U9のシリンダー交換を業者に依頼した場合の費用について

2001年以降製造のU9シリンダーは防犯性が上がっている

初期のU9シリンダーを改良して作られたのが、2001年以降のU9シリンダーです。

耐ピッキング性能に加えて3段階の耐鍵穴壊し性能も備えており、初期のタイプより防犯性が向上しています。

U9に限らず、鍵は製品シリーズが同じでも年代で防犯性能が異なることがあるので、防犯性を重視される方は直近に製造されたものを使われることをおすすめします。

U9のシリンダー交換を業者に依頼した場合の費用について

U9のシリンダー交換をする場合、鍵の業者に作業を依頼することをおすすめしております。

業者の方に在庫があれば、手元にシリンダーがなくても交換することができます。

しかし、業者に依頼するときは費用がいくらかかるのかが気になりますよね。

そこでここからは、U9のシリンダー交換を業者に依頼した場合の費用についてご紹介いたします。

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


生活救急車でU9のシリンダー交換を行った料金事例

U9のシリンダー交換にかかる費用は、作業内容やシリンダーの種類などによって異なります。

具体的な料金を知りたいときは、業者に相談して現地での見積もりを依頼することをおすすめいたします。

ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車でU9のシリンダー交換を行った料金事例をご紹介したいと思います。

玄関のシリンダーをU9に交換

【料金合計:16,200円】

引っ越しによる鍵交換で、もともとついている鍵(U9)と同等のものへの交換をご希望ということで同じU9シリンダーに交換。

>>>この事例の詳細を見る

玄関のU9シリンダーを新品に交換

【料金合計:23,760円】

玄関の鍵をほかの人が持っているかもしれないとのことで、玄関扉に2つついている鍵のうちの1つを、U9シリンダーに交換。

>>>この事例の詳細を見る

玄関の開錠と鍵交換(U9)

【料金合計:42,120円】

玄関ドアのカギがないため、カギ作製と解錠のご依頼をいただきました。解錠させていただき、カギ作製ではなくU9シリンダーに交換。

>>>この事例の詳細を見る

U9のシリンダーの交換価格・料金事例・防犯性まとめ

今回は、U9のシリンダーの交換価格・料金事例・防犯性などについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

U9のシリンダーは、コストパフォーマンスに優れていると同時に、一定以上の耐ピッキング性能も備わっている価格と防犯性のバランスが取れた鍵です。

「家の鍵の防犯性が心配だから」「今使っているU9が古いタイプの種類だから」などでU9シリンダーに交換をしたいときは、まず鍵の業者に相談することをおすすめいたします。

生活救急車ではシリンダーの交換作業を承っておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。まずは、現地見積もりからご対応させていただきます。