ガラスのトラブルを解決 新型コロナ対策実施中
硝子のトラブルを解決
愛知県安城市のガラス修理・交換なら生活救急車にお任せください

愛知県安城市の現場から最も近いガラススタッフを手配

愛知県安城市の現場から最も近いガラススタッフを手配

拠点数はなんと全国2,300以上!素早く駆けつけることができます。

出張料・見積り料・キャンセル料が無料

出張料・見積り料・キャンセル料が無料

生活救急車が手配する業者は、全て出張料・見積り料・キャンセル料の無料をお約束します。

東証一部上場企業が安全なガラス業者をご紹介

東証一部上場企業が安全なガラス業者をご紹介

生活救急車を運営しているジャパンベストレスキューシステム株式会社は、信頼された会社の証である東証一部上場企業です。

安全をお約束するため、弊社独自の基準をクリアした優良業者のみを手配しております。



だから生活救急車が選ばれています
生活トラブル解決のようすを、TV番組で紹介されました

安城市でガラス修理・交換・近くのガラス屋 地元のプロが緊急駆けつけ!

読み込み中...

評判の良いおすすめ店舗トップ3

只今、稼働中

鍵・水・ガラスの緊急トラブルサービスをおこなっています

小嶋 豊さん

有限会社プログレス

★★★★☆

4.3

4,020件口コミ

只今、稼働中

鍵・水・ガラスの緊急トラブルサービスをおこなっています

小嶋 豊さん

有限会社プログレス

★★★★☆

4.3

4,020件口コミ

創業より20年、現在に至り、年間5万件ほどの緊急サービスに対応しております。安心できる技術・サービスの提供は他社に遅れをとりません。お客様に安心を届けるサービスをこれまでも、これからも変わらず続けていきますので、鍵・水・ガラスでお困りの際はぜひ、当社へのご連絡をお待ちしております。

読み込み中...

有限会社プログレス案内ダイヤル

0120-30-10-20

0120-20-80-70

安城市の公式店舗1

ご相談数(無料)

228件以上

作業完了数

139件以上

料金相場

20,000~25,000

※実績より算出

レスキューなびが他の業者も調べてみました!

カード決済

店舗あり

公式HP

HP料金表

住所 愛知県西尾市国森町切神25-12
営業時間
定休日
電話番号 0563-56-9241

レスキューなびがこの会社について調べてみました!

  • 自動車ガラスの専門店です。
  • クレジットカードが使用可能です。
  • 車のガラスが割れてしまった!フィルムを貼ってみたい!直射日光の熱さをなんとかしたい!などのお困りごとに対応しています。

カード決済

店舗あり

公式HP

HP料金表

住所 愛知県清須市土器野615
営業時間 9:00~18:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日
電話番号 0120-75-1446

レスキューなびがこの会社について調べてみました!

  • 主に自動ドアの修理を行っている会社です。
  • 建物のガラス交換のご依頼にも対応しています。
  • 東海エリアを中心に出張サービスを行っています。

ガラス修理・交換業者の選び方

「愛知県安城市のガラス交換・割れ替え業者を探しているけれど、何を基準にして選べばいいかわからない」このようなことで、お悩みではありませんか?ガラスが割れてしまったとき、あなたはどうやってガラス屋を選びますか?

「愛知県安城市 ガラス屋」「愛知県安城市 ガラス修理」「愛知県安城市 ガラス交換」で検索すると、色々なサイトが出てきますが、どこも同じようなことを言っているので余計に迷う方が出てくると思います。

料金がとにかく安いところでしょうか?それとも、保証がしっかりしているところ?人によって、色々な判断基準があると思いますが、最低限確認しておきたいのが『料金がいくらなのか?』ではないでしょうか。

ガラス屋業者を選ぶ際は、最低でも3社の見積りを比較することで、大体の料金相場や基本となる保証やサービスについて知ることができます。

しかし、1社しか見積りをしていないと、例えその業者の料金が適切なものであったとしても不満が残ったり、もっと料金が安いところが見つかったのにという損をする可能性もあります。今回は、そんな『損をしないための』相見積りのコツについてご紹介したいと思います。

3社の見積り比較がガラス屋選びのコツ

3社の見積り比較がガラス屋選びのコツ

どんな業者を選ぶときでも、最低3社の見積りを比較するのが良いと言われています。

会社にお勤めの方は、経費を使う際に「最低でも3社以上見積り書を用意してから申請してください」とルールが決められていることも多いかと思います。

ガラス屋側としても、すぐに作業をするよりも、3社くらい見積り書を比較してもらってから依頼をしていただいた方が、自社の良いところを分かって依頼をしていただけるので助かると感じています。

