さらに条件を追加する
LIBRARY

洗面台蛇口の水漏れを自分で直す方法~原因調査のやり方から紹介~

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
洗面台蛇口の水漏れを自分で直す方法~原因調査のやり方から紹介~

説明 洗面台の蛇口から水漏れしていてお困りではありませんか?自分で水漏れを修理する場合は「水漏れ箇所をどうやって調べるのか」「部品交換のやり方は?」などわからないことも多いですよね。そこで今回は、洗面台蛇口の水漏れを自分で直す方法についてご紹介したいと思います。

洗面台の蛇口から水漏れしていてお困りではありませんか?

「自分で直してみたい」と思っていても、原因がわからないとなかなか手が出せないですよね。

蛇口の水漏れを修理する場合、まず原因箇所はどこかを調べてから部品交換などの修理作業を始めることが大切です。

そこで今回は、洗面台蛇口の水漏れを自分で直す方法についてご紹介したいと思います。

洗面台蛇口の水漏れ原因調査1.蛇口の種類を調べる

洗面台に設置される蛇口には、いくつか種類があります。

蛇口の種類によって使用されている部品や原因箇所が異なるため、まずはお使いの蛇口の種類を確認しておきましょう。

ハンドルタイプ

ハンドルを回して水栓を開けるタイプの蛇口です。

お湯も出せるタイプの蛇口は、給水用と給湯用の2つのハンドルが取り付けられており、「2ハンドル混合水栓」と呼ばれています。

レバータイプ

レバーを動かして水栓を開けるタイプの蛇口です。上下、左右にレバーを動かすことで水量や温度を調節します。

ハンドルタイプより複雑な構造をしていますが、原因箇所が判明すれば自力で修理することは可能です。

洗面台蛇口の水漏れ原因調査2.水漏れの箇所を調べる

蛇口の種類を確認したら、次は実際に蛇口のどの部分から水が漏れてきているのかを調べてみましょう。

蛇口は複数の部品を組み合わせて作られているため、水漏れの箇所がわかれば不具合を起こしている部品の見当をつけることができます。

また、蛇口を分解して水漏れ箇所の部品の劣化や破損を調べることで、原因をより特定しやすくなります。

蛇口の根元からの水漏れ

水を出しているときに蛇口の根元から水が漏れてくる症状の場合、パッキンの劣化が原因となっている可能性があります。

蛇口はさまざまな箇所にパッキンが取り付けられていますが、基本的に蛇口の内部に取り付けられているので外から見ただけではわかりません。

パッキンの状態を直接見たい場合は、蛇口を分解する必要があります。分解方法については、後ほどご紹介いたします。

スパウト部分からの水漏れ

スパウトとは、蛇口から水を出すパイプ状の部品です。水が出る部分は、吐水口と呼ばれています。

吐水口と反対側のスパウトは蛇口の本体や給水管とつながっており、スパウト内部のゴムパッキンが劣化することで水漏れがおこる可能性があります。

また、レバータイプの蛇口の場合、内部にバルブカートリッジという部品が取り付けられています。

バルブカートリッジはお湯と水の量を調節するための部品ですが、バルブカートリッジの故障や劣化も水漏れの原因となることがあります。

吐水口からの水漏れ

ハンドルタイプの蛇口の吐水口から水漏れしているケースでは、ケレップ(コマパッキン)の劣化・破損が原因の可能性があります。

ケレップは、パッキンと同様にゴム製の部品で、給水管から蛇口に水が流れ出さないようにするはたらきがあります。コマのような形をしているので、コマパッキンとも呼ばれています。

ケレップのゴムが劣化して隙間ができると、給水管からの水をふさぐことができなくなってハンドル部分から水漏れすることがあります。

ハンドルからの水漏れ

ハンドルの下からの水漏れは、レバータイプの場合はバルブカートリッジ、ハンドルタイプの場合はパッキンが原因となっている可能性があります。

ハンドルは蛇口を使うたびに稼働する部分なので、経年劣化が発生しやすい部品でもある点に注意しましょう。

「ハンドルが固い」「ハンドルががたつく」などの症状も、経年劣化のサインの一つです。

部品どうしのつなぎ目からの水漏れ

蛇口の水漏れは、パッキンやバルブカートリッジなどの部品の劣化のほかに、部品どうしの固定がゆるんでいることが原因で発生するケースもあります。

この場合は、ゆるんでいる部分のねじを締め直せば水漏れを解消できます。

洗面台蛇口の水漏れを自分で直す方法

水漏れの原因や箇所によっては、業者に依頼せず自分で直すことができるケースもあります。

パッキンなどの部品の清掃・交換や、ゆるんだ部品の調整などは、いくつかの道具をそろえればDIYでも修理ができます。

そこでここからは、洗面台蛇口の水漏れを自分で直す方法をご紹介したいと思います。

水漏れ修理の前に準備しておくこと

水漏れ修理を行う際は、道具を用意する、水をあふれさせないための対策をする、などの準備が必要となります。

これからご紹介する内容を確認しながら、準備を進めてみましょう。

修理するときは止水栓を閉めておく

水漏れ修理の際は、作業前に止水栓を閉めて水が出ない状態にしておきましょう。止水栓を開けたまま蛇口を分解すると、水が噴き出して室内が水びたしになるおそれがあります。

