さらに条件を追加する
IDEA

パソコンのユーザー辞書の登録方法とは!

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
自己解決パソコンのユーザー辞書の登録方法とは!

説明 ユーザー辞書とは、よく利用する文字を簡単に変換できるようにする辞書です。よく使う言葉を「ユーザー辞書」登録しておくと、文字入力がスムーズになり、作業効率がぐんと上ります。つまり、同じような文章を入力する手間が省けるだけでなく、入力ミスを防ぐことも出来る便利機能なんです。スマートフォンの場合、入力に時間がかかるということになりがちですので、この機能を活用している方は多いのではないでしょうか。実は、そんな便利な機能がパソコンでも簡単に使用できるので、初心者の方も、是非チャレンジしてみてください。今回は「ユーザー辞書に登録する方法が分からない」という方のために、その方法を紹介します。

ユーザー辞書について

ユーザー辞書とは、日本語入力ソフトにおける特殊な変換例がユーザー独自に登録されたファイルのことです。人名や固有名詞、専門用語などは、多くの場合、一般的なかな漢字変換機能で変換することができません。変換後の文字列をあらかじめユーザー辞書に登録しておけば、他の一般的な変換候補よりも優先的に変換候補に挙がるようになり、入力作業を素早くかつ正確に行うことができるようになります。

ユーザー辞書の登録例

例えば、ビジネスシーンで頻繁に使われる下記のような言葉を登録しておく事で、業務がはかどるはずです。

  • お→お世話になっております。株式会社○○の××です。
  • お→お疲れ様です。○○部の××です。
  • よ→よろしくお願い致します。
  • か→株式会社○○
  • お→恐れ入りますが
  • も→申し訳ございません。
  • し→失礼致しました。
  • ご→ご確認頂きますよう、お願い致します。

ユーザー辞書の登録方法

登録方法はとても簡単です。まず、モニター右下にあるIMEパッドの中からツールボックスを選び、単語の登録を選びます。表示されない・選択できない場合は、メモ帳などの文字を入力できるファイルを開くと可能になります。

ユーザー辞書の登録方法の手順

  1. IMEツールバーの「ツール」をクリックし、「ユーザー辞書ツール」を選択します。
  2. 「ユーザー辞書ツール」ウィンドウが表示されたら、「登録」ボタンをクリックします。
  3. 「登録」ボタンをクリックします。
  4. 「閉じる」ボタンをクリックします。
  5. 登録した内容が追加されています。

※一度追加したユーザー辞書のデータは、IME上で操作することでバックアップすることができます。バックアップしておくと、誤って登録データを削除してしまった場合や、パソコンを買い替えたときなどに、改めて単語登録を行うことなく、ユーザー辞書を復元することができます。

※ユーザー辞書は簡単に編集できます。単語や読みを変更したくなったときや、単語を削除したいときは、ユーザー辞書ツールを開いて編集しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「ユーザー辞書に登録する方法が分からない」という方のために、その方法を紹介しました。近年は、Tabキーをクリックすればおおよその予測変換をしてくれるようになってきていますが、難読漢字だったり、あまりポピュラーではない単語などを日本語入力からの英語変換する時などは、ユーザー辞書への単語登録が大変便利です。この機能を使っていろいろな単語を登録しておけば、パソコンでの入力作業が効率化できると思いますので、試してみましょう。パソコンには他にも便利な機能はたくさんありますので、出来る範囲で取り入れていきましょう。

ユーザー評価: ☆☆  3.5 (5件)

ありがとうございます