特に、出張修理のサービス業者などは、現場の場所や状態(ガラス割れだけか、サッシも壊れているか、ガラスの厚みは?種類は?、経年劣化で歪んでないか?建物の1階か2階か?などなど)によって作業の内容が変わるため、明確な料金相場が存在しないので、業者によって値段が変わります。

深夜と早朝の時間帯を避けると安くなる

緊急のガラスの割れ替えの場合、多くの人はすぐに新しいガラスに交換したいと思って業者に電話をします。それが、夜の21時や朝の9時前であってもです。

ネットなどで調べていると分かりますが、夜の21時~朝9時までの間は、受付自体やっていない業者が多いですよね。また、対応をしていたとしても、深夜や早朝に対応している業者の多くは、『割り増し料金』を設定しています。

そのため、ある程度待てるという場合は、深夜や早朝の割り増し料金がかからない時間帯まで待つことで値段が高くなるのを防ぐことができます。

ガラスのグレードを低くすると安くなる

ガラスの割れ替えで急にガラスを替える必要がある場合、特別にガラスに機能性を求めない場合は、グレードの低いガラスにすることで料金を安く抑えることができます。

泥棒被害や地震台風被害でも「保険」があれば安くなる

100%ではないものの、保険の内容によっては、盗難保証や自然災害補償だけでなく、不意の事故でも補償が利くことがあります。ただし、現場検証や複数の見積り書が必要なことが多いので、業者に依頼をする前に、保険会社に必要なものや適用対象になるのかを確認しておく必要があります。

保険が適用されれば、保険の内容によっては負担金額が数千円で済むこともあります。意外と見落としがちな方法のため、いざというときは確認してみましょう。

ガラス屋業者選びで『損をしない』3社相見積もりの法則

ガラス屋業者選びで『損をしない』3社相見積もりの法則

「深夜早朝の時間帯を避ける」「ガラスのグレードを下げる」「保険を使う」という方法は、条件が合う人でなければ使えません。また、業者によってこれらの条件が適用されない場合もあります。そのため、ガラス屋を選ぶときは、複数の業者に相見積もりをとることが大切です。

『損をしない』ガラス屋業者選びの3つの法則

『損をしない』ガラス屋業者を選ぶには、実は3つの法則があります。

  • ・1社でも多くのガラス屋業者を見積り比較する。
  • ・出張料・見積り料が無料の業者を選ぶ
  • ・見積りも深夜と早朝の時間帯を避ける

1社でも多くのガラス屋業者を見積り比較する。

選択肢は多い方がいいです。業者によって、新規のお客様限定の割引や時間帯限定の割引、特定のガラスのキャンペーン割引などの値引きや割引があるからです。また、他の業者にもらった見積り書を見せることで料金を下げてくれることもあるためです。ただし、明らかに料金が安いのに相場以上に安くしようとする場合は、業者から見積り自体を断られることもあるため注意しましょう。

出張料・見積り料が無料の業者を選ぶ

見積りだけでも、料金がかかる業者はたくさんあります。今では、何でも無料が当たり前になっていますが、ガラス屋の場合はそうではありません。必ず、見積りまでが無料なのか、見積りを断っても料金が発生しないかを確認するようにしましょう。見積り料は無料でも、出張料がかかると損をしてしまいます。

見積りも深夜と早朝の時間帯を避ける

見積りだけでも、深夜と早朝に受付や対応をすると割り増し料金がかかることもあります。通常の時間帯であれば、完全無料だったのに、急いだばかりに余計な料金がかかって損をすることもあります。そのため、深夜と早朝の時間帯はなるべく避けるようにしましょう。

地域密着型のガラス屋業者の見積り比較も大切

地域密着型のガラス屋業者の見積り比較も大切

最近では、地域密着型のガラス屋業者は少なくなってきました。割れにくいガラスの開発や、他社の統合によって大手企業が出てきたためです。

大手企業は、地域密着型のガラス屋業者よりも資本が大きいため、料金面で出張料無料や値引きといった『身を削るサービス』ができます。しかし、地域密着型のガラス屋業者の場合は、負担が大きいためできません。

