さらに条件を追加する
IDEA

洗面所の蛇口から流れっぱなしの水を止水する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
自己解決洗面所の蛇口から流れっぱなしの水を止水する方法

説明 洗面所の蛇口の水が止まらない、止水栓で水を止めたい、でも洗面台のボウル下に止水栓がないときの流れっ放しの水を止水する方法です。蛇口のタイプを確認し、マイナスドライバーで蛇口の水量調整バルブを回して水を止める方法、作業する際の注意点などを紹介しています。

洗面所の蛇口から流れっぱなしの水の止水方法の流れ

洗面所の水が止まらないときは、洗面ボウルの下の止水栓で水を止めることができます。
しかし、壁付の蛇口などは、ボウル下に止水栓が付いていない場合があります。
今回は、ボウル下に止水栓がない場合の水の止め方をご紹介します。
止水栓がない場合、下記の手順で作業を行いましょう。

1:蛇口のタイプを確認する
2:蛇口の止水栓、または、元栓で水を止める

【1:蛇口のタイプを確認する】
蛇口のタイプが、壁付であることと、脚部に止水栓が付いているか確認しましょう。
脚部に止水栓が付いていない場合は、玄関先の元栓で水を止めましょう。

【2:マイナスドライバーで脚部の止水栓を回して、水を止める】
脚部についている止水栓を、マイナスドライバーで回して、水を止めましょう。
止水栓を回す際には、過度に負荷をかけないように注意することが大切です。



洗面所の水漏れ止水で使用する道具

・雑巾:作業時に蛇口まわりを拭くときに使用します
・マイナスドライバー:蛇口脚部の止水栓を回す際に使用します



止水栓がなく流れっ放し洗面台の止水手順

【1:蛇口のタイプを確認する】
まず、蛇口のタイプが、壁付であることを確認します。
壁に蛇口が付いているタイプで、水とお湯がでる蛇口かどうかを確認しましょう。
次に、壁から出ている脚部に止水栓が付いていることを確認します。
この脚部に止水栓が付いていない場合で、ボウル下にも止水栓がない場合は、玄関先の水道の元栓で水を止めましょう。

【2:マイナスドライバーで止水栓を回して、水を止める】
脚部に止水栓が付いていた場合、その止水栓をマイナスドライバーで回して、水を止めましょう。
止水栓を、向かって時計回りに回すと、水を止めることができます。
硬くて回せない場合は、無理に回すことは避けましょう。無理に回すと、他の部品や水道管を損傷する場合があります。



洗面所の水漏れ止水の作業をする際に注意すること

蛇口のタイプを、しっかりと確認することが大切です。
脚部に、止水栓が付いているタイプかどうか、確認した上で、作業をしましょう。
また、止水栓を回す際には、過度に負荷がかからないようにすることが必要です。
他の部品や水道管に、負荷がかかりすぎると、部品の故障や不具合、水道管の損傷など、大きなトラブルにつながります。
止水栓が固い、止水栓が錆びているなどの症状がある場合は、水道屋に相談しましょう。



水が止まらない洗面所トラブルはどうして起こるのか・・・

洗面所の蛇口の水が止まらない原因は、部品の劣化や損傷が考えられます。
長年使用すると、蛇口の中の部品が経年劣化を起こし、水を溜めることができなくなることがあります。
また、大きな力を加えてしまうと、蛇口の部品が故障することがあります。
蛇口の部品の故障の場合、まずは、洗面所の止水栓で水を止めることが必要です。



洗面台の水が止まらない場合にはこんな解決方法も・・・

水道メーター付近にある水道の元栓で止める方法があります。
洗面所の止水栓で水を止めることが難しい場合、その世帯の水道メーター近くの水道の元栓で水を止めましょう。
この場合、その世帯全体の水が止まってしまい、トイレやキッチン、お風呂場の水道が使えなくなるため、注意が必要です。