さらに条件を追加する
LIBRARY

アルミサッシの結露対策~塗料・隙間テープ・断熱シートの効果とは?…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
タグ
アルミサッシの結露対策~塗料・隙間テープ・断熱シートの効果とは?~

説明 アルミサッシの結露に困っていませんか?日本の住宅で使われる窓サッシの中で、もっとも普及しているのがアルミサッシです。アルミサッシは耐久性が高く安価ですが、結露が起こりやすいデメリットがあります。状況や気温によって、大量の結露が発生し、カビやダニが発生する原因になります。今回は、アルミサッシに結露が発生する原因や対策方法を紹介します。

アルミサッシの結露に困っていませんか?

日本の住宅で使われる窓サッシの中で、もっとも普及しているのがアルミサッシです。

アルミサッシは耐久性が高く安価というメリットがありますが、寒い冬には結露が起こりやすいデメリットがあります。状況や気温によっては、大量の結露が発生してしまいカビやダニが発生する原因にもなります。

そこで今回は、アルミサッシに結露が発生する原因や結露の対策方法についてご紹介します。

アルミサッシに結露が発生する原因

冬になり気温が下がるとなぜ、アルミサッシに大量の結露が発生するのか気になりますよね。まずは、結露が発生する仕組み・原因についてご紹介します。

結露が発生する仕組み・原因

結露とは空気中に含まれる水蒸気が冷えて、液体に変化することで発生する現象のことをいいます。

ある一定の温度で空気中に含むことができる水蒸気量を「飽和水蒸気量」といいます。温度が高いと多くの水蒸気を含むことができ、温度が低いと含むことができる水蒸気の量が減ります。

冬場は部屋の中の暖かい空気の中に含まれた水蒸気が、外気によって冷やされたアルミサッシに触れることで、気体から液体の結露へと変化します。

とくに、アルミサッシは室内と屋外の間にあり金属でできていて冷えやすいため、大量の結露が発生しやすくなります。

アルミサッシの結露を放置した場合

アルミサッシについた結露を放置していると、水滴が床に落ちて足元が濡れてしまいます。さらにこれを放置しているとカビやダニの発生の原因になったり、家の老朽化や健康被害にも影響がでる場合があります。

また、結露によってアルミサッシや窓に水滴がつくと、窓の周りが冷えやすくなります。これを防ぐために暖房器具で室内の温度を上げると、外気との温度差が大きくなりさらに結露が起きやすくなってしまいます。

このようなトラブルを防ぐために、あらかじめアルミサッシに結露が起こりにくくするような対策を行うことが必要になります。

アルミサッシの結露対策

ここからは実際に、アルミサッシの結露対策としてどのような方法があるかをご紹介します。アルミサッシに結露が発生すると、水滴をふき取る手間が大変です。なるべく結露を発生させないように対策を行いましょう。

アルミサッシの結露対策1.こまめな換気

寒い冬の日などは窓をずっと閉めっぱなしにして、換気を行わないことも少なくありません。換気を行わないと、室内の湿度が高まりやすくなります。湿度は結露の原因になりますので、気付いたときに窓を開ける、換気扇を回すなど換気を行なうようにしましょう。

アルミサッシの結露対策2.除湿を行う

冬場は空気が乾燥するため、加湿器を使用するケースが増えます。しかし、加湿器を使用することで湿度が上がり、結露しやすくなるデメリットがあります。対策として、除湿器を使い部屋の湿気を下げる方法があります。

ただし、除湿を行い湿度が低くなると体感温度が下がってしまいますので注意しましょう。

アルミサッシの結露対策3.暖房器具の種類

暖房器具には開放型と非開放型の2種類があります。開放型と呼ばれる暖房器具には、石油やガスを利用したストーブやヒーターがあります。これらの暖房器具は燃焼の際に大量の水蒸気を発生させるため、部屋の湿度が高くなり結露の原因になります。