しかし、その分、アフターフォローや独自のサービスを取り入れて付加価値をつけているガラス屋業者もいます。エリアを絞って、受付人数も絞って、安城市のみなど限られた地域で強みを発揮しているガラス屋業者も存在します。

そのため、相見積りを取るときは、大手2社+地域密着型1社のように必ず地域密着型のガラス屋業者の見積りも取られることをオススメいたします。

個人でやっているガラス屋業者を選ぶときの確認ポイント

個人でやっているガラス屋業者を選ぶ場合、3つのポイントを確認するようにしましょう。

  • ・出張料・見積り料が無料か確認する
  • ・書式がしっかりした見積り書か確認する
  • ・見積り時の説明や対応が良いか確認する

出張料・見積り料が無料か確認する

個人でやっている場合、忙しいところだと作業に手いっぱいで、ホームページの管理まで手が回らないということもあります。そのため、出張料や見積り料が一部地域で発生するのに、その記載がなかったり、電話で言い忘れてしまったりということがあります。そのため、見積り依頼をする前に電話で確認するようにしましょう。

書式がしっかりした見積り書か確認する

大手の場合は、事務処理などがあるため、正式な書式の見積り書を作っているところがほとんどです。しかし、個人でやっている場合は、そういった見積り書の書式を作る予算や人員がいないということもあります。

保険などを適用する場合は、社名や印鑑、費用の内訳が書かれている見積書がないと補償が適用されないといこともあります。そのため、書式がしっかりした見積もり書を出してもらえるのか確認するようにしましょう。

見積り時の説明や対応が良いか確認する

見積りに来た時の説明や対応が良いかも確認するようにしましょう。個人でやっている場合、受付や事務処理が間に合わない場合は、作業をする人が顧客対応を全てやっているということもあります。

見積りの時の対応が悪ければ、後から何かあったときの保証などをきちんとされないということもあるため、説明はしっかりしているか、対応はいいかなども確認するようにしましょう。

ガラス屋業者は激安で選ぶと損をする

ガラス屋業者は激安で選ぶと損をする

値段は安いに越したことはありませんが、明らかに他社よりも安い『激安』な見積りの場合は注意しましょう。実際に作業を進めていくと、途中で何の説明もなく追加料金がかかったり、サッシの交換などの必要のない作業を始めて作業が終わった後に『追加料金』を請求されることもあります。

見積り内容のウソ・ホントを見抜く『質問』とは

先ほどのような、見積り内容に嘘が混ぜられている場合、嘘を見抜く方法があればいいと思いますよね。100%ではないですが、ある程度ウソ・ホントを見抜く『質問』がありますので、紹介させていただきます。

「この見積もり書に書かれている料金以外に、かかる料金は一切ありませんよね?なければ、見積書にも明記してください。」

これで、ホントのことを言っている業者は「ないですよ」と言って、見積書に明記します。『見積り書に明記しない』業者は、対象から外しましょう。正式なフォーマットであっても、備考欄などに明記することはできます。怪しい点があれば、内容を見積書に明記してもらいましょう。

ガラス屋の選び方のまとめ

急な割れ替えの場合は、充分な比較ができないこともありますが、深夜や早朝の時間帯を避けたり、ガラスのグレードを低くする、保険の補償を使うというだけでも安く抑えることができます。

『損をしない』業者を選ぶためにも、まずは3社の見積り書を集めましょう。

生活救急車は、ガラスの割れ替えや入れ替えのお見積りは基本無料で対応させていただいております。『基本』としているのは、高速道路や橋などの有料道路を通らなければ行けない場所に建物がある場合に、その費用をいただくためです。また、費用がかかる場合はお客様に了承をいただいてから向かうため、ご安心ください。

一度断って、後日比較してから依頼をすることもできますので、ガラス割れ替えの相見積りの際は、出張・見積り料無料の生活救急車にご連絡ください。

窓ガラスの種類

窓ガラスは、メーカーによって色々な製品名が付けられています。ここでは、一般的な戸建て住宅やマンション、店舗などで使用されているガラスの大まかな種類についてご説明します。

一般的なフロートガラス

一般的なフロートガラス

もっとも一般的な、何の変哲もない透明なガラスがフロートガラスです。多くの建物で、フロートガラスが使われています。値段も安価で、割れ替えについても、業者が在庫を持っているガラスなので基本的に即日交換ができるガラスです。

ただし、フロートガラスといっても、色の有無や厚み、ガラスサイズは取り付ける建物・場所によって様々です。大きなガラスだったり、色つきだったり、厚みがある場合は、取り寄せになることもあります。ちなみに、フロートガラスは、後述の複層ガラスや合わせガラスといった高機能なガラスの一部にも使われています。

