さらに条件を追加する
IDEA

給水管とトイレタンクの接続部分の水漏れを修理する方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
自己解決給水管とトイレタンクの接続部分の水漏れを修理する方法

説明 トイレの給水管とタンクの接続部分から水漏れしている、止水栓とタンクの接続管から水が漏れるなどの、給水管とトイレタンクの接続部分の水漏れを修理する方法です。ナットを増し締めする方法、パッキンを交換する方法、作業する際の注意点などを紹介しています。

給水管とトイレタンクの接続部分の水漏れの修理方法の流れ

給水管とタンクの接続部分から水漏れしている場合の対処方法は、大きく分けて2つです。
1:ナットを増し締めする
2:パッキンを交換する

【1:ナットを増し締めする】
止水栓からタンクへと繋がる給水管や給水ホースの接続部分から水漏れしている場合は、まず、その箇所のナットを増し締めしてみましょう。

【2:パッキンを交換する】
増し締めしても、水漏れが止まらないときは、パッキンを交換しましょう。



トイレの水漏れ修理で使用する道具

・雑巾
・作業着
・ゴム手袋
・マイナスドライバー
・モンキーレンチ
・補修用パッキン



給水管とタンクの間から漏水しているトイレの修理手順

【1:ナットを増し締めする】
まずは、止水栓をマイナスドライバーなどで閉めます。この際、折れやすくなっている止水栓がありますので、作業には細心の注意が必要です。
止水栓を止めたら、モンキーレンチなどで、水漏れしている箇所のナットを少しずつ増し締めしてみましょう。
この際、給水管や給水ホースを支えながら、作業しましょう。また、ナットを強く締めすぎないように注意しましょう。
増し締めしたら、止水栓を少しずつ開けてみます。増し締めしたナットからの水漏れが止まったか確認し、まだ水が漏れてくるようであれば、パッキンの交換を検討しましょう。

【2:パッキンを交換する】
パッキンの交換の交換は、必ず止水栓で水を止めてから作業します。止水栓をしめた後、給水管のナットを、モンキーレンチを使って外します。外す時に、給水管や給水ホースの中に残っている水が流れてくることがありますので注意しましょう。
ナットを外したら、パッキンを取り出します。この際、パッキンのゴムが溶けている場合は、他の場所のパッキンも劣化している可能性がありますので、交換を検討しましょう。なお、市販の補修用パッキンは、メーカーや種類も様々ですので、給水管や給水ホースに合わせて、選ぶようにしましょう。
新しいパッキンを接続部分に合わせ、ナットを締めていきます。この際、パッキンがずれたまま、ナットを締めていくと、パッキンが傷んで、使えなくなってしまいますので注意しましょう。
パッキンの交換ができたら、止水栓を少しずつ開けて、水が漏れてこないか確認します。
どうしても、水漏れが止まらない場合は、信用できる水道業者に相談しましょう。



トイレの水漏れ修理の作業をする際に注意すること

作業時の注意点として気を付けることは、必ず止水栓を閉めることです。
このとき、腐食している止水栓などは、折れやすくなっているので、細心の注意が必要です。
また、ナットを締める際も、強く締めすぎると、パッキンを痛めてしまうこともありますので、気をつけましょう。
交換や修理は、ある程度の経験や知識が必要になりますので、対応できない場合は、信頼できる水道屋へ相談しましょう。



給水管とトイレタンクの接続部分の水漏れはどうして起こるのか・・・

給水管とタンクの接続部分から水漏れの原因は、ナットの緩み、またはパッキンの劣化が挙げられます。
給水管に強い衝撃を与えたり、タンクや便器を揺らしたりすると、その振動で、ナットが緩むことがあります。
また、パッキンは、水に溶けることがあるため、経年劣化で水漏れを起こします。市販の補修用パッキンの中には、溶けにくい素材のパッキンもあるようです。購入の際には、給水管や給水ホースに合わせて、選ぶようにしましょう。合わないパッキンを使用すると、水漏れの原因にもなりますので、注意が必要です。



給水管とタンクの間から漏水しているトイレにはこんな解決方法も・・・

給水管まわりは、水漏れ用のテープで、応急処置ができることがあります。
ただ、あくまで応急処置ですので、根本的な解決にはなりません。時間が経つと、再度水漏れする可能性もありますので気をつけましょう。
作業時は、必ず止水栓を止めて、作業しましょう。