さらに条件を追加する
LIBRARY

混合水栓のバルブカートリッジ交換のやり方・手順

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
混合水栓のバルブカートリッジ交換のやり方・手順

説明 混合水栓のバルブカートリッジの交換方法をご存じですか?業者に依頼してもいいですが、手順にしたがって行えば自分で交換することもできます。そこで今回は、混合水栓のバルブカートリッジの交換のやり方・手順をご紹介します。

混合水栓のバルブカートリッジの交換方法をご存じですか?

蛇口のトラブルの主な原因は、このバルブカートリッジの劣化によるものがほとんどです。業者に依頼してもいいですが、手順にしたがって行えば自分で交換することもできます。

そこで今回は、混合水栓のバルブカートリッジの交換のやり方・手順をご紹介します。


混合水栓のバルブカートリッジが劣化するとどうなる?

バルブカートリッジという部品をご存じですか?これは、混合水栓の心臓部といわれるほど、重要な部品です。水量や温度の調節を行っています。

このバルブカートリッジが劣化すると、さまざまなトラブルが起こりますが、よく見かけるトラブルは『水漏れ』です。

蛇口は10年ほど使用するとだんだん劣化し、バルブカートリッジなどの内部の部品が故障します。これにより、蛇口の水をきちんと止めたはずなのに水がポタポタ垂れてきたり、蛇口の胴体から水が出てきたりする問題が起こります。

また、蛇口のレバーが重くなり操作がしづらくなることもあります。


バルブカートリッジの交換方法

バルブカートリッジは、手順に沿って行えば自分で交換することもできます。


新しいバルブカートリッジを購入する

バルブカートリッジは消耗品で、メーカーの公式ホームページやネットショップなどで購入することができます。

購入するときはメーカー、型番をしっかり確認して間違えないように気をつけましょう。

型番に合ったバルブカートリッジは、メーカーのホームページで調べることができます。(ホームページでは、カートリッジを交換するうえで必要な説明書がダウンロードできるので、印刷しておくとスムーズに進められると思います。)

万が一分からなかった時は、メーカーへ直接電話で問い合わせするのがおすすめです。

また、蛇口の中にあるカートリッジ押さえの種類によっては、専用の工具が必要な場合があります。カートリッジとともに事前に購入しておきましょう。

一般的にカートリッジ押さえは、「ストッパータイプ」、「ストッパータイプ(止めバネ付き)」、「六角タイプ」、「ボックスタイプ」の4種類です。


バルブカートリッジの交換方法

新しいバルブカートリッジが準備できたら交換作業を行います。しかし、ここでご紹介する手順はあくまで一例となります。

詳細は、メーカーのホームページや取扱説明書を確認して行ってください。


  • 【準備するもの】
  • ・新しいバルブカートリッジ
  • ・マイナスドライバー
  • ・竹串
  • ・ラジオペンチ

  • 1.止水栓を時計回りに回して閉める。
  • 2.レバー部分を上に引き抜き、分解する。
  • 3.内部の部品を止めバネ→スペーサー→ストッパーの順にマイナスドライバーを使って取り外す。
  • 4.カートリッジ押さえを左に回して外す。
  • 5.マイナスドライバーを使って、古いカートリッジをてこの原理で取り外す。
  • 6.中のフレアパッキンとバネをラジオペンチで取り外す。(欠損したパーツがないか確認する。)
  • 7.新しいバネとフレアパッキンを竹串に通し、穴にはめ込む。
  • 8.新しいバルブカートリッジをはめ込む。
  • 9.取り外した部品を外した時と逆順に取り付ける。
  • 10.止水栓を開け、水漏れがないか確認する。

自信がない時は業者に依頼する

DIYの経験が全くないと、自分で行うのが不安な人もいると思います。そんな時は、メーカーや業者に依頼して交換を行ってもらうのがおすすめです。

また、途中まで作業したけど分からなくなってしまった時も同様です。無理をして行うと、他の場所を傷つけてしまったり故障してしまう原因になります。


買い替えが必要なこともある

蛇口は10年を過ぎると、さまざまな箇所が劣化しトラブルが起こりやすくなります。長年使っている蛇口は、バルブカートリッジを交換しても問題が解決されないことも考えられます。

このような場合、修理ではなく蛇口ごと交換するという案も視野に入れておきましょう。修理の方が安く済むと思いがちですが、先のことを考えると交換を行ったほう

が、コストを安く抑えられる場合もあります。

混合水栓のバルブカートリッジ交換のやり方・手順まとめ

今回は、混合水栓のバルブカートリッジ交換のやり方・手順をご紹介しました。

混合水栓の部品の中でも特に重要なバルブカートリッジは、年々劣化すると水漏れなどのトラブルが起きてしまう原因になります。

バルブカートリッジの交換は比較的簡単に行えるため、少しでも異常を感じたら早めに交換することをおすすめします。

万が一、DIYを行うことに抵抗があるときは、メーカーや業者に依頼することで交換を行ってもらえます。生活救急車でも、蛇口の修理・交換作業を行っております。

お困りのときはお気軽にお問い合わせください。