結露を減らすには、非開放型のオイルヒーターやエアコンなど電気式の暖房器具を使用するようにしましょう。

アルミサッシの結露対策4.中性洗剤で拭く

食器洗いなどで使用する台所用の中性洗剤には、界面活性剤という水をはじく成分が含まれています。そのため、台所用の中性洗剤を薄めてアルミサッシを拭いておくと結露の発生を抑える効果があります。


  1. 【中性洗剤を使用した結露対策】
  2. 1.中性洗剤を水で20倍程度に薄める
  3. 2.1で薄めた中性洗剤に布を浸してよく絞り、アルミサッシを拭く
  4. 3.仕上げに乾拭きを行い終了

このときに、アルミサッシだけでなく窓も一緒に拭いておくと、さらに結露予防の効果が期待できます。できれば、1週間に1回程度を目安に行いましょう。

アルミサッシの結露対策5.塗料を塗る

アルミサッシに結露防止塗料を塗ることで、結露を防ぐ方法があります。

塗料を塗ることで熱伝導を抑えることができ、外気の冷たい空気が室内に入るのを防ぎ、暖房によって暖められた室内温度が外に逃げるのを防ぎます。このように温度差を小さくすることによって結露を防止する効果があります。

アルミサッシの結露対策6.すき間テープを貼る

アルミサッシと枠の間にすき間がある場合、そこからすき間風が入り結露の原因になります。そういった場合、すき間テープを貼って結露の防止を行います。


  1. 【すき間テープの貼り方】
  2. 1.ゴミを取り除き、スポンジなどで水拭きを行い汚れを取る
  3. 2.乾いたぞうきんで水気をしっかりと拭き取る
  4. 3.両面テープの台紙をはがし、しわにならない様に注意しながら、すき間部分にすき間テープをきれいに貼る。

アルミサッシの結露対策7.断熱シートを貼る

内側のアルミサッシに断熱シートを貼るだけで、屋外からの冷気を防いで結露を防止します。枠全てに貼るのが理想ですが、足りない場合や貼りにくい場合などは、冷気がたまりやすい下枠の部分に貼ると効果的です。


  1. 【断熱シートの貼り方】
  2. 1.貼り付ける部分に合わせてハサミなどでシートをカットする
  3. 2.シートを貼る面のホコリや汚れ、水分や油をきれいに拭き取る
  4. 3.位置を合わせ曲がらないように注意しながら貼り付ける

アルミサッシの結露対策8.断熱サッシに交換する

費用はかかりますが、断熱性の高い素材のサッシに交換するという方法があります。結露防止には断熱性の高い、「樹脂サッシ」が効果があることが知られています。また、樹脂サッシは気密性にも優れているので、防音効果も期待できます。

ただし、樹脂サッシのデメリットとしてはアルミサッシに比べて重い点や、価格が高額になる傾向があります。

アルミサッシの結露対策9.二重窓(内窓)にする

結露を発生させない対策として、二重窓(内窓)を設置するという方法があります。二重窓(内窓)を設置することで、冷たい窓ガラスと温かい室内の間に空気の層ができ、結露の発生を抑制することができます。

二重窓(内窓)の設置となると、大掛かりなリフォーム作業が必要と思いますが、ドライバー1本で簡単に取り付け可能な製品が、ネットショップでも販売されています。

DIYなどに慣れている人であれば自分で取りつけることも可能ですので、検討してみてはいかがでしょうか。

アルミサッシの結露対策~塗料・隙間テープ・断熱シートの効果とは?~まとめ

今回は、アルミサッシに結露が発生する原因や結露の対策方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

結露は放置しておくとカビやダニが発生したり、建物を傷めるなどさまざまなデメリットがあります。

特にアルミサッシは結露が発生しやすい材質です。断熱対策をしっかり行い、なるべく結露を発生させないことが大切です。

今回は手軽にできる方法から本格的な方法まで、色々な結露対策をご紹介しました。毎年、アルミサッシの結露でお悩みの方は、今回ご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。