さらに条件を追加する
LIBRARY

【鍵修理】鍵が壊れたときの直し方~自分でできる修理方法~

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
【鍵修理】鍵が壊れたときの直し方~自分でできる修理方法~

説明 鍵が壊れてしまって困ってはいませんか?鍵が回らない・抜けない・空回りする・鍵が折れたなど鍵のトラブルはさまざまです。鍵には寿命があり、毎日使用している間に劣化して壊れてしまうことがあります。鍵が壊れてしまった場合、症状によっては自分で修理ができることがあります。そこで今回は、鍵が壊れたときに自分でできる修理方法について紹介します。

鍵が壊れてしまって困ってはいませんか?

鍵が回らない・抜けない・空回りする・鍵が折れたなど鍵のトラブルはさまざまです。

鍵には寿命があり、毎日使用している間に劣化して壊れてしまうことがあります。鍵が壊れてしまった場合、症状によっては自分で修理ができることがあります。

そこで今回は、鍵が壊れたときに自分でできる修理方法についてご紹介します。


鍵が壊れたときの直し方

突然、鍵が壊れてしまうと慌ててしまいますよね。しかし、鍵が壊れた場合に正しい知識や対処法を知っておくことで、自分で修理できる場合があります。

そこで、代表的な鍵のトラブルと自分で出来る修理方法をご紹介します。

鍵が回らない・回りづらいときの直し方

鍵穴にホコリや砂などのゴミが溜まってしまうと、鍵と鍵穴のかみ合わせが悪くなってしまい、鍵が回らない・回りづらくなる場合があります。

また、使用年数が長くなると鍵穴の潤滑剤がなくなってしまい、鍵が引っ掛かりやすくなることも原因として考えられます。

対処方法としては、鍵穴の掃除や潤滑剤を使用したメンテナンスを行います。

直し方1.鍵穴の掃除

鍵穴にホコリやゴミがたまっている場合、掃除機を使用して鍵穴の中に入っているホコリやゴミを吸い取りましょう。掃除機の先端を鍵穴に押し付けながら左右に振ると、ホコリやゴミを吸い取りやすくなります。

掃除機を使用するとホコリやゴミを比較的簡単に吸い取ることができますが、他にはエアダスターでゴミを吹き飛ばすといった方法もあります。



直し方2.鍵の掃除

鍵の溝や凹凸、切り込みの部分などを使用済みの歯ブラシなどで掃除しましょう。構造上、防犯性の高い鍵はゴミが溜まりやすくなります。特にディンプルキーは、穴のくぼみにホコリが溜まりやすくなってしまいます。ブラシで定期的に掃除を行うことでスムーズに鍵が回ります。

直し方3.鍵穴専用潤滑剤を使用したメンテナンス

掃除機やエアダスターなどで鍵穴のホコリやゴミを取り除いた後、ご使用の鍵に合った鍵穴専用潤滑剤を鍵穴に少量スプレーします。鍵穴に潤滑剤を使用することで、鍵の滑りがよくなり回りやすくなります。

このとき、普通の潤滑剤や油を鍵穴に使用すると故障の原因となります。絶対にやめましょう。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


直し方4.鉛筆を使用したメンテナンス

鉛筆の芯には黒鉛が含まれています。黒鉛には金属部分に付着して、自己潤滑する特性があります。その特性を利用して鉛筆の芯を鍵の溝や凹凸、くぼみに塗りこむと鍵穴内部に黒鉛が付着して潤滑剤の役目を果たし、鍵の回りがスムーズになります。


  1. 【作業手順】
  2. 1.鍵の溝や凹凸、切り込み部に鉛筆の芯をなぞるように黒く塗り、鍵を鍵穴にさし込み数回抜き差しを行う
  3. 2.鍵の回り具合を確認してスムーズに回らない場合は、繰り返し同じ手順を行う
  4. 3.鍵の回りがスムーズになったら、鍵に付着している黒鉛をティッシュや布などでキレイに拭き取りましょう。