洗面台の止水栓は、洗面台の下にある排水管に取り付けてあることが多いです(収納スペースで隠れている場合もあります)。

蛇口のハンドルがついている止水栓は、手で閉めることができます。溝がついているタイプの止水栓は、マイナスドライバーを差し込んで回して閉めましょう。

必要な道具

  • ・六角レンチかドライバー(プラス・マイナスは蛇口のねじの形に合わせる)
  • ・モンキーレンチ(またはウォーターポンププライヤー)

上記の道具のほかに、パッキンやキャップなど細かい部品を取り出すためのピンセットや、蛇口を外すときに底を固定するのに使う水栓レンチなどがあると便利です。

パッキンを交換する

水漏れ箇所のパッキンが破損していたり、ゆるんで隙間ができているときはパッキンを交換してみましょう。

交換用のパッキンは、ホームセンターなどで購入できます。パッキンの形やサイズは元々のパッキンと同じものを選ぶ必要があるので、間違えないように実物を持ってきて見比べながら探すといいでしょう。

また、交換後は止水栓を開けて水を出し、水が出るかどうか、水漏れしていないかどうかを確認しておきましょう。

ハンドルのパッキン交換の手順

ハンドルタイプの蛇口に取り付けてあるハンドルのパッキン交換方法をご紹介いたします。

1.ねじをドライバーなどでゆるめて、ハンドルを外します。ねじ穴はキャップ(赤・青の表示部分)の下に隠れていることがあるので注意しましょう。

2.カバーナットを外します(必要に応じてモンキーレンチを使用します)。

3.パッキンを交換したら、分解したときと反対の手順で蛇口を組み立てます。

スパウト部分のパッキン交換の手順

レバータイプの蛇口の、スパウト部分に取り付けてあるパッキンの交換方法をご紹介いたします。

1.レバーの根元などについているねじを、六角レンチやドライバーでゆるめて外します。ねじはキャップ(赤・青の表示部分)で隠れていることがあるので注意しましょう。

2.レバーを上に引き抜きます。

3.カバーナットをモンキーレンチで回して取り外します(かなり固いことがあります)。このとき、少し水があふれてくることがあります。

4.カートリッジを取り外します。

5.スパウトを引き抜きます。

6.パッキンを交換したら、(1)~(5)と反対の手順で蛇口を取り付け直します。

ケレップ(コマパッキン)を交換する

ケレップもパッキンと同様に、ホームセンターで交換用の部品を購入することができます。

ケレップの劣化が原因で水漏れしているときは、下記の手順でケレップを交換してみましょう。

1.ねじをドライバーなどでゆるめて、ハンドルを外します。ねじ穴はキャップ(赤・青の表示部分)の下に隠れていることがあるので注意しましょう。

2.カバーナットを外します(必要に応じてモンキーレンチを使用します)。

3.パッキン、座金、スピンドルを外すとケレップが確認できます。

4.ケレップを交換したら、(1)~(3)と反対の手順で蛇口を取り付け直します。

パッキン・ケレップを清掃する

パッキン・ケレップが原因での水漏れは、ゴムの劣化のほかに「本体との間にゴミなどの異物がはさまった」というケースもあります。

この場合は清掃で異物を取り除けば水漏れを解消できるため、部品交換をしなくても直せる可能性があります。

交換のときと同様の手順で蛇口を分解し、水漏れ箇所のパッキンを雑巾などで清掃してみましょう。

バルブカートリッジを交換する

レバータイプの蛇口のカートリッジが故障した場合、吐水口、レバー、スパウトなどから水漏れすることがあります。

パッキンの交換で水漏れが直らないときは、バルブカートリッジを交換してみましょう。

交換するときはスパウトのパッキンを交換する手順と同様に進めることができますが、バルブカートリッジの場合は取り付けるときの向きに注意しましょう。

向きを間違えると、温度調節の切り替え方が逆になってしまうことがあります。

部品交換で水漏れが解消しないときの対処法

パッキンなどの部品交換をしても水漏れが直らない場合、蛇口本体が摩耗して隙間ができていることが原因となっている可能性が考えられます。

本体が劣化・破損している場合は、蛇口を全体交換する必要があるため、水道業者に連絡をして交換作業を依頼することをおすすめいたします。

また、「蛇口交換を自分でやってみたい」というときは、下記のページなどを参考にしてみてはいかがでしょうか。

>>>キッチンの蛇口を交換する方法と業者に依頼した料金・費用

洗面台蛇口の水漏れを自分で直す方法まとめ

今回は、洗面台蛇口の水漏れを自分で直す方法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

自分で水漏れ修理をする場合、パッキンやバルブカートリッジなどの部品交換をするのが主な方法となります。

修理の際は、「どの部品を交換したら直るのか」を把握するために原因箇所を調査しておくことをおすすめいたします。

しかし、構造が複雑なタイプの蛇口などは、自力で原因を特定することや交換作業が難しく感じる可能性もあります。個人で対応するのが無理だと感じたときは、水道業者に相談することをおすすめいたします。

生活救急車では水回りのトラブルに対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。まずは、現地見積もりからご対応させていただきます。