さらに条件を追加する
LIBRARY

レバーハンドルの動きが悪いときの直し方~蛇口のレバーが固い原因と…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
レバーハンドルの動きが悪いときの直し方~蛇口のレバーが固い原因と修理方法とは~

説明 レバーハンドルの動きが悪くて困っていませんか?レバーハンドルは消耗品のため、長く使用することで劣化してしまいます。また、蛇口は水が直接付着することで水垢やサビが発生し、蛇口のハンドル部分や内部にトラブルが発生することがあります。そこで今回は、レバーハンドルの動きが悪い原因と修理方法をご紹介します。

レバーハンドルの動きが悪くて困っていませんか?

レバーハンドルは消耗品のため、長く使用することで劣化してしまいます。また、蛇口は水が直接付着することで水垢やサビが発生し、蛇口のハンドル部分や内部にトラブルが発生することがあります。

そこで今回は、レバーハンドルの動きが悪い原因と修理方法をご紹介します。

レバーハンドルの動きが悪い原因

「レバーハンドルの動きが悪い」「蛇口のレバーが固い」など、毎日使う蛇口のレバーの調子が悪くなると気になりますよね。

蛇口のレバーが固くなるのには、いくつかの原因があります。まずは、蛇口のレバーが固くなる原因についてご紹介します。

原因1.部品のグリス(潤滑油)切れ

蛇口のレバーが固くなる原因のひとつが、「蛇口部品のグリス(潤滑油)切れ」です。蛇口の部品には元々、滑りをよくするためにグリスが使われています。しかし、長年使用しているとグリスが切れてしまい、蛇口の部品の動きが悪くなることがあります。

原因2.部品の劣化・サビつき

蛇口などの水回りの設備には、サビにくいステンレスが多く使用されます。しかし、長年の使用によって徐々に劣化したりサビついたりしてしまいます。

蛇口の場合には分解してサビを取り除くことも可能ですが、全てのサビを落すのは難しく限界があります。ゴムパッキンやバルブカートリッジの摩耗や劣化もありますので、部品交換や蛇口の交換を行うのがよいでしょう。

原因3.ミネラルの結晶化

水道水には微量のミネラルが含まれています。放置しておくと水分が蒸発して白い結晶が付着します。

蛇口の表面だけでなく、蛇口内部にもこの白い結晶が長い年月をかけて徐々に溜まっていきます。定期的に掃除をしておかないと結晶が大きくなり、蛇口のレバーが固くなってしまうことがあります。

レバーハンドルの動きが悪いときの直し方

レバーハンドルの動きが悪くなる原因についてご紹介しましたが、実際に自宅のレバーハンドルが固くなった場合、自分で直したいと考える方も多いのではないでしょうか。

ここからは、レバーハンドルの動きが悪いときの直し方をご紹介します。

直し方1.グリスの補充

レバーハンドルの動きが悪くなる原因の一つとして、グリス切れがあげられます。この場合は、グリスを補充することで改善されることがあります。グリスは蛇口を分解し、パッキンに塗ることで動きがよくなります。

補充するグリスは、人が口にしても害のない「水栓用」のグリスを使用しましょう。誤って「工業用」のグリスを使用してしまうと、人体に害を及ぼす影響がありますので注意しましょう。


  1. 【グリスの補充方法】
  2. 1.止水栓または元栓を閉めて、水が出ないようにする
  3. 2.レバーハンドルのキャップを、先端の細い物で引っ掛けて外す
  4. 3.キャップを外した後の穴の中のネジを、プラスドライバーもしくは六角レンチを使いゆるめる(蛇口の種類により異なる)
  5. 4.レバーハンドルを引き抜く
  6. 5.カバーナットをモンキーレンチで回して取り外す
  7. 6.カートリッジを取り外す
  8. 7.スパウトを引き抜く
  9. 8.スパウトを引き抜くと本体に付いている黒いパッキンが2つ見えるので、グリスを両方のパッキンに塗る
  10. 9.上記7~2の手順で水栓を組み立てる
  11. 10.止水栓・元栓を開けて水を出し、水漏れがないか確認して完了

直し方2.パッキンを交換する

パッキンの劣化や破損が原因でレバーハンドルの動きが悪くなっている場合、パッキンを新しい物に交換することで改善する場合があります。

シングルレバー混合水栓の場合、本体部分にパッキンは2つ付いています。このパッキンは2つで1セットになりますので、片方のみの劣化や破損の場合でも両方とも交換しておきましょう。


  1. 【パッキンの交換方法】
  2. 1.止水栓もしくは元栓を閉める
  3. 2.レバーハンドルのキャップを外す
  4. 3.プラスドライバーもしくは六角レンチでネジを緩める
  5. 4.レバーハンドルを引き抜く
  6. 5.モンキーレンチを使いカバーナットを外す
  7. 6.カートリッジを取り外す
  8. 7.スパウトを引き抜く
  9. 8.パッキンを手で外す。外しにくい場合は、間に竹串やピンセットを差し込んで引き抜く
  10. 9.新しいパッキンを取り付け、上記7~2の手順で水栓を組み立てる
  11. 10.止水栓・元栓を開けて水を出し、水漏れがないか確認して完了

直し方3.バルブカートリッジの交換

レバーハンドルの動きが悪く固いときは、バルブカートリッジの劣化が原因の場合があります。この場合は、新しいバルブカートリッジに交換することで解消すことがあります。


  1. 【バルブカートリッジの交換方法】
  2. 1.止水栓もしくは元栓を閉める
  3. 2.レバーハンドルのキャップを取り外す
  4. 3.プラスドライバーもしくは六角レンチでネジを緩める
  5. 4.レバーハンドルを引き抜く
  6. 5.モンキーレンチを使いカバーナットを外す
  7. 6.カートリッジを取り外す
  8. 7.新しいカートリッジを取り付ける
  9. 8.上記5~2の手順で水栓を組み立てる
  10. 9.止水栓・元栓を開けて水を出し。水漏れがないか確認して完了

バルブカートリッジ購入の際の注意点

バルブカートリッジはメーカーや製品によって交換可能なカートリッジが決まっています。そのため、現在使用している蛇口のメーカーや品番を調べる必要があります。

メーカーは、蛇口の根元や横、裏側などにロゴマークが刻印されていたりすることが多くあります。また、取扱説明書にはメーカー名や品番が記載されていますので、一度確認してみましょう。

さらにメーカーによっては、公式ホームページから品番を確認する方法が掲載されていますので活用してみましょう。

直し方4.蛇口を交換する

ここまでにご紹介した方法でも症状が改善しない場合は、蛇口の交換をおすすめします。

蛇口の耐用年数は使用環境によっても異なりますが、一般的にはだいたい7~10年位と言われています。10年以上使用している蛇口の場合、蛇口ごと新しい物に交換するのが良いでしょう。

レバーハンドルの動きが悪いときの直し方~蛇口のレバーが固い原因と修理方法とは~まとめ

今回は、レバーハンドルの動きが悪い原因と修理方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

レバーハンドルは長く使用すると内部の部品の劣化などが原因で、不具合が発生し動きが固くなることがあります。パッキンやカートリッジの交換で修理できることがありますが、自分での対応が難しい場合は、専門の業者に相談すると良いでしょう。

生活救急車では水栓の修理や交換の作業を承っております。まずは現地見積からご対応しておりますので、お気軽にご相談ください。