目隠しの型板ガラス

目隠しの型板ガラス

家が通りに面していたり、隣の家との距離が近い、お店や塾・事務所で人の視線が気になるといった場所に使われるのが型板ガラスです。型板ガラスは、ロールアウト製法とよばれる模様のついたローラーを使ってガラスの片面に模様を付けたガラスです。

色々なパターン(模様)などがありますが、よく使われるのが、霞(かすみ)タイプと梨地(なしじ)タイプです。

霞(かすみ)タイプ

霞タイプは、梨地タイプに比べて価格が安く、建物や食器棚など色々な場所で使われています。梨地タイプよりも、霞タイプの方が凸凹が粗くなっています。霞タイプの厚みは、4mmと6mmがあります。

梨地(なしじ)タイプ

梨地タイプは、霞タイプよりも凸凹がキメ細かくなった型板ガラスです。厚みが、2mmのみのため、和室の障子サッシなど、屋内の薄いガラスが必要な場所で使用されています。厚みが必要な場所では、霞タイプが使われます。

上品なすりガラス

上品なすりガラス

型板ガラスと同様に、目隠し用途などで使われるガラスです。フロートガラスの表面に金剛砂などで細かい傷をつけているので、ガラス表面がザラザラしています。細かい傷があるおかげで、通過する光が拡散して、やわらかい印象の光を作ります。

やわらかい光が入ることによって、上品で落ち着いた印象になるため、和室や旅館の客室などでよく使われています。反対に、ガラス表面に細かい傷があることで掃除がしづらく、浴室や洗面所などでは敬遠されることもあります。

使いやすいフロストガラス

使いやすいフロストガラス

すりガラスと見た目が似ているガラスに、『フロストガラス』があります。フロストガラスは、金剛砂などでガラス表面に傷をつけたすりガラスを更に化学処理をして、表面をなめらかにしたガラスです。すりガラスの表面はザラザラしていますが、フロストガラスの場合はサラサラしています。

すりガラスと同じように柔らかい印象の光をつくりつつ、ガラス表面がなめらかなので、汚れがついても掃除しやすいといったメリットがあります。すりガラスやフロストガラス、型板ガラスを掃除する際は、ブラシやタワシとガラス用洗剤を使って掃除をします。

防火地域で使う網入りガラス

防火地域で使う網入りガラス

住んでいる場所によっては、都市計画法で防火地域・準防火地域に指定されていることもありますよね。防火地域では、建築基準法で窓ガラスなどの開口部に防火・耐火機能を持った防火設備ガラスを使う必要が出てきます。

前述の防火地域で、一般的に使われている防火設備ガラスが網入りガラスです。網入りガラスは、ガラスの中にワイヤーが入っているガラスです。ワイヤーの形状によって、クロスワイヤー、ヒシワイヤー、線入りなどの種類があります。

網入りガラスは、防火ガラスの中では比較的安価ですが、ワイヤー部分が錆びて起こる錆び割れ、ガラス全体の温度差によって起こる熱割れが起こりやすいガラスです。また、ワイヤーが入っている見た目が不恰好だといった理由から、最近ではワイヤーの入っていない透明な防火・耐火ガラスを選ばれる方が増えています。

防犯対策の合わせガラス

防犯対策の合わせガラス

泥棒の大半は、玄関ではなく窓ガラスを割って侵入します。そのため、防犯対策を強化するお宅では窓ガラスに防犯合わせガラスを使っています。合わせガラスとは、2枚のガラスの間に特殊な中間膜を挟んで作られたガラスです。

中間膜の種類によって、防音効果のあるガラスだったり、防犯効果のあるガラスになったりします。合わせガラスは全て防犯性が高いと思われていますが、全てがそういうわけではありません。色々なガラスがありますが、迷ったときは官民合同で作られた「CPマーク(防犯マーク)」が付いているガラスを選ぶといいでしょう。

断熱・結露防止の複層ガラス(ペアガラス)

断熱・結露防止の複層ガラス(ペアガラス)

快適な生活環境を作ると人気なのが、複層ガラス(ペアガラス)です。2枚のガラスの間に中空層と呼ばれる空気やガスの層があるおかげで、室内と室外の熱の移動が抑えられる断熱機能をもったガラスです。

