さらに条件を追加する
IDEA

パソコンの廃棄・処分方法とは!

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
自己解決パソコンの廃棄・処分方法とは!

説明 パソコンの廃棄・処分って、難しいですよね。店舗で買い替えた場合などは、そのまま古いパソコンを引き取って(下取り)もらうこともできますが、ネットで買った場合、引き取ってもらえなかったり、手続きが面倒だったりして押入れのスペースを占領することもありますよね。そこで、ここでは、パソコンの廃棄・処分方法についてご紹介したいと思います。

パソコンの基本的な廃棄・処分方法

パソコンを処分する場合は、自治体などで回収ができないため、基本的に店舗での引き取り、メーカーの自主回収、を使うといった方法があります。

店舗での引き取り(下取り・買い取り)

店舗での引き取りは、基本的に「下取り・買い取り」になります。これは、「新しいパソコンを買う場合に限り、古いパソコンを買い取るもしくは、引き取って値引きしますよ」ということになります。

店舗引取りの注意点

店舗によって条件が異なりますが、基本的に、買い取りができない場合は処分も店舗でできないことがあります。また、引き取りの条件が「新しいパソコンを買う場合のみ」の場合、新しいパソコン購入後から期限内に古いパソコンを引き取ってもらわなかった場合は、以降引取りを断られることもあるため注意しましょう。

また、引き取ってもらう際は、パソコンのデータの引っ越しと消去をしておくのがおすすめです。データの引っ越しとは、新しいパソコンに古いパソコンのデータを移す作業のことです。USBやクラウドサービスを使った簡単なデータの移動から、検索履歴やパスワードなどの難しいデータの移動などあるため、心配な方は専門の業者などに依頼しましょう。

また、データの引っ越しが終わったあとは、引き取ってもらう前に今までのデータを消去しておくことをおすすめいたします。ただ単に、画面にあるファイルを消してもデータを復元したり、パスワードなどの大切なデータが消去できていなかったりします。店舗側でも初期化はしてくれるはずですが、心配な方は専門業者やデータ消去用のソフトを使うといいでしょう。

メーカーの自主回収

NECや東芝など、使っているパソコンのメーカーに回収してもらう方法があります。この方法も、メーカーなどによって回収時の条件が変わってきます。

メーカー回収の注意点

メーカーに回収してもらう場合は、2点注意することがあります。まず1点目ですが、「他社製品は回収してもらえない」点に注意しましょう。例えば、東芝にNECのパソコンは回収をお願いすることができません。必ず、自分が購入したパソコンのメーカーに回収を依頼しましょう。

次に2点目ですが、「PCリサイクルマークの有無」を確認しましょう。PCリサイクルマークがある(2003年10月以降)製品は、メーカー自主回収の場合は、基本的に無料で回収してもらえます。しかし、このマークがない場合は、メーカーの自主回収の場合でも費用がかかるため注意が必要です。

安全に処分するための注意点

パソコンを処分する際は、処分費用はなるべく抑えたいですよね。買い替えによる店舗引取りやメーカーの自主回収ができれば、費用的にも安く済みますが、それができない場合に、「無料の回収業者に頼もう」と思ってしまいますよね。しかし、本当に依頼して大丈夫ですか?

無料の回収業者を避けた方がいい理由

パソコンの中には、住所や電話番号、購入者の情報、ネット通販をしていたら、そのIDやパスワードなどの情報も入っていることがあります。そんな個人情報の塊を、無料の回収業者に渡して大丈夫ですか?全ての業者がそうとはいいませんが、無料の回収業者の場合、初期化(パソコンのデータを消す作業)が不十分なまま、リサイクルなどに出してしまうことがあります。

初期化が不十分だと、あとから消したはずのデータを復元することができます。その結果、個人情報などを抜き取られて悪用されてしまう可能性もあります。例え回収が無料でも、本当に信頼できる業者以外にはパソコンの回収はお願いしないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。パソコンの廃棄方法は、色々ありますが、できれば安心・安全な店舗引取りかメーカー回収がおすすめです。個人情報がいっぱい詰まったパソコンだからこそ、処分は慎重に行うように注意しましょう。