さらに条件を追加する
LIBRARY

古い家の寒さ対策一覧~隙間風遮断と暖房熱を逃がさない方法とは~

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
タグ
古い家の寒さ対策一覧~隙間風遮断と暖房熱を逃がさない方法とは~

説明 家が寒くて困っていませんか?暖房をつけてもなかなか効かなくて、寒い思いをしている方も多いと思います。そこで今回は、古い家の寒さ対策をご紹介します。

家が寒くて困っていませんか?

最近の住宅では、防寒対策がなされているのに比べ、いろんな場所から冷気が入ってくるのが古い家です。暖房をつけてもなかなか効かなくて、寒い思いをしている方も多いと思います。

この冷気の原因が分かれば、予防することができますよね。

そこで今回は、古い家の寒さ対策をご紹介します。


古い家が寒い原因

最近建てられた家に比べ、断熱性が低い古い家は冬になると快適な温度で過ごしにくいですよね。ここでは、古い家が寒くなる主な原因をご紹介します。


窓の性能が低い

窓の近くに行くと寒いと感じる人は多いと思います。暖房で温めた部屋の空気の58%は、窓から逃げるといわれているほど、部屋の冷気は窓から発生しています。

日本の窓には、ほとんどアルミサッシが使われていますが、このアルミサッシは熱を伝えやすい素材のため、外気の影響を受けやすいです。

また、暖房によって温められた室内の空気が冷たい窓ガラスに触れることで冷やされ、床面に下降し足元の温度が下がってしまう、コールドドラフト現象の原因も窓です。

これの影響により、天井と床で5度以上の温度差が生まれてしまいます。

このため部屋の温度を保てず、部屋が寒く感じてしまいます。


隙間から風が入ってくる

経年劣化によって徐々に建物の歪みが生じ、隙間が増えることがあります。この隙間から冷たい風が入り込む上に、暖房で温めた部屋の空気も外へ逃げてしまいます。

また、ほとんどの住宅に1つはついている引き違い窓は、初めから締め切った状態でもわずかな隙間があります。隙間をふさいでいるゴムパッキンが劣化すると、そこから風が侵入してしまいます。


断熱材が機能していない

隙間同様、経年劣化により断熱材が機能しなくなることで、部屋が温まらないことがあります。

断熱材が水分を含むことにより剥がれ落ちていたり、カビが発生したりすることが主な原因です。また、初めから断熱材が入っていないケースもあります。


隙間風を防ぐ方法

古い家が寒い原因でよくあるのが隙間風です。この隙間風を防ぐには、以下の方法が効果的です。


隙間風の場所を特定する方法

隙間風は窓からのイメージが強いと思いますが、それ以外の場所からも侵入している可能性はあります。場所を特定できないと対処のしようがないため、まずは以下の方法で場所の特定から行いましょう。


  • 【準備するもの】
  • ・線香(ろうそく)

  • 1.家の窓を締め切り、換気扇を1か所だけつけ、空気の流れを一方向にする。
  • 2.線香またはろうそくに火をつける。
  • 3.線香を部屋の壁や窓、間仕切り部分、押し入れの中にそっと近づける。
  • 4.煙や炎の動きを見て空気の流れを観察する。

隙間テープを貼る

市販の隙間テープを使って、風が入り込んでくる場所を塞ぐことができます。


  • 【準備するもの】
  • ・隙間テープ
  • ・ハサミ
  • ・掃除道具

  • 1.隙間テープを貼る前に、貼る場所の汚れをしっかり落としておく。
  • 2.粘着保護シートをはがす前に、貼る場所に合わせて長さを計測し、ハサミで
  • カットする。
  • 3.粘着保護シートを少しずつはがしながら隙間に貼っていく。

窓にプラスチックダンボールを立てかける

窓枠にプラスチックダンボールを立てかけることで、隙間風を防ぐことができます。結露を防ぐ効果もあるので一石二鳥です。以下の手順で設置しましょう。


  • 【準備するもの】
  • ・プラスチックダンボール
  • ・カッター
  • ・両面テープ(マグネットシート)

  • 1.プラスチックダンボールを窓の大きさに合わせてカットする。
  • 2.マグネットシートを使うときはプラスチックダンボールに直接貼ります。
  • 両面テープの場合はサッシの上下左右に貼り付ける。
  • 3.窓にプラスチックダンボールを立てかける。

暖房熱を逃がさない方法

せっかく暖房をつけているのに、なかなか部屋が温まらないことはありませんか?

