さらに条件を追加する
IDEA

天井のトイレタンクから水が出ないトラブルを修理する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
自己解決天井のトイレタンクから水が出ないトラブルを修理する方法

説明 昔のトイレで天井にあるタンクから水が出ない、古いトイレの水が流れない、ハイタンクの故障など、天井のトイレタンクから水が出ないトラブルを修理する方法です。タンクの中でレバーとフロートゴムがつながっているか確認する方法、レバーまたはフロートゴムを交換する方法を紹介しています。

天井のトイレタンクから水が出ないトラブルの修理方法の流れ

天井にタンクがあるトイレはハイタンクと呼ばれ、昔のトイレという印象が強い方も多いのではないでしょうか。
天井のタンクから水が出ないときは、タンクの中の部品が故障していることが考えられますので、下記の手順で対処しましょう。

1:タンクの中でレバーとフロートゴムがつながっているか確認する
2:レバーまたは、フロートゴムを交換する

【1:タンクの中でレバーとフロートゴムがつながっているか確認する】
天井にあるタンクは、レバーを紐や鎖で引っ張ると、フロートゴムが持ち上がり水が流れる仕組みになっています。
タンクの中のフロートゴムが、レバーとつながっているか確認しましょう。

【2:レバーまたは、フロートゴムを交換する】
レバーとフロートゴムがつながっていないときは、故障している部品を交換しましょう。
レバーとフロートゴムをつなぐ鎖が切れているときは、鎖を交換しましょう。
フロートゴムが故障しているときは、フロートゴムを交換しましょう。



トイレの故障修理で使用する道具

・雑巾:作業時に水を拭き取る際に使用します
・マイナスドライバー  :止水栓を締める際に使用します



水が出ないハイタンクの修理手順

【1:タンクの中でレバーとフロートゴムがつながっているか確認する】
マイナスドライバーを使い止水栓を締めて水を止めましょう。
脚立を使い、天井にあるタンクの中を確認します。
タンクの中のフロートゴムとレバーが鎖でつながっているか確認しましょう。
つながっているときは、給水やボールタップの故障が考えられますので、早めに水道屋に相談しましょう。

【2:レバーまたは、フロートゴムを交換する】
レバーとフロートゴムをつなぐ鎖が切れているときは、切れている部品をしっかりと確認しましょう。
部品が確認できたら、手でフロートゴムを持ち上げて、タンクの中の水を流しましょう。
止水栓が締まっていれば、タンクの中には水がなくなるため、作業がしやすくなります。
天井にあるタンクの中で、鎖が切れているときは、鎖を交換します。
フロートゴムの接続部分が損傷しているときは、フロートゴムを交換します。
鎖やフロートゴムは、工具を使わずに交換できることが多いです。
レバーが折れているときは、ナットをモンキーレンチで外し、新しいレバーに交換しましょう。



トイレの故障修理の作業をする際に注意すること

タンクが天井にあるため、脚立などを使うことが多いです。脚立から落下しないように注意しましょう。
不安定なイスや踏み台は使用を避けるようにしましょう。
作業をするときは、必ず止水栓を締めましょう。
止水栓を締めるときは、止水栓が折れないように慎重に作業しましょう。



天井のトイレタンクから水が出ないトラブルはどうして起こるのか・・・

天井にあるタンクの水が流れない原因はいくつかあります。
レバーとフロートゴムがつながっていなかったり、ボールタップが故障していることが原因です。



水が出ないハイタンクにはこんな解決方法も・・・

長年使用している場合は、洋式トイレに交換することも検討しましょう。
洋式トイレは音も静かでメンテナンスもしやすいためとても使いやすいです。