断熱効果のおかげで、冬場に暖房を付けても部屋が中々温まらない、冷暖房費が高い、暖房をつけると結露が発生して掃除が大変といった悩みを抑えることができます。ただし、高い断熱効果を期待する場合は、気密性の低いアルミサッシではなく樹脂サッシなどを使う必要があります。

遮熱と断熱のLow-eガラス

遮熱と断熱のLow-eガラス

先ほどの複層ガラスの中空層側に、Low-e金属膜加工を施したガラスがLow-eガラスです。加工する面によって、遮熱タイプと断熱タイプがあります。

夏の西日などによる日射熱で部屋がサウナ状態になる、冷房が全然効かない、夜寝るときまで部屋が暑いといった場合は、遮熱タイプのLow-eガラスにすることで日射熱による温度上昇を抑えることができるので、オススメです。

Low-e金属膜の加工位置で変わる

Low-eガラスは、金属膜の加工位置によって遮熱タイプと断熱タイプが変わります。Low-e加工を室外側にした場合は、遮熱タイプになります。反対に、室内側にした場合は断熱タイプになります。

遮熱タイプのガラスは、夏場の西日などの日射熱だけでなく、冬場の日射熱も遮ります。冬場の日射熱がないと、部屋が寒くなってしまうといった場合は、遮熱タイプではなく断熱タイプが選ばれます。このように、Low-eガラスは位置によって、よく使い分けがされます。

高機能・高価格の真空ガラス

高機能・高価格の真空ガラス

引用:真空ガラススペーシアホームページ

2枚のガラスの間が宇宙と同じ真空状態になっているのが、真空ガラスです。空気が存在していないので、高い断熱効果があります。

高い技術力が詰まっている分、他のガラスよりも高価格ですが、得られる高機能から人気が高いガラスです。また、真空ガラスといえば、「スペーシア」です。スペーシアは、日本板硝子株式会社が世界で始めて実用化した真空ガラスです。通常のペアガラスよりも厚みが薄く、高い断熱性を誇っており、アタッチメントの取り付けやサッシ交換の必要がないなどのメリットから非常に人気の高いガラスです。

お悩み別窓ガラスの選び方

お悩み別ガラスの選び方

ガラスの種類を色々とご紹介しましたが、実際、自分が悩んでいる場面でどのガラスを選んだらいいのか分からないという方もいらっしゃるかと思います。そこで、今度はガラストラブルのお悩み別にオススメのガラスを紹介したいと思います。

冬場の寒さ対策にオススメの窓ガラス

冬場の寒さ対策にオススメの窓ガラス

冬場に暖房をつけても部屋が暖まらない、窓からの冷気が酷くて凍えてしまう、夜寝るときに暖房を切ると夜中に寒さで起きてしまうといった冬場の寒さでお困りの場合。

こういった場合は、複層ガラスがオススメです。複層ガラスは断熱効果があるので、部屋の中の熱が外に逃げるのを防いでくれます。また、中空層があるおかげで、外の冷気の影響を軽減することができます。

1つ上の寒さ対策

さらに高い断熱効果を期待されている場合は、二重窓(内窓)やサッシを樹脂製サッシにする、真空ガラスにするといった方法があります。

日本でよく使われているアルミサッシは、気密性が低く、金属であるため熱を伝えやすい性質を持っています。そのため、高い断熱効果を期待されている場合はサッシへの対策が必要になります。

真空ガラスは、値段は高いです。しかし、その分効果も高いです。お金に余裕がある人は、長期的な視点で交換を検討されてみるのもよろしいかと思います。

夏場の暑さ対策にオススメのガラス

夏場の暑さ対策にオススメのガラス

夏場の西日が強くて部屋が蒸し風呂状態になる、夜になっても室内の温度が下がらない、冷房を18℃に設定しているのに全く涼しくならないといった場合。

こういった場合は、遮熱タイプのLow-eガラスがオススメです。Low-e膜で日射熱の影響を軽減することで、部屋が暑くなりにくくなります。また、複層ガラスの断熱効果で部屋のすずしい空気外気で熱くなるのを予防してくれます。

冷暖房費の節約にオススメのガラス

冷暖房費の節約にオススメのガラス

夏場と冬場の冷暖房費が高くて困っている、節約したいけど冷暖房を使わないというのは無理といった場合。

こういった場合は、複層ガラス、Low-eガラス、真空ガラスを使うのがオススメです。導入費用はかかりますが、冷暖房の設定温度を抑えることができて、冷暖房費の節約に繋がります。

