さらに条件を追加する
IDEA

排水桝のつまりで汚水が溢れるトラブルを修理する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
自己解決排水桝のつまりで汚水が溢れるトラブルを修理する方法

説明 排水桝から水が溢れている、汚水桝から汚水が出てくる、水を流すと桝が溢れるなどの、汚水が溢れてきている排水桝のつまりを修理する方法です。つまりが起きている場所を確認する方法、つまりの原因を取り除く方法、作業する際の注意点などを紹介しています。

排水桝のつまりで汚水が溢れるトラブルの修理方法の流れ

屋外の排水桝から汚水が溢れる原因は、排水管でつまりが起きているからです。
排水管のつまりの原因を取り除くことで、排水枡が溢れる症状を解決できます。
つまりの原因を取り除く作業は、下記の手順で行いましょう。

1:つまりが起きている場所を確認する
2:つまりの原因を取り除く

【1:つまりが起きている場所を確認する】
排水管のつまりの場所を確認します。
つまりの場所は、汚水が溜まっている排水桝と、溜まっていない排水桝の間になります。
排水枡のフタを開けて、汚水が溜まっている排水桝と、汚水が溜まっていない排水桝を確認しましょう。

【2:つまりの原因を取り除く】
つまりが起きている場所が確認できたら、そこから一番近い排水桝からトーラーを通します。
排水桝の中の排管から、トーラーのワイヤーを通して、つまりの原因を取り除きます。



排水桝のつまり修理で使用する道具

・雑巾
・作業着
・ゴム手袋
・マスク
・ビニール袋
・回転式ワイヤーパイプクリーナー
・マイナスドライバー:排水桝の点検口を開ける際に使用します。



水が溢れてきている排水桝の修理手順

【1:つまりが起きている場所を確認する】
つまりが起きている場所は、汚水が溜まっている排水桝と、溜まっていない排水桝の間です。
まず、道路に一番近い排水枡のフタを開けて汚水が溜まっているか確認しましょう。
汚水が溜まっていた場合、公共の下水管と、道路に一番近い敷地内の排水枡の間でつまりが起きています。
道路に一番近い敷地内の排水枡に汚水が溜まっていない場合は、道路から二番目に近い排水桝のフタを開けて汚水が溜まっているか確認しましょう。
二番目の排水枡に汚水が溜まっていた場合、一番目と二番目の排水桝の間でつまりが起きています。
二番目の排水枡にも汚水が溜まっていない場合、三番目に近い排水桝のフタを開けて汚水が溜まっているか確認しましょう。
このように、三番目、四番目の排水枡を確認し、つまりが起きている場所を確認しましょう。

【2:つまりの原因を取り除く】
つまりが起きている場所が確認できたら、そこから一番近い汚水桝からトーラーを通します。
汚水桝の中の排水管から、トーラーのワイヤーを通します。
排水桝の中に、大量の汚水が溜まっていて、排水管が確認できない場合は、つまりが起きてる場所から道路側の、汚水が溜まっていない排水桝からワイヤーと通しましょう。
トーラーのワイヤーを排水管の中に通していき、ワイヤーが進まなくなったところでつまりが起きています。
そこで、トーラーのワイヤーを回転させ、つまりの原因を取り除いていきます。



排水桝のつまり修理の作業をする際に注意すること

作業時には、汚水が付着したり体内に入らないように注意しましょう。作業着、ゴム手袋、マスクなどで、しっかりと養生をしましょう。
トーラーを使用する際には、排水管の状態に気をつけましょう。古い排水管は、ワイヤーの先についている金具で、穴があいてしまうことがあります。



排水桝のつまりで汚水が溢れるトラブルはどうして起こるのか・・・

排水桝から汚水が溢れる原因は、排水管の中でつまりが起きているからです。
トイレやキッチンで、固形物、布、紙、アクセサリーなどを落として放置すると排水管のつまりの原因になります。
それ以外にも、排水管の割れた部分から入った、土、木の根、石などが原因になることもあります。



水が溢れてきている排水桝にはこんな解決方法も・・・

トーラーで解決できない時は、高圧洗浄機で高圧洗浄を行うことが効果的です。
高圧洗浄機を使用する際は、排水管の損傷などに気を付けましょう。
ご自分で対処できない場合は、信頼できる水道屋に相談しましょう。

ユーザー評価:  4.3 (3件)