さらに条件を追加する
LIBRARY

シャワーのお湯が急に冷たくなる原因と故障の判断ライン

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
シャワーのお湯が急に冷たくなる原因と故障の判断ライン

説明 シャワーのお湯が急に冷たくなって困っていませんか?シャワーを使用していて、お湯が急に冷たくなるとびっくりしてしますよね。びっくりするだけでなく、高齢者の方の場合は血圧が急上昇して、体調が急変してしまう恐れもあります。シャワーのお湯が急に冷たくなる場合、いくつかの原因が考えられます。今回は、シャワーのお湯が急に冷たくなる原因についてご紹介します。

シャワーのお湯が急に冷たくなって困っていませんか?

入浴中にシャワーを使用していて、お湯が急に冷たくなるとびっくりしてしまいますよね。びっくりするだけでなく、高齢者の方の場合は血圧が急上昇してしまい、体調が急変してしまう恐れもあります。

シャワーのお湯が急に冷たくなる場合、給湯器の故障も含めいくつかの原因が考えられます。そこで今回は、シャワーのお湯が急に冷たくなる原因についてご紹介します。

シャワーのお湯が急に冷たくなる原因

シャワーを使用中になぜ、お湯が急に冷たくなるのか、いくつかの原因をご紹介します。給湯器の故障以外にいくつかの可能性が考えられますので、冷静に確認をしていきましょう。

シャワーのお湯が急に冷たくなる原因1.ガスの供給

シャワーのお湯が急に冷たくなり、その後もお湯が出ない場合はガスが来ていない可能性が考えられます。ガスが止まっていないかを確認してみましょう。

確認方法はガスコンロなど、他のガス器具が使用できるかどうかを確認してみましょう。他のガス器具も使用ができない場合、ガスの供給が遮断されている恐れがあります。ガスメーターが赤く点滅していないか確認してみましょう。

ガスの供給が遮断されている場合

ガスの供給が遮断されていた場合、ガスメーターで復旧作業を行いましょう。

ガスの復旧作業方法は以下の手順で行います。


  1. 【ガスの復旧手順】
  2. 1.全てのガス器具の使用を中止する
  3. 2.ガスメーターの復帰ボタンのキャップを左に回して外す
  4. 3.奥まで復帰ボタンをしっかり押し込み、手をゆっくり離す
  5. 4.ランプが赤く点灯した後、再び点滅が始まるので3分程待つ
  6. 5.赤ランプの点滅が消えるとガスが使用可能になるので、キャップを元に戻す

給湯器のガス栓が閉まっている場合

他のガス器具は使用可能で、給湯器のお湯が冷たいままの場合、給湯器のガス栓が閉まっている可能性があります。一般的には給湯器の本体の下にガス栓がありますので、開いているかどうか確認しましょう。

もし、給湯器のガスの元栓の場所がわからない場合、取扱説明書やメーカーのサポート窓口に電話するなどして確認しましょう。

シャワーのお湯が急に冷たくなる原因2.お湯の量と水圧の低下

他のガス器具の使用が可能な場合、お湯の量や水圧の低下によって、シャワーのお湯が急に冷たくなる可能性があります。

お湯の量が少ない場合

シャワーやキッチン、洗面所などの蛇口を開き水の流れを検知すると、給湯器が燃焼してお湯が出ます。

この時に注意しないといけないのは、水の流れが一定以上に達しなければ給湯器は反応せず燃焼しません。これを「最低作動流量」といいます。

蛇口を少ししか開いていない場合、流量不足で給湯器が燃焼せずお湯が急に冷たくなる可能性があります。蛇口を全開にして、お湯が出るかどうかを確認してみましょう。

水圧の低下が原因

蛇口を開くことで水が出ますが、この時に水道管にかかっている水圧が下がります。1ヶ所の蛇口のみの使用の場合は、水圧が下がった状態で一定ですが、同時に他の蛇口から水を出すと更に水圧が下がります。