また、エコ対策の一環として、各自治体から補助金や税制優遇などの手助けもあるので、上手く活用すれば安くガラス交換ができて冷暖房費も抑えることができます。

通りや近所の視線対策にオススメのガラス

通りや近所の視線対策にオススメのガラス

家を建てたるときは気にしなかったけど住んでみたら周りの視線が気になった、隣に家が建って小窓から家の中が見えるなど、通りや近所の視線が気になる場合。

こういった場合は、型板ガラスがおすすめです。目隠しだけでなく、断熱対策もしたいという場合は、複層ガラスの片側を型板ガラスやすりガラス、フロストガラスなどにできるものもあります。

防火地域や準防火地域にオススメのガラス

防火地域や準防火地域にオススメのガラス

家を建てる場所が防火地域や準防火地域だった、中古で買ったマンションで防火設備ガラスが必要だと言われたなどの場合。

できる限り安いものを希望ということでしたら網入りガラスがオススメです。網入りガラスでも、ワイヤーの数が多いヒシワイヤーやクロスワイヤーだけでなく、ワイヤーの数が少ない線入りなど種類が豊富です。また、ガラスを目隠し用の型板ガラスにできるものもあります。

透明なガラスもある!

耐熱強化ガラス、耐火ガラスといった、ワイヤーが入っていなくて透明だけど、防火地域や準防火地域で使えるガラスもあります。外からの見た目にこだわりたい、景色のいい場所に家を建てたので中から外が見えるガラスがいいといった場合にオススメです。

防犯対策にオススメのガラス

防犯対策にオススメのガラス

泥棒にガラスを割られてしまった、ガラスに変な穴が開けられていた、近所で不審者が出た、子供が一人で留守番するようになったなどで防犯面で不安がある場合。

こういった場合は、防犯合わせガラスがオススメです。泥棒の大半は、窓から侵入します。バールでガラスを割ったり、ドライバーで傷を付けて小さく割ったりと、ガラスを割って侵入します。そのため、玄関だけでなく、窓ガラスについても防犯対策をしっかりするのがオススメです。

また、防犯ガラスも時間がかかれば割れてしまうので、念入りにネットやホームセンターで買える簡易的な補助錠をつけておくのもオススメです。

防音対策にオススメのガラス

防音対策にオススメのガラス

家の外で長期工事が行われる、交通量の多い道路に面している、子供がピアノを習い始めた、近所に大型の施設があるなどで防音対策を考えられている場合。

こういった場合は、防音合わせガラスや真空ガラスなどがオススメです。ただし、アルミサッシなどの気密性の低いサッシの場合は、サッシの隙間から音が漏れてしまうので樹脂サッシへの交換や、二重窓(内窓)の取り付けがオススメです。

室内の和室にオススメのガラス

室内の和室にオススメのガラス

和室の中から暗い廊下や荷物が見えてしまう、お客様が来たときにドタバタと人が通る姿が見えてしまうといった場合。

すりガラスや型板ガラスがオススメです。お手入れは大変ですが、より上品で落ち着いた雰囲気にしたい場合はすりガラス、ある程度お手入れが簡単なのがいいという場合は型板ガラスがいいでしょう。

店舗や事務所の間仕切りにオススメのガラス

店舗や事務所の間仕切りにオススメのガラス

お店の一角に荷物置き場があるので見られたくない、事務所に仕切りを作りたいけど部屋の中が暗くなるといった場合。

こういった場合は、型板ガラスやフロストガラスがオススメです。プラスチックのボードや壁などで仕切りを作ると、窓からの光が遮られて暗く感じることがあります。型板ガラスやフロストガラスであれば目隠しができて、光も透過するのでオススメです。

窓ガラスの選び方のまとめ

窓ガラスの種類によって、適した使用場面などは変わってきます。費用面でも、気軽に何度も交換できるものでないので、よく検討されることをオススメいたします。

無料見積りをご希望の場合は、お電話にてお気軽にご連絡ください。ガラスのことならガラス修理やガラスリフォームの出張ガラス屋のガラスの生活救急車にお気軽にご相談ください。

愛知県安城市のガラス屋さん ガラス修理・交換・割れ替え業者

愛知県安城市のガラス屋さんを口コミ評価で厳選しランキング!ガラス修理、ガラス交換、防犯対策まで窓ガラスのお困りごとに幅広く対応しております。窓ガラス・玄関ガラス・引き戸ガラスなど「ガラスが割れた」「ガラスにヒビがはいった」トラブルを最短即日解決します。