ここでは、暖房熱を逃がさない方法をいくつかご紹介したいと思います。


窓の寒さ対策

コールドドラフトが起こる原因でもある、窓からの冷気を抑える方法をご紹介します。

※コールドドラフトとは、暖房によって温められた室内の空気が冷たい窓ガラスに触れることで冷やされ、床面に下降することです。そのため、天井と床で5度以上の温度差が生まれてしまいます。


耐熱カーテンをつける

カーテンを変えるだけでも、コールドドラフトを防ぐことができます。厚手で長めのカーテンにすることで保温効果が上がります。

暖房で温めた空気を外に逃がさず、外の冷たい空気を入れないことで部屋の温度を保つことができます。


窓にぷちぷちを貼る

梱包材として使用されているプチプチは、防寒グッズとしても使うことができます。

プチプチを貼ることで、窓のガラス面との間に空気の層が生まれ、断熱効果を発揮します。

以下の方法で貼っていきましょう。


  • 【準備するもの】
  • ・梱包用のぷちぷち
  • ・両面テープ
  • ・マスキングテープ

  • 1.窓枠にマスキングテープを貼り、重ねて両面テープを貼る。
  • 2.ガラス部分だけでなく窓枠全体を覆うようにプチプチを貼る。

雨戸・シャッターをおろす

雨戸やシャッターをおろしておくだけでも寒さ対策になります。

開口部である窓からは冷気が入ってきやすいため、そこを塞ぐことでが外気が入ってこなくなります。

日中は太陽の光を使って部屋を温め、日が沈む前にシャッターを閉めることで温かい空気を閉じ込めることが可能です。


床の寒さ対策

温度を感知しやすい足が触れる部分である床は、特に寒さを感じやすい場所でもあります。フローリングの寒さ対策には、床に保温効果のあるものを敷くことがおすすめです。

一般的によく使われているのが、ホットカーペットとカーペットの組み合わせです。電気を使用するため、電気代がかかるのがデメリットですが温度調節がしやすいため、使っている方も多いと思います。

電気代をかけずに防寒したい方におすすめなのがコルクマット、アルミシートです。どちらも保温効果が期待できます。

これらと合わせて、ルームシューズやスリッパも使うといいでしょう。


窓の断熱リフォームで寒さ対策

部屋が寒い原因は、ほとんどが窓からの冷気が原因です。そのため、窓の断熱リフォームを行うことで、温かい空気を冷やさず快適な室温を保つことができます。

断熱窓には内窓をつけるタイプ、樹脂サッシに交換するタイプ、ペアガラスに交換するタイプがあるのでそれぞれ特徴をご紹介します。


内窓タイプ

窓の断熱リフォームで1番スタンダードなのが、内窓を設置するタイプです。既存の窓の内側に窓を新しく設置する方法で、断熱効果だけでなく防音・防犯効果もあります。比較的簡単に設置が可能です。


樹脂サッシタイプ

窓サッシで一般的に使われてるのがアルミサッシです。しかし、このアルミサッシは断熱性が低いため、樹脂サッシに交換することで部屋の温度をキープできます。

樹脂は熱を伝えにくく、気密性が高いため、断熱・防音効果があります。


ペアガラスタイプ

一般的な窓は、一枚板のガラスを使用していることがほとんどです。このガラスをペアガラスと呼ばれる、2枚1組の複層型ガラスに変えることで、断熱効果を上げます。

ガラスの間にある、中空層という細い隙間で外の冷気が緩和され、室内の空気が冷えにくくなる仕組みです。


古い家の寒さ対策一覧~隙間風遮断と暖房熱を逃がさない方法とは~まとめ

今回は、古い家の寒さ対策についてご紹介しました。

古い家は劣化が進んでいたり、今では一般的な防寒方法もまだ取り入れられていなかったりすることで、寒い思いをしている方が多いと思います。

しかし、家が冷えてしまう原因を知り、対策を練ることで温かく快適な生活を送ることができます。

生活救急車では耐熱ガラスへのリフォームも行っております。寒さ対策のために設置したい!という方はお気軽にご相談ください。