シャワーを使用中に、例えばキッチンでお湯を使用するとお湯の混合が少なくなってしまい、シャワーのお湯が急に冷たくなる原因になります。

シャワーのお湯が急に冷たくなる原因3.冷水サンドイッチ現象

シャワーからお湯を出したときに、最初に熱いお湯が出た後に急にお湯が冷たくなって、ゆっくりと適温に戻る場合があります。

この現象は「冷水サンドイッチ現象」と呼ばれ、シャワーを使用中に一度止めて、再度お湯を出した時に起こります。製造年月日が古い給湯器を使用している場合によく見られる現象で、給湯器の燃焼システムの都合上、起きる現象です。

冷水サンドイッチ現象の対処法1.自分で調整を行う

給湯器の故障ではないので、冷水サンドイッチ現象が起きる場合、いきなり身体にシャワーをかけずに適温になるまで手や足にかける、バスタブへ向けてシャワーするなどの調整を行いましょう。

冷水サンドイッチ現象の対処法2.サーモスタット式金具に交換する

水とお湯の二つの蛇口で調節しながら温度設定を行う「2ハンドル式」や、レバーを動かして大まかに温度を調節する「レバー式」は、シャワーの温度変化が起こりやすいと言われています。適温に調節を行っても、他の場所でお湯を使用すると水圧が変化して温度が変わります。

サーモスタット式の場合、温度設定を数値で正確に設定することが出来ます。内部でお湯と水の量を自動的に調節するため、安定した温度のお湯を常に使用することができます。

冷水サンドイッチ現象の対処法3.Q機能付きの給湯器に交換する

冷水サンドイッチ現象に悩まされている場合は、Q機能付きの給湯器に交換するのがおすすめです。

Q機能とは、冷水サンドイッチ現象を防止する機能のことです。Q機能付きの給湯器の場合、サンドイッチ現象が起こる可能性はかなり低くなります。

シャワーのお湯が急に冷たくなる原因4.給湯器の故障

ここまでにご紹介した原因に当てはまらない場合、給湯器の故障の可能性が考えられます。

給湯器の寿命は一般的には約10年程と言われています。使用年数が長い、もしくは以下にご紹介するような症状が何度か起きる場合は、給湯器の故障が考えられます。

エラーコードが出ている場合

給湯器のリモコンにエラーコードが表示されている場合、燃焼がストップしてしまいます。

エラーの内容によりますが、リモコンの運転スイッチを1度切ってから、再度入れ直すことで解消する場合があります。エラーコードの内容や対処法については、取扱説明書やメーカーのホームページに記載されていますので確認してみましょう。

温度が低いまま上がらない場合

給湯器内のバーナーが点火せず熱交換器が働かない、水流が一定にならないなどが原因で、シャワーの温度が低いまま上がらない場合があります。こういった症状の場合は、なるべく早めに専門の業者へ点検を依頼しましょう。

設定温度どおりにならず安定しない場合

設定した温度よりお湯が熱くなったり、熱くなったり冷たくなったりを繰り返して、温度が安定しない場合があります。この場合、給湯器のセンサーの不具合の可能性が考えられます。このような症状の場合も、早めに専門の業者に依頼して点検を行いましょう。

シャワーのお湯が急に冷たくなる原因と故障の判断ラインまとめ

今回は、シャワーのお湯が急に冷たくなる原因についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

シャワーを使用中にお湯が急に冷たくなる原因は、給湯器の故障以外にもさまざまです。ご紹介した内容を一つずつチェックしてみましょう。

ただし、給湯器の不具合が原因の場合もあります。その場合は、一度専門の業者に依頼して点検を行い、新しい給湯器への交換なども含めて相談することをおすすめします。

生活救急車でも給湯器の修理・交換作業を承っております。まずは、現地でご相談・お見積もりから対応しておりますので、お困りの際はお気軽にご相談下さい。