さらに条件を追加する
IDEA

雑巾やタオル、ハンカチやパンツなど布によるトイレつまりを修理する…

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
自己解決雑巾やタオル、ハンカチやパンツなど布によるトイレつまりを修理する方法

説明 雑巾を流してしまった、子供がパンツを流してトイレがつまった、布を流してトイレの流れが悪いなどの、布によるトイレつまりを修理する方法です。つまりの発生している場所を確認する方法、布を直接取り出す方法、作業する際の注意点などを紹介しています。

雑巾やタオル、ハンカチやパンツなど布によるトイレつまりの修理方法の流れ

雑巾やタオル、パンツなど、布を流して、トイレがつまりを起こした際の解決手順は、大きく分けて2つです。
1:つまりの発生している場所を確認する
2:布を直接、取り出す

【1:つまりの発生している場所を確認する】
布を流して、つまりが発生した場合、排水管でつまる時と、便器でつまる時があります。
まず、どこで、布がつまっているかを確認します。

【2:つまりの原因を除去する】
排水管でつまっている場合は、トーラー(針金)で、布を取り出します。
便器の中で詰まっている場合は、便器内の排水口から引っ張り出すか、便器を外して取り出します。



トイレのつまり修理で使用する道具

・雑巾
・作業着
・ゴム手袋
・マスク
・マイナスドライバー:汚水桝の点検口を開ける際に使用します。
・トング:便器内の排水口から、布を引っ張り出す際に使用します。

ワイヤー式の道具
・パイプクリーナー(ワイヤー)
・ブラシつきパイプクリーナー(ワイヤー)
・回転式ワイヤーパイプクリーナー



布によるトイレのつまりの修理手順

【1:つまりの発生している場所を確認する】
まず、トイレから一番近い点検桝を開けてみます。そこに汚水が溜まっていなければ、便器でつまっている可能性が高いです。
しかし、その桝に汚水が溜まっている場合は、その先の排水管で、流してしまった布が引っかかっています。

【2:つまりの原因を除去する】
(1)排水管でのつまり
つまりの発生箇所が排水管だった場合、汚水が溜まっている、かつ、道路に一番近い点検桝から、ワイヤーを入れていきます。
道路側に向かって、ワイヤーを送り込んでいきながら、ワイヤーを回転させたり、前後させたりして、布をワイヤーの先端に絡ませます。
絡んだ状態で、排水管からワイヤーを引っ張り出すことで、つまっていた布が取り出せます。

(2)便器でのつまり
つまりの発生している箇所が、便器だった場合、2通りの対処方法が考えられます。
  <1>便器内の排水口から布が見えている場合
      布が見えている場合は、ゴム手袋をして、直接、引っ張り出しましょう。トングなどを使用してもよいです。
      汚いからといって、無理矢理流すことは、やめましょう。その先の排水管でつまる可能性があるので、直接取り出すようにしましょう。
  <2>便器内の排水口から布が見えない場合
      布が見えない場合、便器内で留まっている可能性が高いです。この場合は、便器を外して、便器の下から、手で直接取り出します。
      便器の脱着技術や工具が必要になりますので、一度、水道業者に相談しましょう。



トイレのつまり修理の作業をする際に注意すること

(1)排水管でのつまりを除去する際の注意点
必ず、汚れてもよい服装で作業しましょう。ゴム手袋やマスク、作業着や長靴などを着衣し、汚水が付着してもよい状態で作業することが必要です。
また、作業中は、トイレが使用できなくなることにも、注意が必要です。

(2)便器でのつまりを除去する際の注意点
作業中に、汚水が付着したり、体内に入らないように、ゴム手袋やマスク、作業着や雑巾などの準備が必要です。
また、便器の外に、水が溢れないように、便器周りも養生することが必要です。



雑巾やタオル、ハンカチやパンツなど布によるトイレつまりはどうして起こるのか・・・

雑巾やタオル、ハンカチやパンツなど、布でつまりが起きた場合、時間が経つと、便器内の水位が少しずつ下がってくることがあります。
それは、布から水が浸透して流れているためで、つまりが解消したわけではありません。
再度、水を流すと、また、便器内に水が溜まるときは、つまりは解消していないと考えてよいでしょう。

※上記方法で、つまりが必ず解決するとは限りません。つまりの度合いによっては、水道業者に依頼することをお勧めいたします。