さらに条件を追加する
LIBRARY

キッチンの蛇口水漏れ修理のやり方

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
キッチンの蛇口水漏れ修理のやり方

説明 キッチンの蛇口から水漏れして困っていませんか?原因を突き止めることで、自分で修理ができる場合があります。そこで今回は、キッチンの蛇口水漏れ修理のやり方をご紹介します。

キッチンの蛇口から水漏れして困っていませんか?

キッチンの蛇口は主に2種類に分けられていて、それぞれ水漏れの原因が異なります。原因を突き止めることで、自分で修理ができる場合があります。

そこで今回は、キッチンの蛇口水漏れ修理のやり方をご紹介します。


キッチンの蛇口の種類

水漏れの原因は、蛇口の種類や水漏れ場所によって異なるため、まずは蛇口の種類を知っておく必要があります。

最近使われている主なキッチンの蛇口は以下の2種類です。


シングルレバー混合水栓

最近建てられた家は、ほとんどがこのタイプの水栓が取り付けられています。1つのレバーで開閉や、温度調節が可能となっています。

一般的にこの水栓には、「バルブカートリッジ」という部品が取り付けられていますが、この部品が故障・劣化することで水漏れが起こる場合が多いです。

比較的簡単に交換できるため、DIYで修理をする人もよく見られます。


ハンドル混合水栓

築年数の古い家庭で取り付けられていることが多い水栓です。2個のハンドルがついており、ハンドルをそれぞれ回して開閉、温度調節を行います。

上の水栓と異なり、バルブカートリッジはついていないため、水漏れの原因はほとんどがハンドル部分のパッキンの劣化によるものです。


シングルレバー混合水栓の水漏れ

シングルレバー混合水栓から水漏れしている場合の、原因と修理方法をご紹介します。


ハンドルレバー下から水漏れしている場合

シングルレバー混合水栓は、レバーを上下して水を出す仕組みになっています。通常はレバーを上げると吐水口から水が出ますが、劣化してくるとハンドル下から水が漏れ出して来ることがあります。

これは、混合水栓の重要な部品である「バルブカートリッジ」が消耗することが原因です。劣化が進むと水が勢いよく吹き出すこともあるので、放置せずにバルブカートリッジまたは本体の交換を行いましょう。


バルブカートリッジ交換方法

バルブカートリッジの交換方法をご紹介します。手順に沿って行えば、自分でもDIYすることが可能です。しかし、メーカーや型によって部品や設置方法が異なる場合があるので、交換を行う際は必ず取扱説明書に従って行ってください。


  • 【準備するもの】
  • ・マイナスドライバー
  • ・竹串
  • ・ラジオペンチ

  • 1.止水栓を、時計回りに回して止める。
  • 2.レバー部分を上に引き抜いて取り外す。
  • 3.内部の部品を、止めバネ→スペーサー→ストッパーの順に、マイナスドライバーを使って取り外す。
  • 4.カートリッジ押さえを左に回して外す。
  • 5.マイナスドライバーを差し込み、古いカートリッジを引き抜く。
  • 6.ラジオペンチで、フレアパッキンとバネを取り外す。
  • 7.新しいフレアパッキンとバネを竹串に通し、穴にはめる。
  • 8.新しいカートリッジを取り付ける。
  • 9.取り外した部品を取り付けて元に戻す。
  • 10.止水栓を開いて水漏れがないか確認する。

スパウト(蛇口の胴体)上下から水漏れしている場合

シングルレバー混合水栓はいくつかのパーツを組み合わせて作られており、その中の吐水口がついた胴体部分を「スパウト」と呼びます。

このスパウトの上下は水漏れが起こりやすく、レバーを上げて水を出すと水が滴るように漏れ出してきます。

ここでの水漏れもレバー下同様、バルブカートリッジの劣化が原因で起こります。しかし、10年以上使用している水栓の場合、部品交換を行っても水漏れが止まらないこともあります。

これは、スパウトの継ぎ目に取り付けてあるパッキンが劣化しているからです。このような場合は部品交換ではなく、本体ごと交換したほうが長く使うことができるのでおすすめです。


吐水口から水漏れしている場合

蛇口の水漏れで特に多いのが、吐水口から水が滴り落ちてくる事案です。レバーを下までしっかり落としていても、ポタポタ水が垂れてくるのを見たことがある人は多いと思います。