BやB2などの色の濃い鉛筆の場合、芯に含まれる黒鉛の量が多く、より鍵の回りがなめらかになるのでおすすめです。

鍵が回るけど開かない・空回りするときの直し方

鍵が回るけど開かない・空回りするといった場合は、いくつかの原因が考えられます。代表的な原因としては鍵穴の汚れや鍵の先端の摩耗、カムと呼ばれる施錠・解錠を行う部品の破損やデッドボルト(かんぬき)の不具合があげられます。

鍵が空回りする原因の多くは、部品の摩耗や劣化が多く自分でできる対処法は限られてしまいます。

直し方1.鍵穴のゴミやホコリを取り除く

鍵穴の中に溜まったゴミやホコリが原因で、鍵が空回りする場合があります。その場合は、鍵穴に溜まったゴミやホコリを取り除くことで解消することがあります。

ゴミやホコリを取り除く方法としては、上でご紹介した「掃除機でゴミやホコリを吸い出す」「エアダスターでゴミやホコリを吹き飛ばす」以外にも、「鍵穴専用の潤滑剤を鍵穴にたっぷり入れ、汚れを洗い流す」といった方法があります。

直し方2.違う鍵を使用する

鍵の先端の摩耗によって鍵が空回りする場合は、さし込む鍵を違う鍵に変えてみると鍵が開くことがあります。

ご家族の方が持っている鍵や合鍵を使い、開閉できるか確認してみましょう。

直し方3.シリンダーの交換

鍵をさし込む部分を「シリンダー」と呼びます。シリンダーに鍵をさし込み回すことで、「カム」と呼ばれる部品が動き施錠・解錠を行います。

この「カム」が破損してしまうと、鍵を回してもデッドボルト(かんぬき)を動かす事ができなくなり、鍵が回るけど開かないトラブルが発生し、施錠も解錠もできなくなってしまいます。

接続部の劣化や破損が原因でカムが外れてしまった場合、再び取り付けることができません。また、カムのみの販売は行われていないので、シリンダーを交換する必要があります。

直し方4.錠ケースの交換

経年劣化などの金属疲労でデッドボルトを固定しているまわりの部品や、デッドボルトを動かしている部品の劣化などが原因で鍵の空回りが起こります。

この場合もカムと同様に部品のみの販売は行われていません。そのため、錠ケースの交換が必要になります。

シリンダーの交換や錠ケースの交換は正しい部品を準備する必要があります。また、DIYに慣れていない方には難しい作業になりますので、専門の業者に依頼することをおすすめします。

鍵が抜けない・さし込みにくいときの直し方

鍵が抜けない・さし込みにくい原因としては、鍵穴にゴミが溜まっている、鍵穴の潤滑剤が少ない、シリンダーの不具合や鍵の変形などが考えられます。力まかせに無理やり抜き差しを行うと、鍵が折れてしまう可能性がありますので注意しましょう。

直し方1.小刻みに動かす

鍵が抜けない場合は、まっすぐ上下に小刻みに鍵を動かしながらゆっくり引っ張って抜けないか試してみましょう。他にはゆっくり引っ張りながら左右に回すと、抜ける場合があります。

このときの注意点としては、「軽く小刻みにゆっくり行う」ことを意識しましょう。ゆっくり軽く行うことでスムーズに抜けることもありますので、慌てず落ち着いて試してみましょう。

思いっきりがちゃがちゃすると鍵が抜けないだけでなく、鍵が折れたり鍵穴が破損する場合がありますので、絶対にやめましょう。

直し方2.鍵穴・鍵のメンテナンス

鍵穴にホコリやゴミが溜まっている場合は、掃除機やエアダスターを使用して鍵穴のゴミを取り除きましょう。鍵穴専用の潤滑剤をシリンダーから漏れ出すくらいにたっぷり流し込み、汚れを洗浄するのもおすすめです。

また、鍵のお手入れを行うことで症状が改善することもあります。鍵の溝やくぼみを歯ブラシなどを使いブラッシングしたり、鉛筆の芯で軽くなぞることで鍵の抜き差しがスムーズになるケースもあります。