「家のガラスがひび割れた」「飛び石でガラス窓が割れた」「ガラスをすぐに修理したい」といったガラスのトラブルでお困りでしたらお気軽にお電話ください。信頼のパートナーを紹介させて頂きます。

ガラス修理でよくご相談のあるエリア

ガラス修理に関するよく読まれている記事

安城市の対応状況

対応トラブル

ガラス修理・交換・近くのガラス屋

愛知県安城市 トステムガラス割れ

トステムはリクシルが展開する窓・ドア周り製品のブランドで、世界最高峰の断熱性を誇る「レガリス」や高性能樹脂窓「エルスター」、大開口サッシ「ワイドウィン」など、優れた機能を持つ魅力的な窓がいくつも販売されています。実際に自宅の窓やドアにトステムの製品を採用しているという方も多いのではないでしょうか。日常生活のなかでは、うっかり窓ガラスを割ってしまうといったトラブルは珍しいことではなく、不注意で物をぶつけてガラスを割ってしまったり、台風による飛来物や地震の影響でガラスが割れてしまうといったトラブルもあります。ではもしも自宅にあるトステムの窓ガラスが割れてしまったときはどう対応したら良いのでしょうか?ここではトステムの窓ガラスが割れてしまったときの対処方法について解説していきますので、自宅にトステムの製品を使用しているという場合は、いざというときのために覚えておくと安心です。窓ガラスが割れてしまったときは割れた部分からの隙間風も気になりますし、空き巣に狙われる可能性もあり心配なのでなるべく早めにガラス交換をしておきたいですよね。トステムはリクシルが展開するブランドですが、ガラス交換はリクシルではなく製品を購入した工務店やガラス取扱業者へ依頼するとスムーズです。中にはその日のうちに駆け付けてくれてくれる業者もあるのでまずは近くの工務店やガラス業者を探してみてください。もしも近くに工務店や取扱店が見つからないという場合は、LIXIL FC『住まいの何でも相談口』マドリエ のサイトから取扱店を探したり問い合わせたりすることが可能ですのでご参照ください。リクシルへ修理を依頼したいという方は「LIXIL修理受付センター」に修理を依頼しましょう。「LIXIL修理受付センター」への修理依頼はインターネットから申し込みが可能ですが、製品名や品番、製品の取付年数、現場の写真などの情報が必要になりますのであらかじめ確認しておきましょう。今回はトステムのガラスが割れてしまったときの対処方法についてご紹介しました。いざというときに慌てず済むように、事前に頼れる工務店やガラス業者を探しておくと安心です。

愛知県安城市 倉元製作所

倉元製作所はガラス基板の開発、製造、販売を行っている会社で、東京証券取引所ジャスダック上場銘柄の一つです。1975年に有限会社倉元製作所として創業を開始し、1980年に株式会社倉元製作所を設立。現在は宮城県栗原市に本社を置き、創業以来培ってきたガラス基板の加工技術とオリジナルの製造設備を武器に様々な要望に対応しています。倉元製作所の強みのひとつとして切断、研磨、成膜、というナノレベルの「超精密表面加工技術」が挙げられます。切断加工においてはガラス基板を高い精度で切断することができるため、高い寸法精度が必要となる液晶ディスプレイ用のガラス基板の切断も可能であり、倉元製作所の切断加工技術は世界中のパネルメーカーから高い評価を得ています。また、オリジナルのガラス基板切断機は様々なサイズ・厚みのガラスを切り出すことができるだけでなく、コーナーカットにも対応しており高生産性を実現しています。研磨工程では独自のノウハウにより培った研磨により表面についた膜や汚れを除去し、目的に応じた最適な表面状態に仕上げることが可能です。とくに液晶ディスプレイ用のガラス基板は、高い平坦性、キズ・汚れ等のない無欠陥性が必要となり、後工程にも大きな影響を与えます。倉元製作所の磨く技術は世界中のパネルメーカーから高い信頼を獲得しており、超薄型液晶パネルの欠陥も研磨処理で抑制・修正することが可能です。ガラス基板やカラーフィルタ基板に施す成膜加工ではITO透明導電膜、有機EL用平滑ITO膜、超低反射メタル膜など様々な成膜を行っています。ITO透明導電膜は液晶ディスプレイの液晶物質制御用電極として使用される透明な電極膜のことで、低抵抗で透過率が高いといった特徴があります。このように超精密表面加工を素材手配から切断、研磨、成膜までワンストップで量産できるメーカーは国内では倉元製作所だけとのことです。

