さらに条件を追加する
IDEA

蛇口のハンドルが外れる故障を修理する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
自己解決蛇口のハンドルが外れる故障を修理する方法

説明 蛇口のハンドルが外れた、水道の取っ手がとれた、水洗の回すところが抜けたなどの、蛇口のハンドルが外れる故障を修理する方法です。元の位置にはめて確認する方法、ハンドルまたはスピンドルを交換する方法、作業する際の注意点などを紹介しています。

蛇口のハンドルが外れる故障の修理方法の流れ

蛇口のハンドルが外れた際の対応方法は、蛇口の種類によって変わってきます。
今回は時計回りにまわす、ハンドル式の蛇口の対処方法をご紹介します。
ハンドルが外れた場合は、下記の手順で対応しましょう。

1:元の位置にはめてみる
2:ハンドルまたはスピンドルを交換する

【1:元の位置にはめてみる】
ハンドルが外れた場合、蛇口のスピンドル部分が見えていることが多いです。
そのスピンドルの先端と、ハンドルのはめ込み部分が合うように、ハンドルをはめてみましょう。
それでも、グラグラしたり空回りするようであれば、ハンドルまたはスピンドルを交換しましょう。

【2:ハンドルまたはスピンドルを交換する】
ハンドルまたはスピンドルのネジ山がつぶれていることが、ハンドルが外れてしまう原因となることが多いです。
ハンドルが元の状態にはまらない場合は、ハンドルまたはスピンドルを交換しましょう。



蛇口の故障修理で使用する道具

・雑巾:蛇口周りの水滴を拭く際に使用します
・モンキーレンチ:スピンドルを交換する際に使用します
・プラスドライバー:ハンドルを固定する際に使用します
           (蛇口のタイプによっては使用しません)
・取替え用ハンドル:ハンドルを交換する際に使用します
・取替え用スピンドル:スピンドルを交換する際に使用します



水道の取っ手が外れた場合の修理手順

【1:元の位置にはめてみる】
ハンドルが外れている状態で、蛇口の本体を確認すると、スピンドルが見えていることが多いです。
そのスピンドルの先端には、ネジ山があり、外れてしまったハンドルの内側のはめ込み部分のネジ山と噛み合うようになっています。
蛇口周りの水滴を拭いた後、外れているハンドルをスピンドルのネジ山に合うように、ハンドルをはめてみましょう。
ハンドルをネジで固定するタイプは、プラスドライバーでハンドルを固定しましょう。
はめた後に、グラグラする、ガタガタする、空回りするというような症状があれば、ハンドルまたはスピンドルを交換しましょう。

【2:ハンドルまたはスピンドルを交換する】
「ハンドルをはめても正常に蛇口を操作できない」場合は、ハンドルまたはスピンドルに損傷がないか確認しましょう。
ハンドルのネジ山が欠けていたり、割れているなどの損傷がある場合は、ハンドルを交換しましょう。
また、ハンドルに損傷がない場合は、スピンドルのネジ山部分を確認し、損傷がある場合は、スピンドルを交換しましょう。
ハンドルが元の状態にはまらない場合も、ハンドルまたはスピンドルを交換しましょう。



蛇口の故障修理の作業をする際に注意すること

ハンドルとスピンドルをはめた際に、無理に回そうと力をいれてしまうとネジ山を潰してしまうことがあります。
少しでもハンドルが正常に動かない症状がみられる場合は、ハンドルまたはスピンドルの交換を検討しましょう。



蛇口のハンドルが外れる故障はどうして起こるのか・・・

蛇口のハンドルが外れる原因は様々です。
ハンドルを固定するネジが外れてしまったり、ハンドルとスピンドルが噛み合っていなかったなど、状況によって原因は変わります。
蛇口は、内部のスピンドルを回しパッキンの位置を調整することで、水量を調整しています。
スピンドルは、ハンドルの内側にあるネジ山に噛み合うようになっています。
ハンドルを回すと、スピンドルが回る仕組みになっています。
そのネジ山部分が潰れてしまうと、空回りすることがあります。それが、ハンドルを固定するネジに影響を及ぼし、ハンドルが外れやすくなるということもあります。
いずれにしても、蛇口を長く使用していると、部品の劣化や損傷でハンドルが外れます。



水道の取っ手が外れた場合にはこんな解決方法も・・・

ハンドルやスピンドルを交換するのではなく、蛇口本体を交換することもご検討ください。
蛇口の損傷や欠損は、長期間使用していたことによる経年劣化が考えられます。
その場合、部品の一部を交換しても、他の部品が不具合を起こすことがあります。そのため、再度蛇口の修理が必要になることも珍しくありません。
蛇口本体を交換すれば、何度も修理する必要はなくなります。