さらに条件を追加する
IDEA

割れたガラスの処分方法

さまざまな暮らしのトラブルを自分で解決する方法を紹介。

IDEA
自己解決割れたガラスの処分方法

説明 サッシを長持ちさせたい方のために、サッシのお手入れ方法をご紹介します。

割れたガラスの処分方法

一般家やオフィスなど様々な場所で使用されているガラス。普通のガラスであれば、ある程度の衝撃を与えてしまうと割れてしまいます。
窓ガラスが割れた場合には、無暗に近づいたり、触らないようにしましょう。
ちょっとした振動や強風で、破片が飛び散ってしまいます。
足などに破片が刺さり怪我する恐れがあります。特に小さな子供がいらっしゃるご家庭は、子供の行動に充分に気を付ける必要があります。
また、アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが考案した「ブロークン・ウィンドウ理論(割れ窓理論)」では、窓ガラスを割れたままにしておくと、その建物は、十分に管理されていないと思われ、ゴミが捨てられ、地域の環境が悪化すると言われる犯罪理論があります。
割れたガラスを放置するのは、危険な事には変わりありませんので、自身で処理できない場合には、業者の方に依頼してみましょう。

破損ガラスの処分

建物に必ず取り付けてある「ガラス」。そのガラスが割れてしまうと、怪我する恐れや見た目も悪く、危険な事が多くあります。割れた際には、放置せずに、出来るのであれば、自身で処分してみましょう。 まず、自身で割れたガラスを処理できるか確認してみましょう。無理に片付けてしまうと怪我する可能性がありますので、十分に注意して作業しましょう。
ご自身で作業する前に、割れた処分方法を確認しておきます。各自治体によって、「燃えないゴミ」や「危険物」と取扱いが違いますので、地域の分別ルールに従って処分する必要があります。
処分方法を調べ終わりましたら、割れたガラスを片付けていきます。

片付け手順

    • 大きな破片の片付け

まずは、割れてしまったガラスの大きい破片を拾って、新聞紙にクルクルと包みます。

    • 散らばった小さな破片の片付け

そのまんまの格好で拾おうとすると周辺に、小さい破片が飛び散っているので、怪我する可能性がありますので注意しましょう。

    • 見落としがある破片の片付け

念入りに床拭きと掃除機がけを行いましょう。 ガラス破片の片付けは、この3つの手順で行います。破片の片付け作業する際には、必要な道具を用意して作業しないと怪我してしまいます。また素足での作業は、大変危険ですので、靴やスリッパなど履いて、気を付けながら作業しましょう。

準備する道具

ガラス破片の片付けは、素手や素足で出来るものでありません。片付ける際には、必要な道具を準備して、破片の片付け作業をおこないましょう。

軍手(厚手手袋)

大きな破片を片付ける際に、手を守る為に必要になります。耐切創手袋と言わるは、ホームセンターなどで購入する事ができます。

注意点

ガラスのゴミの出し方は各自治体により異なりますが、割れたガラスや蛍光灯などの割れ物は、厚紙にしっかりと包んで回収業者にわかる様に「割れ物」と指定のゴミ袋に書き、指定された曜日に捨てる規則になっている所が多いようです。
新聞紙は2重にして使用したり、その他の段ボール紙を使ったりして、厚紙はご自宅にあるものを有効利用しましょう。
カミソリなども捨てる時は刃の部分にキャップが付いていても外れてしまう場合があるので、ガムテープなどで巻いて捨てる等、ゴミ収集会社や自治体などへの配慮を忘れないようにしましょう。
また、窓ガラス自体やガラステーブルなどの大きなものは、サイズによってゴミの分類が異なってくる場合があります。
割ったから処分する事を薦める方もいらっしゃいますが、一般の方が行うと危険なので、行わないようにしてください。
くれぐれも取扱いの際は、ケガをしないように十分に気を付けましょう。