さらに条件を追加する
IDEA

パソコンでDVDが再生できない時の解決法とは!

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
対応カテゴリ
サブカテゴリ
自己解決パソコンでDVDが再生できない時の解決法とは!

説明 「パソコンでDVDを観ようと思ったら再生できない」というトラブルでお困りになった事はありませんか?レンタルしたり購入したDVDが急に観れなくなると困りますよね。このトラブルの原因は複数あるので、ひとつずつ確認する必要があります。今回、「パソコンでDVDを再生できように戻したい」というパソコン初心者の方に、パソコンでDVDが再生できない時の原因と解決法を分かりやすくご紹介します。

DVDが再生できない時の原因と解決法について

下記のとらぶる事例のようなパソコンでDVD を再生できないトラブルの場合には、いくつかの原因が考えられます。その原因に

DVDが再生できないトラブル事例

  • 借りてきたCDやDVDをドライブに入れたが読み込まない。
  • ドライブが開いたけど閉まらない。
  • メディアが対応していなくて読み込めない。
  • 特定の箇所だけ再生できない。
  • ドライブに入れても再生されない。
  • メディアが対応していないとエラー表示になる。
  • ドライブが開かない。
  • Blu-rayだけ再生できない。

DVDが再生できない時の原因と解決法

DVDが再生できない時の主な原因と、その改善方法をご紹介します。下記以外にも違う規格のDVDであったり、機器の対応速度に対応していないDVDを使用している場合もあります。

ドライブの故障

読み取りレンズやモーターの故障によりディスクの読み込みに失敗している場合は、ドライブの交換や外付けドライブを取り付けることで再生できるようになります。様々なデザインや機能をもった商品がありますので、ご自分にあったドライブをお選びください。

コーデック

一般にはあまり馴染みのない言葉ですが、DVDを再生するには「コーデック」と呼ばれるファイルが必要です。コーデックが導入できていない場合があります。この場合、DVD再生対応ソフトを導入することで再生できるようになります。

出力制限

映像の不正コピーを防ぐコピーガード信号によって映像が正しく出力できない場合があります。著作権保護に対応したケーブルとディスプレイに接続することで映るようになります。

ブルーレイ再生

DVDより高画質なブルーレイもパソコンで楽しむことができますが、対応していないドライブでは再生できません。この場合は、ブルーレイに対応するドライブに取替える、または外付けドライブを用意します。

まとめ

今回は、パソコンでDVDが再生できない時の原因と解決法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。原因を確認してみたけど直らなかった場合や解決法の作業の中で出来ない作業がございましたら、生活救急車にご相談ください。