直し方3.違う鍵を使用する

長年の使用による鍵の摩耗や変形が原因で鍵が抜けない・さし込みにくい事があります。他にも精度が低いスペアキーで鍵が抜けない・さし込みにくいことがあります。

抜き差ししにくい鍵はなるべく使用せず、予備の純正キーを使用するか、メーカーのサポート窓口に電話して、純正キーを作成してもらうようにしましょう。

直し方5.シリンダーを交換する

シリンダー本体の故障や劣化が原因で、鍵が抜けない・さし込みにくいという場合があります。バネやピンなどの部品が破損してしまうと、鍵はさし込めても鍵が回らず抜けなくなることがあります。

シリンダー本体の故障の場合は、ホームセンターやネット通販などで新しいシリンダーを購入して自分で交換するか、もしくは鍵の業者に交換を依頼しましょう。

鍵が折れたときの直し方

鍵の劣化や回りにくい、抜き差ししにくい状況でつい力が入りすぎてしまって、鍵が折れてしまい鍵穴に詰まってしまう場合があります。

この場合は、自分で対処できる場合と鍵の業者でないと難しい場合があります。

直し方.ピンセットやペンチで取り出す

鍵が折れてしまって鍵穴に詰まった場合、「鍵穴から折れた鍵の先っぽが出ているかどうか」によって、自分で対処できるかどうか変わります。

折れた鍵の先っぽがつまめるほど鍵穴から出ている場合、ピンセットやラジオペンチを使い、鍵穴から出ている部分を慎重につかみ、ゆっくりと真っすぐ引き抜きましょう。

鍵穴から折れた鍵の先っぽが出ていない場合は、自分で対処を行うのは難しいでしょう。無理に取り除こうとするとシリンダーの故障の原因になります。鍵の業者に依頼して取り除いてもらいましょう。

また、自分で取り除いた場合でも、シリンダーの不具合が起きている可能性があります。なるべく早めに修理・交換をされることをおすすめします。

鍵が壊れたときにやってはいけないこと

鍵が壊れてしまうと慌ててしまって、自分でなんとかしようとついつい間違った対処法を試してしまう方もいらっしゃいます。しかし、間違った方法で対処を行ってしまうと状況が悪化してしまったり、鍵穴の故障につながることもあります。

そこで、鍵が壊れたときにやってはいけないことをご紹介します。

やってはいけないこと1.無理やり鍵を回す

時間のない朝の外出時や疲れて帰宅して早く家の中に入りたいときに、鍵が回しにくかったり、抜き差ししにくいとつい無理やり鍵を回してしまうこともあるかもしれません。

しかし、無理に鍵を回すと鍵が変形するだけでなく、鍵が折れて鍵穴に詰まってしまったり、シリンダー内部が傷ついてしまい故障の原因になることがあります。焦って無理やり鍵を回したり、抜き差しするのは絶対にやめましょう。

やってはいけないこと2.鍵穴に食用油や市販の潤滑剤を入れる

鍵の滑りをよくするために、鍵穴に食用油や市販の潤滑剤を入れる方がいます。これらを鍵穴に入れてしまうと、ホコリが油に付き鍵穴内部で粘着して動きが悪くなり、故障の原因になりますので絶対にやめましょう。

やってはいけないこと3.鍵穴に異物をさし込む

つまようじや針金を鍵穴に入れて、内部の汚れを取り除こうとする方もいらっしゃいます。内部で折れてしまったり、鍵穴を傷つけてしまい動作不良や故障の原因になりますのでやめましょう。

鍵が壊れたときの直し方~自分でできる修理方法~まとめ

今回は、鍵が壊れたときに自分でできる修理方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

鍵が壊れてしまった場合、自分で修理できるケースがあります。ただし、正しい方法で修理を行わないと症状が悪化してしまい、シリンダーの故障につながってしまいますので注意しましょう。

また、自分で修理を行っても改善しない場合は、無理をせず専門の鍵の業者に修理を依頼しましょう。生活救急車では鍵の修理作業や交換作業を承っております。無料の現地見積もりから対応しておりますので、鍵の不具合でお困りの際はお気軽にお問い合わせ下さい。