さらに条件を追加する
IDEA

鍵のシリンダー交換方法を解説!

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
自己解決鍵のシリンダー交換方法を解説!

説明 玄関の鍵のシリンダーだけを交換したい場合、ホームセンターにもシリンダーが売っていますので、自分で交換してみようと思う人もいるかと思います。しかし、シリンダーを実際に購入してみると交換方法を詳しく書いた説明書などがついておらず、途中で断念して鍵屋に依頼をする人もよくいらっしゃいます。そこで今回は、自分で鍵を交換したいという人のために、鍵のシリンダー交換の方法をご説明したいと思います。

シリンダー交換の準備

シリンダー交換をする際は作業前に、「交換するシリンダーの準備」が必要になります。シリンダーはどんなシリンダーでも交換できるわけではなく、錠前にあったシリンダーでないと交換することができません。もともと付いているシリンダーと全く同じものでない部品を購入しようとしている人は、注意しましょう。

シリンダー交換に必要な道具

シリンダー交換をする際に必要な道具は、交換するシリンダー、ドライバー(プラスとマイナス)です。先ほどもご説明しましたが、シリンダーは錠前にあったシリンダーを用意しましょう。

シリンダー交換の手順

シリンダー交換はきちんとしないと、取り付けして数日後に、急に鍵が開かなくなった・閉められなくなったというトラブルが起こるため、丁寧に作業をするように注意しましょう。また、取り外した際の部品は失くさないように、白い布の上に分かるように置いておくといいでしょう。

1.フロントプレートを外す

まずは、扉側面の「フロント」と呼ばれる板をドライバーを使って取り外しましょう。

2.プレート下のビスを外す

フロントを取り外すと、シリンダーが取り付けられている部分に、「ビス」が4本あります。今回は、シリンダーのみですので、シリンダー側の2本をマイナスドライバーで取り外します。

3.シリンダーをはめる

シリンダーを取り外したら、用意した交換用のシリンダーを取り付けます。シリンダーの取り付け面の出っ張りを錠前側の溝に合わせてしっかりとはめ込みます。

4.逆の手順で取り付ける

はめ込んだ後は、取り外しのときと逆の手順で、ピンを差し込んで、フロントを取り付け直します。

5.開け閉めの確認をする

取り付けが完了したら、必ずドアを開けた状態で、鍵を使ってシリンダーを操作します。シリンダーに問題がなければ、サムターンでも開け閉めができるか確認します。

6.完了

きちんと開け閉めができれば、完了です。引っかかりがあったり、シリンダーが回らないといった場合はきちんと取り付けができているか、シリンダーが合っているのかなど確認するようにしましょう。

シリンダー交換が上手くいかない場合

今回紹介した方法は、全ての錠前・シリンダーに使えるというわけではありません。錠前・シリンダーの種類によって、取り付け方が全く異なることもあります。作業途中で、上手くいかなかったら、無理に進めないことをおすすめいたします。

シリンダー交換で不具合が出る場合

全く同じシリンダーを用意して取り付けも完璧なはずなのに、鍵を回すときに重い、なんだか引っかかりがあるといった場合は、錠前に問題がある可能性があります。そういった場合は、錠前の交換を検討するといいでしょう。

よくある失敗

自分でシリンダー交換をしようとして、失敗してしまったという人はよくいらっしゃいます。その中でも、「シリンダーが錠前にあっていない」「部品をなくしてしまった」「説明書を見たけど、よく分からない」などの理由で失敗して、鍵屋に依頼をする人が多いです。シリンダー選びや、説明書の理解は慣れていないと難しいですが、部品は白い布の上にきちんと並べることで、紛失しにくくなりますので、これから作業する人は注意してみてください。

シリンダーは返品できない?

ホームセンターなどで自分で購入したシリンダーが、錠前に合っていなかった場合。シリンダーを返品したいと思うでしょうが、商品の性質上、それができない場合がほとんどです(鍵の複製などができてしまうため)。そのため、シリンダーを購入する際は、きちんと錠前に合っているものか確認してから購入するようにしましょう。

シリンダー交換をするときのプロの対応とは

プロがシリンダー交換をするときは、お客様に部品を調べていただく必要はありません。プロが現場で、寸法や錠前の種類を確認し、交換できる部品の中から予算や用途(防犯やただ使えればいいなど)に合った錠前を紹介します。取り付けに関しても、スムーズに開け閉めできるように、メンテナンスなどの調整を行います。

また、シリンダー交換後に不具合が起こった際も、保証がつくといったメリットがあります。自分でやるのは面倒、保証があった方が安心でいい、という人は一度プロに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、鍵のシリンダー交換を自分でやる方法について、ご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。作業が簡単に見えるかと思いますが、シリンダー選びや取り付けをしっかり行わないと、後から鍵の開け閉めができないといったトラブルも起こるため、慎重に作業をするようにしましょう。