さらに条件を追加する
LIBRARY

混合水栓のレバーの動きが悪い・固い原因と修理方法とは?

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
混合水栓のレバーの動きが悪い・固い原因と修理方法とは?

説明 混合水栓のレバーが固くて困っていませんか?長年使っていると部品が劣化したり、汚れが付着することでレバーの動きが悪くなってしまうことがあります。そこで今回は、混合水栓のレバーの動きが悪い・固い原因と修理方法をご紹介します。

混合水栓のレバーが固くて困っていませんか?

長年使っていると部品が劣化したり、汚れが付着することでレバーの動きが悪くなってしまうことがあります。毎日使うものの動きが鈍いと、ストレスがたまりますよね。

そこで今回は、混合水栓のレバーの動きが悪い・固い原因と修理方法をご紹介します。


混合水栓のレバーが固い原因

混合水栓のレバーが固くなってしまったら、以下の原因が考えられます。


洗剤

蛇口に付いた汚れを落とそうとして使った洗剤が入り込んでしまい、動きが悪くなってしまうことがあります。特に、クレンザーは要注意です。

洗剤は内部のグリスを減らしてしまうため、悪循環を生んでしまいます。蛇口メーカーが推奨している水栓専用の洗剤を使用するか、洗剤が中に入り込まないように気を付けて掃除をするようにしましょう。


サビやミネラルの結晶化

水回りは、基本的にサビに強いステンレス素材が使われることが多いですが、長い間使うことでいつの間にか見えない場所にサビが発生することもあります。

また、水栓周りに白い結晶が付着しているときは、水道水に含まれるミネラル成分が結晶化したものが原因で、動きが悪くなっているかもしれません。


バルブカートリッジの故障

長年使用しているとバルブカートリッジ(混合水栓内にある部品)が劣化し、レバーの動きが悪くなることがあります。


バルブ故障の原因はグリス切れ

蛇口の内部には動きをスムーズにするために、グリスが塗布されています。このグリスは、長く使用すればするほどなくなってしまいます。

ハンドル内部に塗りなおすか、カートリッジを交換することで、改善することができます。


混合水栓の動きが悪い時の修理方法

混合水栓の動きが悪い時は、以下の方法で対処しましょう。


バルブカートリッジの交換

バルブカートリッジは、以下の方法で交換することができます。


  • 【準備するもの】
  • ・マイナスドライバー
  • ・竹串
  • ・ラジオペンチ
  • ・新しいカートリッジ

  • 1.止水栓を止める。
  • 2.レバー部分を上に引き抜き、分解する。
  • 3.中の部品をマイナスドライバーを使って、止めバネ→スペーサー→ストッパーの順にはずしていく。
  • 4.カートリッジ押さえを左に回してはずし、古いカートリッジを取り出す。
  • 5.新しいバネとフレアパッキンを竹串に通して穴にはめたら、新しいカートリッジを取り付ける。
  • 6.取り外した順番と逆の順に部品を取り付ける。
  • 7.止水栓を開け、水漏れがないか確認する。

※この方法は、シングルレバー混合水栓が対象のあくまで一例です。その他の水栓の場合は別の方法のため、種類をよく確認し、基本的には説明書にしたがって行ってください。


蛇口本体を交換

長年使っている混合水栓の場合は、本体ごと交換してしまうのも検討したほうがいいでしょう。

1か所修理を行ったとしても、また別の場所が故障してしまうことも考えられます。何度も修理を行うよりも新しい物に本体を交換してしまうほうが、長い目で見るとコストを押さえることができます。


自分で本体の交換を行う方法

注意点をしっかり確認して行えば、自分で交換することもできます。ここでは、ワンホール混合水栓タイプの方法をご紹介します。


※交換方法はあくまで一例のため、必ず取扱説明書にしたがって行ってください。また、途中で分からなくなってしまったら、すぐに水道業者に連絡するようにしましょう。


  • 【準備するもの】
  • ・モンキーレンチ
  • ・六角レンチ(プラスドライバー)
  • ・マイナスドライバー
  • ・シールテープ
  • ・バケツ
  • ・雑巾

  • 1.給水管・給湯管の止水栓を止める。止水栓がない時は元栓を止める。
  • 2.水栓から出た2本のホースを、モンキーレンチでナットを回してはずす。(ホース内の残留水がこぼれないようにバケツを置いておく。)
  • 3.逆止弁も同じく取り外す。
  • 4.蛇口本体の裏側についている六角ナットを、モンキーレンチを使って取り外す。
  • 5.蛇口本体をゆっくり上から引き抜く。
  • 6.蛇口を取り付けるためのアダプター(上面施工用アダプター)を、取付穴に設置する。
  • 7.取付穴に固定用の金具を取り付け、蛇口本体を金具にはめ込みねじ止めする。
  • 8.水栓本体と接続部分のネジ穴が正面に来ることを確認して、上面施工アダプター自体のネジをしめる。
  • 9.新しい蛇口に取り付ける逆止弁に、パッキンがついているかを確認する。(元の給水管に、古いパッキンがついているときは取り外す。)
  • 10.給水ホースを、逆止弁にカチッと音がするまで差し込む。
  • 11.止水栓を開き、水漏れがないか確認する。

修理・交換を業者に依頼する

バルブカートリッジの交換は自分でも行うことができますが、DIYの経験が全くなかったりすると、不安な人もいると思います。

そんな時は、業者に依頼して交換してもらうのがいちばん安全だと思います。万が一失敗してしまうと他の部品が壊れたり、水漏れが起こる可能性もあります。

自信がない時は、メーカーまたは業者に依頼するようにしましょう。


保証期間内の故障はメーカー依頼

保証期間内にレバーの動きが悪くなることはほとんどないかと思われますが、万が一期間内に故障した場合は、メーカーに連絡するようにしましょう。

期間内でもメーカー以外の業者に依頼してしまうと、保証を受けることができません。保証期間内の修理は無料で行ってもらえるため、利用することをおすすめします。


混合水栓のレバーの動きが悪い・固い原因と修理方法とは?まとめ

今回は、混合水栓レバーの動きが悪い・固い原因と修理方法をご紹介しました。

混合水栓は長い間使い続けることで、内部のパッキンが劣化したり汚れがついてしまうと、レバーの動きが悪くなってしまうことがあります。

このような時は、バルブカートリッジや本体の交換を行うことで改善することができます。自分で行うこともできますが、不安なときはメーカーや業者に依頼しましょう。

生活救急車でも、蛇口の修理・交換を行っております。「レバーの動きが悪いから修理・交換したい」とお考えの方は、お気軽にご相談ください。