愛知県安城市 上げ下げ窓リフォーム

オシャレな窓を自宅に導入したいという方の中には洋風でスタイリッシュな上げ下げ窓を選んでリフォームを行う方も多くいらっしゃいます。上げ下げ窓は見た目がオシャレということで人気がありますが、その他にもたくさんのメリットがあります。一方、上げ下げ窓を導入することでデメリットになってしまうこともあるためリフォームを行う前に把握しておいたほうが良いでしょう。そこで今回は、上げ下げ窓にはどんなメリットとデメリットがあるのかをご紹介していきたいと思います。上げ下げ窓のメリットと言えば見た目の良さですよね、木製や金属製の窓枠もあり色やデザインも豊富なので自宅の外観にこだわりたいという方にもオススメです。上げ下げ窓はデザイン性の高さだけでなく通気性が高い、気密性が高い、防犯性が高いといったメリットも兼ね備えています。片上げ下げ窓以外の上げ下げ窓であれば、1つの窓で2か所の開口部が確保できるため通気性が高くなり換気効率もよくなります。戸車が付いていないため窓枠の下側に隙間ができず、高い気密性を保つことが可能です。気密性が高いと寒い冬場でも室内を温かく保つことができるため寒い地域の建物にも上げ下げ窓は適しているといえます。防犯性が高いのも上げ下げ窓のメリットの一つで、引き違い窓と比べて窓の幅が狭いという点と外からの開閉がしにくいという点から侵入経路として使われる可能性は引き違い窓よりも低い傾向にあります。デメリットには掃除がしづらい、費用が掛かるといったものが挙げられ、上げ下げ窓は高さが出てしまうため上側のガラスに手が届かず掃除が困難なケースもあります。また、リフォームや新築で上げ下げ窓を導入する場合、引き違い窓と同じ面積の窓でも上げ下げ窓のほうがコストがかかってしまうので費用が心配な方はあらかじめ見積もりを取って確認しておくと安心です。

愛知県安城市 箇所別 窓の選び方

窓のリフォームを行うときに、どんな種類の窓にしたらいいのか分からず迷ってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。選ぶ窓の種類によって採光性や風通し、使いやすさや外観なども変わってきますし、リフォームには費用が掛かりますので失敗しないように慎重に行いたいですよね。ここでは、窓のリフォームを検討しているという方のために箇所別の窓の選び方について解説していきますので参考にしてみてください。リビングは家族みんなが集まる場所ですので採光性や開放感、風通しを意識した窓選びがポイントとなります。庭へ出入りをする場合は引き違い窓がオススメです。また、安心して使えるように窓の開閉のしやすさや段差にも配慮しておくと良いでしょう。キッチンは換気か重要な場所ですが、保存している食材や調味料に直射日光が当たらないようにする必要がありますので、窓を設置する方向や高さにも注意しましょう。換気量の調節ができる引き違い窓やルーバー窓もオススメです。トイレはプライバシーを守りながら換気を行える窓が良いでしょう。スリット窓のようなスリムな窓を選んだり、高い位置に窓を設置することで狭いスペースを有効に活用することができます。浴室や洗面所は湿度が高くなりがちなのでいつでも簡単に換気ができてプライバシーも守れる窓を選びましょう。ルーバー窓や引き違い窓を設置して更に防犯対策や目隠しとして面格子を取り付けるという方法もあります。寝室は安心して眠れるように遮音性の高い窓を選んだり、窓の位置を工夫すると良いでしょう。枕元に窓があるとカーテンが目についてしまい眠りの妨げになったり、窓の向きが東向きだと早朝からまぶしくなりすぎることもあるので気を付けましょう。和室の窓にはガラス障子などの引き違い窓も良いですが、丸形FIX窓も和室の雰囲気にピッタリです。廊下や階段は風の通り道としての役割を果たしているため、効率よく換気ができるたてすべり出し窓などがオススメです。窓には部屋との相性がありますので、窓のリフォームを行うときは窓の特徴や窓を設置する目的などをよく考えみると良いでしょう。

Copyright (C) JAPAN BEST RESCUE SYSTEM All Right Reserved.

ジャパンベストレスキューシステムはキッザニア東京・甲子園のオフィシャルスポンサーです。

トラブル受付コールセンター0120-30-10-20