さらに条件を追加する
IDEA

パソコンがUSBを認識しないときは!

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
USB
自己解決パソコンがUSBを認識しないときは!

説明 パソコンのデータをUSBに保存しているのに、USBがパソコンに認識されなくなったら困りますよね。家のパソコンはちゃんと認識してくれるのに、会社のパソコンだと認識してくれないなんてことも・・・。今回は、そんなパソコンがUSBを認識しないときに自分でできる対策などをご紹介したいと思います。

USBを認識しない原因

パソコンがUSBを認識しない原因は、いくつかりますが、主に次のようなことがよくある原因です。

  • デバイスマネージャーがインストールできていない
  • パソコンのUSBポートの不具合
  • USB本体の故障

デバイスマネージャーがインストールできていない

USBを初めて買ってパソコンに挿すと、デバイスマネージャーがインストールされることがあります。しかし、正常にインストールができていないと、USBを挿しても認識されなくなってしまうことがあります。

解決策

デバイスマネージャーが正常にインストールできていない場合は、再度、デバイスマネージャーをインストールできないか試してみましょう。

  1. スタートボタンをクリック→検索エリアで「デバイスマネージャー」を検索してクリックする。
  2. ユニバーサルシリアルバスコントローラーをクリックして、「!」マークがついている項目を右クリックして削除する。
  3. USBを再度挿しこむ。(※もしも、ユニバーサルシリアルバスコントローラーの中の項目で、「↓」「×」マークがついている項目があれば右クリックをして「有効」を選択します。)
  4. 一旦USBを外して、再度取り付けて確認する。

上記の方法を試してもUSBが認識されない場合は、デバイスマネージャー以外が原因の可能性があります。他の項目を試してみましょう。

パソコンのUSBポートの不具合

パソコンのUSBの差し込み口のことを、USBポートといいます。この部分の不具合で、USBポートが認識されないこともあります。下記の手順で、確認してみましょう。

確認方法

USBポートの不具合かどうかは、実際にUSBをポートに挿して確認できます。

  1. 1.USBポートを、認識されなかった以外のUSBポートに挿してみる。
  2. 2.それでも反応しなかった場合は、別のパソコンのUSBポートに挿して見る。

上記の方法で、1番で認識された場合は初めに認識されなかったUSBポートに不具合が起こっていることがわかります。2番で認識された場合は、1番のパソコンのUSBポートもしくは本体に不具合が起こっている可能性があります。また、2番でも認識されなかった場合は、パソコンではなくUSB本体の故障が考えられます。

USB本体の故障

USBはデータのバックアップなどにも使われていますが、もちろん、故障してしまうこともあります。USB本体が故障してしまった場合は、下記のような解決策があります。

解決策

U

SB本体が故障してしまった場合は、データ復旧サービスを利用することで、データを取り出すことができることがあります。USBだけでなく、外付けハードディスクなども同じように復旧させるサービスがあります。もしも、USB本体が故障してしまって、どうしてもデータが必要な場合はデータ復旧サービスを行っている業者に相談してみましょう。

ただし、データ復旧は100%成功するわけではありません。失敗しても、料金が発生することもあります。業者によって、料金が発生する場合としない場合、事前調査で断られる場合などもありますので色々な業者をよく調べてから電話するようにしましょう。

まとめ

今回は、パソコンがUSBを認識しないときに自分でできる解決策や確認方法などをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。ちょっとしたことで、直せることもあるため、USBが認識されなくて困っている人は、一度試してみてはいかがでしょうか。また、USB本体が故障してしまった場合は、業者をよく調べてから電話することをおすすめいたします。