少量の水漏れのため、放置してしまいがちですがそのままにしておくと水道代が高くなってしまうので厄介です。

この水漏れも、バルブカートリッジの劣化が原因となります。部品交換、本体の交換で対処しましょう。


止水栓接続部分から水漏れしている場合

あまり目につかない部分で気づきにくいですが、止水栓の接続部分からも水漏れもすることがあります。これは、ナットの緩みやパッキンの経年劣化にが原因です。

止水栓から水漏れすると床が濡れるため、放置するとカビが発生したり、マンションなどの集合住宅の場合、下の階まで水漏れが起こってしまうなどの危険があるため、迅速な対応が必要となります。

ナットが緩んでいるときは、モンキーレンチで締めなおしておきます。パッキンが劣化しているときは、止水栓を止めてナットを外し、中に入っているパッキンを新しいものに交換しましょう。


ハンドル混合水栓の水漏れ

ハンドル混合水栓から水漏れが起きている時の原因と修理方法をご紹介します。


ハンドル部分から水漏れしている場合

ハンドル混合水栓の水漏れで特に多いのが、このハンドル部分からの水漏れです。1日に何十回も開け閉めを繰り返すことで負担がかかり、内部の部品が劣化してしまいます。

特に劣化しやすいのが、ハンドル下に取り付けてあるナットのパッキンです。止水・吐水を行うためのこの部品が擦れて劣化し、水漏れが起こります。パッキンの劣化が原因なら、部品交換を行いましょう。

また、ナットの緩みが原因で水漏れが起こることがありますが、この場合はナットを締めなおすことでほとんど改善されます。


パッキンの交換方法

以下の方法でパッキンを交換することができます。手順に沿って行えば、自分でもDIYすることが可能です。

しかし、メーカーや型によって部品や設置方法が異なる場合があるので、交換を行う際は必ず取扱説明書に従って行ってください。


  • 【準備するもの】
  • ・新しいパッキン
  • ・精密ドライバー
  • ・プラスドライバー
  • ・ウォーターポンププライヤー

  • 1.止水栓・元栓を閉める。
  • 2.ハンドル部分についているカラーキャップを精密ドライバーで
  • ひっかけて外す。
  • 3.十字ネジをプラスドライバーを使って緩め、ハンドルを外す。
  • 4.ウォーターポンププライヤーを使ってナットを外す。
  • 5.古い水栓ケレップとコマパッキンを回して外す。
  • 6.新しい水栓ケレップを時計回りに回して取り付け、新しいコマパッキンをはめる。
  • 7.三角パッキンも同様、新しいものに交換する。
  • 8.部品を元に戻す。
  • 9.止水栓・元栓を開いて水漏れがないか確認する。

パイプ接続部分から水漏れしている場合

水栓とパイプの接続部分から水漏れしているときも、取り付けられているパッキンが劣化してしまうことが原因です。

一度に大量に水漏れが起こるわけではありませんが、パッキンを交換しないと止まらず、水道代が無駄になってしまうので早めの対処をおすすめします。

パッキンの劣化以外にもナットの緩みが考えられますが、この場合はナットを締めなおすことで大抵は改善されます。


吐水口から水漏れしている場合

ハンドル混合水栓でも、吐水口から水漏れが起こることがあります。これはハンドルのパッキンが劣化することで、ハンドルを完全に締めることができないために起こります。

ハンドルを強く締めても、パッキンが仕事をしないと水が止まりません。この場合は、ハンドルのパッキンを交換することで改善されます。


修理を業者に依頼する

自分で作業を行うことに自信がない時は、メーカーや業者に依頼して修理・交換を行うことがおすすめです。

無理をして自分で行おうとすると、他の場所を傷つけたり、故障させる原因になることがあります。完全に故障してしまうと、本体ごと交換するしかなくなってしまいます。

作業に慣れていなかったり、途中で分からなくなってしまったときは、すぐにメーカーや業者に連絡しましょう。


キッチンの蛇口水漏れ修理のやり方まとめ

今回は、キッチンの蛇口水漏れ修理のやり方をご紹介しました。

蛇口には種類があり、それぞれ水漏れの原因や修理方法が異なります。基本的には部品を交換することで改善される場合が多く、自分で解決することができます。

しかし、長年使っている蛇口の場合は、交換しても水漏れが直らないこともあります。このような時は本体の交換が必要です。

ですが本体の交換となると、自分で行うのは少々難しいため、メーカーや業者に依頼するといいでしょう。

生活救急車でも、蛇口の修理・交換を承っております。水漏れでお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。